■PROFILE

タテラッツィ

  • author: タテラッツィ
  • 観たもの触れたもの、マンドリン音楽活動などについて、書いていきます。

    【告知】
    マンドリンオーケストラ“未完成』第11回演奏会
    2011年2月27日(日)浜離宮朝日ホール音楽ホール
    13時30分開場、14時開演
    シューベルト「未完成」、クルト・ヴァイル「小さな三文音楽」ほか。
    入場無料です。

    リベルテマンドリンアンサンブル2枚目のCD発売中!
    マンドリンオーケストラ編曲の最高峰と、新たな世界を切り拓いた委嘱作品を収録。

    指揮:中川賢一(Ken'ichi Nakagawa)
    マンドリン独奏:望月豪(Go Mochizuki)
    演奏:リベルテ マンドリン アンサンブル
       リベルテ マンドリン オーケストラ

    ご購入・お問い合わせはduende-juergaあっとまーくezweb.ne.jpまで!
  • RSS
  • ■RECENT ENTRIES
    ■CATEGORY
    ■ARCHIVES
    ■RECENT COMMENTS
    ■RECENT TRACKBACKS
    ■LINKS
    スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。


    スポンサー広告 | --:--:--| Trackback(-)| Comments(-)
    忙しいとか疲れたとか


    今日の画像はやはりモロッコのサハラ砂漠で乗ったラクダご一行様。クルマで砂漠の中でも砂丘になっていない部分(土漠)を行き、そこから先は山小屋みたいな所(砂小屋?)で荷物を預け、最低限の着替えと水やカメラなどを持ち、毛布をラクダに載せ、その上に自分が乗りました。ラクダは案外立ち上がると背が高くて、しかも歩くとかなり揺れる。たまに軽く暴れる!必死になって掴んでないと、落ちるんじゃないかと思いましたよ。でもそこから見た砂漠の景色は今迄の人生で見たこともないようなものでした。ラクダに乗ること1時間、ラクダはテントを張った所に到着。どうやらそこがその日の宿泊場所みたいです。トイレもシャワーも当然ない砂漠のど真ん中。「サハラ式トイレット」を使いました(笑)でも、案内をしてくれたベルベル系モロッコ人によると、ここには数年前、女優のタカダマ○コ
    が来たらしい。俺が彼にした質問は1つだけ。
    「タカダマ○コも『サハラ式トイレット』使ったの?」
    彼は「有名女優」の名声に影響を与えることを考慮したのか、
    「タカダマ○コは1日いたが用を一度も足さなかった」
    んなわけない。。。

    ところで、「忙しい」って言い訳、よく使いたくなります。
    でもこれって、ウラを返すと、他人に向かって「お前は俺よりはヒマだ」と言っているに等しく、すごく無礼なコトバなんじゃなかろうか?って思うこともあります。
     ま、そりゃ仕事中にぶっ倒れそうになったりしたら、「忙しい」なんてコトバでも言い切れない何かを言いたくなりもしますけど。
     ただ、愚痴るのはともかく、それをマンドリン弾けない言い訳にはしたくない。
     というわけで、昨日(おととい?)予告したグリモーさんのインタビューに、時間がなくても音楽のトレーニングができることについて書かれた記事がありました。

    ー精神面における「練習」、いわばメンタル・トレーニングは、あらゆる音楽家にとってとても重要な作業だと思います。若い人たちはその重要性を偶然に発見できるかもしれませんが、教育されてしかるべきです。音楽の精神的なイメージを自分の内部に明確なかたちで持てば持つほど、それを身体に敷衍して強めていく作業を減らすことができます。そして頭のなかで音楽を考えれば、どんな音楽もいつでも新鮮な状態に保つことができます。もちろん長年楽器を弾いていないとこの作業はできないのかもしれません。
     作品の解釈を決めるのは、言うまでもなく脳の働きです。どんな時間の比率で弾くか、どんな構想で弾くか、それを決めなければ聞いている人たちに感情的なインパクトを与えることができません。最初に自分の「考え」を育まない限り、手では表現できないのです。これは説明が極めて難しいのですが、頭のなかで練習を行っていても、手の感覚を自分の内部ではっきりと感じ取ることができます。鍵盤のアクションを動かすための重みのかけ方、指づかい、タッチの感覚、あるパッセージを正しく理想的に弾くために楽器と保つバランス、これらがいかにあるべきかということが感じ取れるのです。
     ピアノに向かって練習するのは、体のなかで感じているこのような感覚を「解放する」作業だと思います。さらに楽器に向かう練習を繰り返さないのは、体をいたわることにもなります。同じ運動をあまりに繰り返すと、新鮮さは失われ、身体を損ねる可能性もありますから。ー

    そんな記事でした。もっともプロのピアニストというのは、一日数時間楽器に向かって練習するのは当たり前で、それを一定限度を超えないようにしようという次元の高い話なんでしょうけど。
    というわけで、「練習しなくてもなんとかなる」っていうふうにこの文章を捉えるのではなく、楽器を持たない段階でのトレーニングも重要だっていう認識をする機会にしたいな、と思いました。

    土曜日は、“未完成』の次回に向けて最初の合奏練習。そして自分が幹事をする飲み会。
    日曜日は朝6時集合でお仕事。22時半終了予定。
    たぶんあっと言う間に今回の土日も終わるでしょう。
    ああ忙しい忙しい。
    あ、やっぱ思っちゃいますね。。。

    スポンサーサイト


    Weblog | 09:00:00| Trackback(0)| Comments(0)
    コメント
    コメントの投稿
    管理者にだけ表示を許可する

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。