■PROFILE

タテラッツィ

  • author: タテラッツィ
  • 観たもの触れたもの、マンドリン音楽活動などについて、書いていきます。

    【告知】
    マンドリンオーケストラ“未完成』第11回演奏会
    2011年2月27日(日)浜離宮朝日ホール音楽ホール
    13時30分開場、14時開演
    シューベルト「未完成」、クルト・ヴァイル「小さな三文音楽」ほか。
    入場無料です。

    リベルテマンドリンアンサンブル2枚目のCD発売中!
    マンドリンオーケストラ編曲の最高峰と、新たな世界を切り拓いた委嘱作品を収録。

    指揮:中川賢一(Ken'ichi Nakagawa)
    マンドリン独奏:望月豪(Go Mochizuki)
    演奏:リベルテ マンドリン アンサンブル
       リベルテ マンドリン オーケストラ

    ご購入・お問い合わせはduende-juergaあっとまーくezweb.ne.jpまで!
  • RSS
  • ■RECENT ENTRIES
    ■CATEGORY
    ■ARCHIVES
    ■RECENT COMMENTS
    ■RECENT TRACKBACKS
    ■LINKS
    スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。


    スポンサー広告 | --:--:--| Trackback(-)| Comments(-)
    ヴァロールクインテット
    ヴァロールクインテットさんの演奏会に行ってきました。
    マンドリン1・2、マンドラ、マンドロンチェロ、ギターの五重奏によるアンサンブルです。

    そう、これは我等がles Cinqと同じ編成なのです!

    音楽を楽しむと同時にお勉強させてもらおうということで、行ってまいりました。

    お勉強の中身は、演奏だけでなく、使用するホールの受付・座席の案内・ステージ衣装・入退場やおじぎなどのマナー、その他モロモロを含みます。

    結果、詳細は省きますが、なるほどこういう感じなのか~、といろいろ勉強させていただきました。

    ヴァロールさん名義では初の演奏会だったようですが、メンバーが楽器屋さんのイグ○さんをはじめ、お馴染みのマンドリンアンサンブル、ビアンカフィオーリさんのトップ陣ということで、百戦錬磨の方々でしょうから、すごく安定した大人の雰囲気で演奏会が運営されていました。

    特筆すべきは、演奏中にどんどん楽器をチェンジすることで、なんでも聞いた話では当日使用した楽器の時価?総額は1450万円にも及ぶとか!ガクガクブルブル。。。すごすぎです。千葉で家族用の中古マンションが買えますよ~(笑)

    自分はこれだけ音楽に入れ込んでるようなことを毎日のように書いてるクセして、楽器のことほんとになぁーんにも知らない(エバるな!)んですけど、出てくる楽器がそれぞれ違う音色で曲の内容に合わせて考えられてチョイスされていることはよくわかりました。

    知人のギターやマンドリンのマニア氏がいたく感激していた所を見ると、本当に希少価値バツグンの楽器だったようです。

    演奏も自分なんぞが素晴らしいとか書くこと自体、失礼に当たるくらい良かったです。

    何が良かったかって、それは、聴いててまどろむことができたってことです。

    マンドリン弾きとしては、マンドリンの演奏会に行くと、どうしても「音楽」よりも先に「演奏」という観点で聴いてしまうわけですが、これって本来はエンターテインメントの受け手として非常に歪んだ受け方なのではないかとも思ってます。

    例えば、レストランで料理を食べる時に、イチイチ調味料だとかどこどこ産の肉だからこれはどうだとか、そんなことは考えなくても、ウマイもんはウマイわけで、演奏会についても、「演奏」という内幕の事情など関係なく、聴いてて楽しめればそれでいいと思うわけです。(もちろん上述のように「お勉強」という観点は必要なのでしょうけど)

    で、このヴァロールさんの演奏会は「演奏を聴いている」ということを忘れさせていただきました。休日の午後、純粋に音楽に身を委ね、いい意味でまどろむことができました。

    そういえばあの小澤さんも言ってましたっけね。演奏会聴きに行って、聴きながら眠るのが何よりも幸せなんだと。

    家のソファでステレオにかかってる音楽をのんびり聴きながら、いつの間にかウトウトする時間、ああいう瞬間のことを思い出してみると、あれって聴いてる音楽の出来が悪いとなかなかできないもんなんです。気持ちよく寝付けない。変なチューニング、変なリズム、ひどいパートバランス、汚い音色、そういうものが気になりだしてしまう。それがないこの日の演奏は本当に優雅な休日の午後って感じで、気持ちよくまどろむことができました(寝てはいないですよ、念のため)。

    というか、
    「くつろいだ感じのいい演奏会でした」
    って一言書けばいいだけなのに、説明がクドくてすみません(笑)
    スポンサーサイト


    レビュー | 00:33:06| Trackback(0)| Comments(0)
    コメント
    コメントの投稿
    管理者にだけ表示を許可する

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。