■PROFILE

タテラッツィ

  • author: タテラッツィ
  • 観たもの触れたもの、マンドリン音楽活動などについて、書いていきます。

    【告知】
    マンドリンオーケストラ“未完成』第11回演奏会
    2011年2月27日(日)浜離宮朝日ホール音楽ホール
    13時30分開場、14時開演
    シューベルト「未完成」、クルト・ヴァイル「小さな三文音楽」ほか。
    入場無料です。

    リベルテマンドリンアンサンブル2枚目のCD発売中!
    マンドリンオーケストラ編曲の最高峰と、新たな世界を切り拓いた委嘱作品を収録。

    指揮:中川賢一(Ken'ichi Nakagawa)
    マンドリン独奏:望月豪(Go Mochizuki)
    演奏:リベルテ マンドリン アンサンブル
       リベルテ マンドリン オーケストラ

    ご購入・お問い合わせはduende-juergaあっとまーくezweb.ne.jpまで!
  • RSS
  • ■RECENT ENTRIES
    ■CATEGORY
    ■ARCHIVES
    ■RECENT COMMENTS
    ■RECENT TRACKBACKS
    ■LINKS
    スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。


    スポンサー広告 | --:--:--| Trackback(-)| Comments(-)
    東京都交響楽団定期
    今の職場は割と残業まみれなのだが、今日は仕事も片付いていたこともあ
    り、定時帰りをして、東京都交響楽団(以下、都響)の演奏会を聴いてきま
    した。仕事がたとえ片付いていても、今の職場は早く帰る雰囲気があまりな
    いのだけれど、実は月曜くらいからこの演奏会の当日券が買えそうだという
    ことを都響のサイトで把握していたので、月曜と火曜に他の人たちより1~
    2時間多めに残業したりして、そこはかとなく頑張りをアピールしておき、
    今日はスッキリした顔で、「おっ先に失礼しま~す!」と大きい声で告げて
    退出した(笑)。
    なかなか難儀だが、こういう日をたまに作った方が他の日に頑張れるから、
    こういう「ファイト+ご褒美」方式は俺は好き。

    今日の都響は指揮がユダヤ人の音楽監督ガリー・ベルティーニ。
    ロマン派や20世紀前半くらいの音楽を得意とする指揮者で、マーラーが特
    に良い。去年、ある知り合いとこの指揮者と都響によるマーラーの交響曲7
    番の演奏会に行ったが、集中力が全く切れない熱く密度の濃い、素晴らしい
    演奏だった。

    今日のプログラムは、冒頭に現代イスラエル人作曲家の曲。中東和平に貢献
    し、ノーベル平和賞を受賞した後、凶弾に倒れた指導者ラウ゛ィンを忍ぶた
    めに書かれた音楽なんだとか。

    次は、モーツァルトの交響曲第41番「ジュピター」。
    テンポが速くすっきりとした演奏。オケは上手くて、音と音の分離がクリア
    に聴こえてきて、なかなか感心してしまったのだが、その先のもう一押しが
    足りない演奏だと思った。

    3曲目はドビュッシーの「管弦楽のための映像」より「イベリア」という3
    曲からなる組曲。この曲は昨年、メトロポリタンマンドリンオケで演奏した
    曲でもあるので、より細部の解釈までわかった。2曲目のテンポルバート
    (テンポを自由にする)の箇所など、なだらかでスムーズに進み、「うめー
    なー」と感心。実はこの箇所、メトの練習の時に、俺のパートが1人しかい
    なくて、指揮者にしごかれた苦い経験を持つ箇所でもあったので、ちょっと
    したテンポのゆるみでもすぐにわかったのだ(苦笑)

    4曲目はラウ゛ェルの「ラ・ヴァルス」。ええと、言いにくいんだけど、こ
    の音楽はウィンナワルツの舞踏会の様子のパロディという側面と同時に、裏
    のテーマとして男女の性交が描かれているんだと思う。最後に向かって激し
    く盛り上がって行く様子がきっと。。。
    スポンサーサイト


    未分類 | 23:30:00| Trackback(0)| Comments(0)
    コメント
    コメントの投稿
    管理者にだけ表示を許可する

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。