■PROFILE

タテラッツィ

  • author: タテラッツィ
  • 観たもの触れたもの、マンドリン音楽活動などについて、書いていきます。

    【告知】
    マンドリンオーケストラ“未完成』第11回演奏会
    2011年2月27日(日)浜離宮朝日ホール音楽ホール
    13時30分開場、14時開演
    シューベルト「未完成」、クルト・ヴァイル「小さな三文音楽」ほか。
    入場無料です。

    リベルテマンドリンアンサンブル2枚目のCD発売中!
    マンドリンオーケストラ編曲の最高峰と、新たな世界を切り拓いた委嘱作品を収録。

    指揮:中川賢一(Ken'ichi Nakagawa)
    マンドリン独奏:望月豪(Go Mochizuki)
    演奏:リベルテ マンドリン アンサンブル
       リベルテ マンドリン オーケストラ

    ご購入・お問い合わせはduende-juergaあっとまーくezweb.ne.jpまで!
  • RSS
  • ■RECENT ENTRIES
    ■CATEGORY
    ■ARCHIVES
    ■RECENT COMMENTS
    ■RECENT TRACKBACKS
    ■LINKS
    スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。


    スポンサー広告 | --:--:--| Trackback(-)| Comments(-)
    完全制覇宣言
    ずいぶん大きく出たな、って思うでしょ??

    これ何を制覇するかって言いますと、実は







    音取りを制覇する

    なんですよ。アホですか?、、、。

    演奏会5日前にそんなこと言うパートトップは普通いません。

    だって、トップが音を取れていない箇所があるということは、その部分は音楽の中から消えてなくなってしまうと言っても過言ではないのです。

    つまりお客さんは作曲家・編曲者の創作物の一部を欠落した状態で受け取らなければならなくなるんです。そんなのサギでしょ?って話です。

    もちろんトップ以外の誰かが弾けばいいわけで、現実的にもトップじゃない人の方が指が回ったりするケースっていうのはいくらでもあります(むしろ一番指が回るというだけの理由でトップの人選を決定することの方が安易すぎるとも言う)。

    でもやはり、トップが弾けないというのは通常の感覚として許されるものではないです。

    元の実力的には他のパート員と互角あるいは多少劣ってたとしても、その楽団の演奏に限定すれば一番弾ける人でなければいけないんです、トップは。

    それは責任感・集中力・練習量・出席率などにより達成でき得ることだし、実際これまで自分がさまざまな団体で見て来たパートトップの多くはそういう具合にやってますね。

    で、自分は一番弾けるかどうかの話は別にしても、少なくとも今回の“未完成』の演奏会の中で、確実に1箇所、弾けない所を残していたんです、今日まで。。。

    そこで、先ほどから20分ほど、その数小節だけを数十回、いや100回以上繰り返してみました

    最初は超スローで。そして少しずつテンポを上げて。

    最後はインテンポでもまずまずくっきりした音が出るようになりましたよ。

    今まで、
    もはや指が届かないのでは!?

    と思っていたベト7の4楽章のある箇所。やれば出来るもんです。本番はバッチリですよ!

    と高らかに宣言してみたり、って当ったり前のことが5日前にできてもエラクないですから、残念!
    (このネタ自体が残念な今日この頃)
    スポンサーサイト


    マンドリン合奏 | 00:17:32| Trackback(0)| Comments(0)
    コメント
    コメントの投稿
    管理者にだけ表示を許可する

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。