■PROFILE

タテラッツィ

  • author: タテラッツィ
  • 観たもの触れたもの、マンドリン音楽活動などについて、書いていきます。

    【告知】
    マンドリンオーケストラ“未完成』第11回演奏会
    2011年2月27日(日)浜離宮朝日ホール音楽ホール
    13時30分開場、14時開演
    シューベルト「未完成」、クルト・ヴァイル「小さな三文音楽」ほか。
    入場無料です。

    リベルテマンドリンアンサンブル2枚目のCD発売中!
    マンドリンオーケストラ編曲の最高峰と、新たな世界を切り拓いた委嘱作品を収録。

    指揮:中川賢一(Ken'ichi Nakagawa)
    マンドリン独奏:望月豪(Go Mochizuki)
    演奏:リベルテ マンドリン アンサンブル
       リベルテ マンドリン オーケストラ

    ご購入・お問い合わせはduende-juergaあっとまーくezweb.ne.jpまで!
  • RSS
  • ■RECENT ENTRIES
    ■CATEGORY
    ■ARCHIVES
    ■RECENT COMMENTS
    ■RECENT TRACKBACKS
    ■LINKS
    スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。


    スポンサー広告 | --:--:--| Trackback(-)| Comments(-)
    バルトークのトーク
    「聴く」ことと言えば、最近は結構聴く音楽と弾く音楽を合わせようとして
    いた所(っていうか勉強のために聴いてたわけですね)がありましたが、
    ここ数日、バルトークの弦楽四重奏曲を集中的に聴いております。
    フクザツ難解でクソムズなこの曲たち(全6曲)を自分で演奏してみようと
    いう気は全くもってありませんが、純粋に「音楽鑑賞」として楽しいです。
    特に仕事で疲れた時、ディズニー音楽やジブリ物なんて聴いた時にゃ、俺は
    殺意が起きるか自殺したくなるか(笑)のどちらかでありますが、バルトー
    クの容赦なくキビシーイ音楽は不思議と精神安定剤になるんです。

    数種類のCDで持っていますが、バルトークをモダンなガチガチ音楽?として
    捉えたハーゲン四重奏団(SQ)も、バルトークをハンガリー民俗音楽の末路
    のように扱った感じが少しだけあるケラーSQも、バルトークの国ハンガリー
    を自国オーストリアの属国としか思ってないような(ウィーン)アルバンベ
    ルクSQも、みんな今一つ物足りない。アプローチとしてユニークだとは思う
    けど、曲の楽しみ(あまり明るくない音質で速めのテンポで攻撃的に弾いて
    る音をひたすら楽しむこと)が味わえないんですね。
    一番好きなのは、アプローチもクソもないって感じでひたすらギスギス激し
    く演奏し続けるジュリアードSQの若い頃の演奏ですね。これ、安いし圧倒的
    に上手い(コンマスのロバート・マンがまだ若い1960年代の演奏でい
    い)演奏で、お買得です。全曲入り2枚組の輸入盤で1800円もしないと
    思います。
    バルトークの弦楽四重奏曲では、4番と5番が大好きです。4番は特に通勤
    のお伴であります(朝からこんな激しいの聴くなよって感じですが)。

    そういえば、昨年、第一生命ホール(リベルテの本番やる所ですね)でバル
    トークの弦楽四重奏全曲演奏会ってのに行ってきました。ヤフオクでチケ
    ットゲットして。そしたら売り主の若いお姉さんが俺の隣の席で聴いてて
    (チケット手渡しでそのまま一緒に聴いた格好)その人は「バルトーク」な
    んて固有名詞は今回初めて聴いたような方らしかったですが、かなり満喫し
    てたようでした。案外バルトークってヘタな古典派やロマン派クラシックよ
    りも入門にいいのかもしれません。
    スポンサーサイト


    未分類 | 23:30:00| Trackback(0)| Comments(0)
    コメント
    コメントの投稿
    管理者にだけ表示を許可する

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。