■PROFILE

タテラッツィ

  • author: タテラッツィ
  • 観たもの触れたもの、マンドリン音楽活動などについて、書いていきます。

    【告知】
    マンドリンオーケストラ“未完成』第11回演奏会
    2011年2月27日(日)浜離宮朝日ホール音楽ホール
    13時30分開場、14時開演
    シューベルト「未完成」、クルト・ヴァイル「小さな三文音楽」ほか。
    入場無料です。

    リベルテマンドリンアンサンブル2枚目のCD発売中!
    マンドリンオーケストラ編曲の最高峰と、新たな世界を切り拓いた委嘱作品を収録。

    指揮:中川賢一(Ken'ichi Nakagawa)
    マンドリン独奏:望月豪(Go Mochizuki)
    演奏:リベルテ マンドリン アンサンブル
       リベルテ マンドリン オーケストラ

    ご購入・お問い合わせはduende-juergaあっとまーくezweb.ne.jpまで!
  • RSS
  • ■RECENT ENTRIES
    ■CATEGORY
    ■ARCHIVES
    ■RECENT COMMENTS
    ■RECENT TRACKBACKS
    ■LINKS
    スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。


    スポンサー広告 | --:--:--| Trackback(-)| Comments(-)
    アマチュア


    今日の画像はあまり綺麗じゃないけど、リトアニアのカウナスっていう街で食べた「ツェッペリン」っていう食べ物。ひき肉をふわふわのポテトで包んだ料理。「飛行船」みたいな形をしています。また、このレストランは安くて雰囲気良くて最高でした。明かりがローソクだけなんです。ヨーロッパはそういうレストランけっこう多いですが、恋人同士なんていうシチュエーションでなくとも、彼らは結構そういう空間で普通に楽しんで食事してました。

    インプットとアウトプットの話の続き。
    聴くことと弾くことで、以前、ギタリストのK君と議論になったことがありました。
    素晴らしい音楽は聴いていれば十分。アマチュアの自分にあれだけのものが弾けるものでもないし、一体弾くって、何なんだろう?
    そんな解決するわけでもない事を延々と話しました。

    決定的なことを言ってしまうと、自分自身の演奏を金出して聴きたいか?って言ったら、まず「ノー」ですからね。もちろん音楽の価値って上手い下手だけで決まるわけではなく、アマチュアの利点を生かしたアグレッシブで自由な演奏の魅力というのもありますし、挑戦的な選曲とか編曲でアピールする方法もあります。自分がいま所属しているマンドリン団体も概ね、そういう利点を感じられる所に絞って入っているつもりです。ある種、プロでもやってないようなことをやっている団体。それは金出すかどうかはともかく、聴いて損はないな、って思わせられるものかな、と思っています。

    以下、最近読んだ本から引用します。

    「アマチュアとは何か?音楽愛好家?いやそれだけではない。レッスンの終わりにもっと練習を、もっとよくさらってといわれる初心者たち、たしかにアマチュアは初心者ではあるがかなり年月の経った初心者であるところが特徴である。勉強しなければアマチュアの名に値しない。彼は練習して練習して音楽をつくっているのである。音楽を好きなだけではなくムジチーレン(音楽をして遊ぶという意味)する人なのである。」

    「クワルテットのたのしみ」(アカデミア社)という弦楽四重奏の入門書です。自分は今度四重奏ではなく五重奏をやるわけですが、この本は五重奏にも触れています。
    つまり、アマチュアと言えども、ただただ好きでやるのではなく、何か目標だとか使命感のようなものを持って練習していくことも必要なのでしょう。じゃなきゃ、長く楽器を続けるなんてこと自体、どこかで頓挫してしまうでしょう。

    ちなみにこの本のとても秀逸な所は、数多くの室内楽曲(主に弦楽四重奏曲)の難易度を6点満点で表示してくれてることです。

    1 大変易しい
    2 アマチュアでも初見で充分やれる
    3 自分のパートをあらかじめちょっと見ておく方がよい
    4 がまんできる程度の成果を得るためには充分な練習が必要
    5 アマチュア可能な最上限。集中的徹底的な研究なしにはなし得ない
    6 アマチュア立ち入るべからずの難曲

    例を挙げると、バルトークの弦楽四重奏曲はほぼ全部6(当たり前)、ベートーヴェンは初期6作が4で中期以降は5か6、バッハの「フーガの技法」は何故か?3止まり(ただし音楽を完成させるには4とされる)。
    他にはハイドンの80数曲に及ぶ弦楽四重奏曲のほとんど全部が難易度と演奏のポイントがコメントされていたり、素晴らしく克明なガイドなんです。

    というわけで、我々アマチュアとしては、バルトークの弦楽四重奏なんて、あれだけ素晴らしい音楽(未聴の方は、ぜひ聴いてみてください。4番あたりから入ると入りやすいかも?)なのに、残念ながら演奏対象外なんです。これがヤナーチェク、リゲティとかってなってくと、更にその傾向は決定的でしょう。

    そうした時、我々はどんなに意欲的に音楽に向き合っても、「インプット」しかできないというジレンマに向き合わざるを得ません。

    そこん所を考えると、演奏と音楽鑑賞は完全に分けて考えている人がアマチュア奏者にたくさんいることの必然性が透けて見えてくるような気がします。つまり、案外、自分達が弾くような音楽を普段から聴いてるわけじゃないって人が多いんですよね。聴くのはせいぜい勉強のためとかっていうような人、すごく多い。これはアマチュア楽団だけでなく、音大生にも言える傾向らしいですけど。クラシックの世界の人でも普段聴くのは普通の歌謡曲とかって人、結構いますし。

    その点、自分が普段から聴いてる音楽のうち、本当にどうしようもなく難しいレベルのもの、マンドリンというサイズに合わないもの(「春の祭典」とか)、そういうもの以外は何でも聴いて弾く機会にも恵まれている自分は、かなり幸せかもしれません。

    ラフマニノフの「交響的舞曲」、ラウ゛ェルの「優雅で感傷的なワルツ」「古風なメヌエット」「マメールロワ」、ドビュッシーの「小組曲」「映像」、そういった音楽、通常時でも聴くのが大好きな音楽なんです。それを原曲を超えるんじゃないか?ってくらい見事に編曲された形で弾く機会に恵まれるなんて、やはりラッキーかもしれません。ま、ベートーヴェンの交響曲第7番なんて、マンドリンサイズを超越した曲を弾く団体にも入ってたりしますけど、それもまた楽しいし、また「こんなもんもやれるんだぞ!」って、世に訴える力を持てればそれでいいんじゃないでしょうか?
    スポンサーサイト


    Weblog | 01:00:00| Trackback(0)| Comments(0)
    コメント
    コメントの投稿
    管理者にだけ表示を許可する

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。