■PROFILE

タテラッツィ

  • author: タテラッツィ
  • 観たもの触れたもの、マンドリン音楽活動などについて、書いていきます。

    【告知】
    マンドリンオーケストラ“未完成』第11回演奏会
    2011年2月27日(日)浜離宮朝日ホール音楽ホール
    13時30分開場、14時開演
    シューベルト「未完成」、クルト・ヴァイル「小さな三文音楽」ほか。
    入場無料です。

    リベルテマンドリンアンサンブル2枚目のCD発売中!
    マンドリンオーケストラ編曲の最高峰と、新たな世界を切り拓いた委嘱作品を収録。

    指揮:中川賢一(Ken'ichi Nakagawa)
    マンドリン独奏:望月豪(Go Mochizuki)
    演奏:リベルテ マンドリン アンサンブル
       リベルテ マンドリン オーケストラ

    ご購入・お問い合わせはduende-juergaあっとまーくezweb.ne.jpまで!
  • RSS
  • ■RECENT ENTRIES
    ■CATEGORY
    ■ARCHIVES
    ■RECENT COMMENTS
    ■RECENT TRACKBACKS
    ■LINKS
    スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。


    スポンサー広告 | --:--:--| Trackback(-)| Comments(-)
    練習記録2/11・12
    2月11日(祝)マンドリンオーケストラ“未完成』トップ練 W大学学生会館(大学院生の人がトップの中にいるので、借りられるのです)16:15~19:30

    ベト7の1・4楽章、カレリア組曲(シベリウス)の2曲目「バラード」といった完成度の点で現状一番やばそうなものを合わせる。ベト7の1楽章は我がマンドロンチェロにとっては今回の演奏会で最難関曲なので、弾くだけでもかなりキツイのですが、後半、興奮しすぎないように練習しておきました。

    練習では、「メトロノーム的に設定したテンポ+指揮者が揺らせばそれに対応」

    「熱狂と興奮」というスパイスは本番のみで加えることにします。

    2月12日(土)マンドリンオーケストラ“未完成』合奏練習 江東区森下文化センターレクホール 13:30~21:15

    この日は、特に前日から練習していたトップ陣を中心に疲れが目立ちました。

    まあしかし、先日教えをいただいたK先生によれば、ベト7という曲は弾く方もクタクタにならなければ、いい演奏にはならないのだそうで、これは本当にそう思います。ただ、スポーツと同じで演奏にもスタミナというのはあって、20代前半の頃に比べて格段に落ちたスタミナが本番できちんと最後まで持つように、これからは健康管理もポイントになりそうです。

    この日発生した個人的な課題メモ
    ・ベト7の1楽章後半の練習番号11(再現部・チェロとベースが異様に難しい)前後。
    ・同3楽章のテンポ(4分音符=124くらいで安定した音が出せるように)、中間部assai meno prestoにおけるcrescとdecrescの加減を理解する(今週から自分の弾くパートが変更になった)。
    ・同4楽章の後半、16分の速い動き、能力の限界値に近いが、なんとか誤魔化す(笑)
    ・カレリア組曲の2曲目、16分でメロディを支える部分で遅れないように気をつける
    ・ドゥエンデの4曲目、自分のソロ、重音を鳴らす際に4つの音の鳴り方を耳で捉えながらバランスを整える(自分の音を録音したものを聴いたら、A線がロクに聴こえなかったため)。

    そんな感じの他人にとってはどうでもいいメモを付けつつ(笑)、反省終了~。
    スポンサーサイト


    マンドリン合奏 | 00:07:24| Trackback(0)| Comments(0)
    コメント
    コメントの投稿
    管理者にだけ表示を許可する

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。