■PROFILE

タテラッツィ

  • author: タテラッツィ
  • 観たもの触れたもの、マンドリン音楽活動などについて、書いていきます。

    【告知】
    マンドリンオーケストラ“未完成』第11回演奏会
    2011年2月27日(日)浜離宮朝日ホール音楽ホール
    13時30分開場、14時開演
    シューベルト「未完成」、クルト・ヴァイル「小さな三文音楽」ほか。
    入場無料です。

    リベルテマンドリンアンサンブル2枚目のCD発売中!
    マンドリンオーケストラ編曲の最高峰と、新たな世界を切り拓いた委嘱作品を収録。

    指揮:中川賢一(Ken'ichi Nakagawa)
    マンドリン独奏:望月豪(Go Mochizuki)
    演奏:リベルテ マンドリン アンサンブル
       リベルテ マンドリン オーケストラ

    ご購入・お問い合わせはduende-juergaあっとまーくezweb.ne.jpまで!
  • RSS
  • ■RECENT ENTRIES
    ■CATEGORY
    ■ARCHIVES
    ■RECENT COMMENTS
    ■RECENT TRACKBACKS
    ■LINKS
    スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。


    スポンサー広告 | --:--:--| Trackback(-)| Comments(-)
    戯曲「ペールギュント」(グリーグ)
    20050205003710s.jpg

    グリーグ:劇音楽「ペール・ギ...
    ↑お買い物はコチラで!

    イプセンの戯曲からグリーグが作曲した「ペールギュント」。放蕩息子の放浪物語ってことくらいは、割とよく知られていますが、通常音楽としては、劇音楽として捉えられることは滅多になく、2つの組曲版で演奏されます。

    《第一組曲》
    1「朝」
    2「オーゼの死」
    3「アニトラの踊り」
    4「山の魔王の宮殿にて」

    《第二組曲》
    5「花嫁の略奪とイングリードの嘆き」
    6「アラビアの踊り」
    7「ペール・ギュントの帰郷」
    8「ソルヴェイグの歌」

    今度、ワタクシの所属するマンドリンオケで、劇音楽からの抜粋という珍しい形で演奏するんです。

    組曲から1~4、8を取り、そこに3曲ほど加えた形での演奏。

    中でも「第一幕への前奏曲」なんてのは、とても元気で楽しい曲でして、こういう曲がほとんど知られていないのも、もったいないな~と思いましたね(自分も最近演奏することになって知りました。たぶん知ってる人はそう多くないでしょう)。

    大学1年のときには、第一組曲を演奏しました。
    当時はマンドラ(一応ビオラと同じ音域を担当していますが、担当するものが相当違うので別モノと考えた方がいい楽器)で、「朝」の主旋律なんか弾くのが楽しかったですね。初心者でも何とかなって、気持ちいいんです。「山の魔王」もある程度は初心者でも弾けてしまいました。速いけど単純なんです、これ。

    しかし意外と難しいのが、「アニトラの踊り」で、これは厳しかったですね。。。

    そういえば、学生の時、1つ上のマンドラの先輩は、その放蕩ぶりから?あだ名が「ペール」でしたっけ。何なんでしょうか。いやしかし、事実、彼の行方はよくわからなくなり、今もどこにいるかわからなくなってしまいました。さすがです!(笑)

    おまけ

    某大学の学生会館にあったゴミ箱。
    右下が「やせろ
    左上が「やせないこ
    とあります。
    なんだそりゃ・・・・・・

    20050204233834.jpg
    スポンサーサイト


    一日一曲 | 00:27:35| Trackback(0)| Comments(0)
    コメント
    コメントの投稿
    管理者にだけ表示を許可する

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。