■PROFILE

タテラッツィ

  • author: タテラッツィ
  • 観たもの触れたもの、マンドリン音楽活動などについて、書いていきます。

    【告知】
    マンドリンオーケストラ“未完成』第11回演奏会
    2011年2月27日(日)浜離宮朝日ホール音楽ホール
    13時30分開場、14時開演
    シューベルト「未完成」、クルト・ヴァイル「小さな三文音楽」ほか。
    入場無料です。

    リベルテマンドリンアンサンブル2枚目のCD発売中!
    マンドリンオーケストラ編曲の最高峰と、新たな世界を切り拓いた委嘱作品を収録。

    指揮:中川賢一(Ken'ichi Nakagawa)
    マンドリン独奏:望月豪(Go Mochizuki)
    演奏:リベルテ マンドリン アンサンブル
       リベルテ マンドリン オーケストラ

    ご購入・お問い合わせはduende-juergaあっとまーくezweb.ne.jpまで!
  • RSS
  • ■RECENT ENTRIES
    ■CATEGORY
    ■ARCHIVES
    ■RECENT COMMENTS
    ■RECENT TRACKBACKS
    ■LINKS
    スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。


    スポンサー広告 | --:--:--| Trackback(-)| Comments(-)
    聴くことと弾くこと 1
    俺が入っているマンドリン団体の多くは、マンドリンの為に作曲された音楽
    いわゆるマンドリンオリジナル(以下オリジナル)はあまり(あるいは全く)
    やらない団体が多いです。
    主にクラシックの編曲物(オケやピアノ曲、室内楽曲)をやり、団体によ
    ってはもっとポップっぽいのをやったりもしてます。

    世のマンドリニストには「マンドリン原典主義者」みたいな人が結構いるも
    んで、そういう人に言わせると、「マンドリンなんだからオリジナル中心で
    やるべき。クラシックやりたかったらオケ入ればいいじゃん。」てなもんで
    あります。

    これ、マンドリンという楽器の有効性を狭めて考えてしまっていて、とても
    もったいない意見ですね。

    1つの楽器にふさわしい音楽ジャンルは1つしかないのであれば、ジャズ
    ピアノはどうなるの?ピアノでクラシック以外の音楽を弾いても別にヘンな
    目で見られることってないですよね?(某音大あたりではありそうですけど)
    ヴァイオリンはクラシックだけでなく、ヨーロッパの民俗音楽なんかでは
    結構登場して、オケなんかで聴くものとは全く異質の魅力があったりします
    よね。ケルト音楽とかハンガリーのジプシー音楽とか。
    それがマンドリンとなると話が別だなんてもったいないことです。
    しかもマンドリンって元々、クラシックで使われた楽器だし。
    あんまり詳しい歴史の話はボロが出るので、やめときますけどねっ。

    今はトランスクリプション(編曲物)の一大ブームであります。
    山下和仁がビートルズをクラシックギターで弾いたアルバム出したり、って
    いうかビートルズに関してはずっと以前に武満が有名なギター編曲版を作って
    ますけど。
    あとピアノであの「春の祭典」全曲を弾いたものとか、オルガンでブルック
    ナーの交響曲第5番とか7番とかを弾い(てしまっ)たものとか。
    他にも自分はシベリウス「フィンランディア」をオルガンで弾いたものとか
    聴いたことあります。
    そしてそういうネタCDみたいなのでも、結構音楽評論家から高く評価された
    ものがあったり、演奏会開いたらソールドアウトになったりっていう世の中
    なのであります。
    スポンサーサイト


    未分類 | 23:30:00| Trackback(0)| Comments(0)
    コメント
    コメントの投稿
    管理者にだけ表示を許可する

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。