■PROFILE

タテラッツィ

  • author: タテラッツィ
  • 観たもの触れたもの、マンドリン音楽活動などについて、書いていきます。

    【告知】
    マンドリンオーケストラ“未完成』第11回演奏会
    2011年2月27日(日)浜離宮朝日ホール音楽ホール
    13時30分開場、14時開演
    シューベルト「未完成」、クルト・ヴァイル「小さな三文音楽」ほか。
    入場無料です。

    リベルテマンドリンアンサンブル2枚目のCD発売中!
    マンドリンオーケストラ編曲の最高峰と、新たな世界を切り拓いた委嘱作品を収録。

    指揮:中川賢一(Ken'ichi Nakagawa)
    マンドリン独奏:望月豪(Go Mochizuki)
    演奏:リベルテ マンドリン アンサンブル
       リベルテ マンドリン オーケストラ

    ご購入・お問い合わせはduende-juergaあっとまーくezweb.ne.jpまで!
  • RSS
  • ■RECENT ENTRIES
    ■CATEGORY
    ■ARCHIVES
    ■RECENT COMMENTS
    ■RECENT TRACKBACKS
    ■LINKS
    スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。


    スポンサー広告 | --:--:--| Trackback(-)| Comments(-)
    本番2日前!!
    ワタクシが所属しておりますマンドリンオーケストラ“未完成』の演奏会は今から約38時間後に始まります。

    ここをごらんの皆様、ぜひお越しください!

    詳細は以下のとおり。

    "未完成』 第5回演奏会 

    日時:2005年2月20日(日)
       開場 14:00   開演 14:30
    会場:武蔵野市民文化会館小ホール
       JR三鷹駅北口徒歩13分、またはバス
       JR吉祥寺駅北口からバスあり
       西武新宿線武蔵関駅などからもバスあり
    詳細はコチラでご確認を!

    ♪プログラム♪

    第Ⅰ部
    ドゥエンデ~スペイン風4つの小品~  宍戸秀明
    タヒチ・トロット           Dmitri Shostakovich
    杜の鼓動~魂の還る場所~       丸本大悟
    カレリア組曲             Jean Sibelius

    第Ⅱ部
    交響曲第7番          L.van .Beethoven/赤城淳編

    入場無料(チケット無しでも御入場いただけます。)

    団の公式サイトはコチラ

    というわけで、ポイントはやはりベト7ですが、前半にある邦人プロ2曲もなかなかマンドリン好きな方にオススメ。それからカレリアとタヒチトロットは万人にオススメです!

    結構欲張りな選曲ですよね。
    で、普通マンドリンでこんなもんやるかぁ~!?って感じでもあります(笑)
    物見遊山感覚でもいいですから、当日はぜひ来てくださいね!

    当日の天気予報は晴れ、最高気温は15度

    絶好のお出かけ日和です!!

    ま、ここは公式サイトでも何でもないので、私的に書きたいように書かせていただきますが、正直なところ、ウチはセミプロ級の団体でもなければ、将来的にそういう所を標榜して努力しているわけでもありません。

    ただ、逆にプロでは逆立ちしてもできないアマチュアの特権が享受できる団体でありたいな、と思って自分は活動しています。

    プロにできず、アマにできることとは・・・?
    ・1回の演奏会のために半年以上かけて準備できること
     そのために解釈や曲の背景の知識など十分に蓄えることができること
    ・カネにならなくても、自分たちやお客さんが好む音楽だけをやれること
    ・音楽が仕事ではないので、楽しく新鮮な気持ちを持って演奏に取り組むことができる

    他にもいろいろあるでしょうけど。
    もちろんデメリットもあります(ここでは割愛)。

    【自分の感じ】
    今回はとにかく粛々と事故のないよう安定した演奏をすることが1つの目標です。ある程度、お客さんだけでなく同じオケの人たちにも安心してもらえる演奏というのが、マンドロンチェロ奏者としての今回の目標です。

    それからドゥエンデ4曲目には長いソロがあるので、ここだけは頑張ります。

    最近、どことなく弾いていてシックリこない状態が続いていたんですが、今日帰宅後ずっと練習していまして、かなり調子は上向いてきました。ピックを2日前くらいから思い切って変えたのも良い方に効果が出たようです。音量が少し落ちましたが、発音が前よりもクリアになりました。クリアな分、少々頑張って音を出してもバリつかないと思うので、強めに弾くことで音量はカバーしようと思います。

    【全体の感じ】
    そもそもマンドセロなどという伴奏楽器をやっていると、自分の出来不出来よりも、意識はオケ全体に向かいます。

    低音パートというのは、ほんと、指揮者と同じくらい全体の構成に敏感でなければならないと思うんです。

    マンドリンや管(“未完成』にはフルートとクラリネットがいます)などのメロディの変遷に合わせ、伴奏の色合いにも変化を付けていく。たぶんこれで音楽の印象はかなり変わることでしょう。

    “未完成』は今回の場合、ややマンドリンの人数が少ないので、マンドリンのメロディとのバランスを常に意識する必要がありますね。

    【聴きどころ】インフォーマル版(“未完成』の公式見解ではございませんので、注意してください)

    ドゥエンデ
     スペイン風で格好いい曲です。
     ポイントはズバリ!4曲目に出てくるワタクシのソロ!!(笑)
     いや、1曲目にあるコンマスのソロ、3曲目にあるドラメロですかね。
     マンドリンはイタリアの楽器ですが、スペイン風の音楽とは相性がいいですね。なにしろギターもいるわけですしね。

    杜の鼓動
     これ、当団の依頼により作曲者の方にもともとなかった管パートをつけていただいたんです。管はけっこう美味しい役回りを与えられているといってよいでしょう。それから、後半「森が怒っている場面」(個人的にそう捉えているだけです。たぶん違います。ごめんなさい)はゆったりしたこの曲が静かに盛り上がって、なかなかいいです。

    全体としては久石譲さんの音楽に通じるものを(個人的には)感じます。

    タヒチトロット
     ジャズの名曲「2人でお茶を」を元にした曲。
    実は仕上がりがやや不安だったりもしますが、オシャレに決めたいところです。“未完成』は案外、こういう曲が好きなので、なんとかなるでしょう!?

    カレリア組曲
     特に3曲目「行進曲風に」がいいです。
    北欧の空気に触れる曲という点では1・2曲目ですが。
    「ジャッカジャッカジャッカジャッカ」と付点音符でお祭り騒ぎしてる裏にマンドラが動いてるのも聴いてみてくださいませ。

    交響曲第7番(ベートーヴェン)
     ワーグナーが「舞踏の聖化」と呼んだこの曲は、まさにリズムの祭典です。
    一筋縄ではいかない曲ですが、指揮者が100人いれば100通りの演奏が可能と言われるこの曲なので、当日どういう演奏になるか、乞うご期待!
    スポンサーサイト


    マンドリン合奏 | 01:04:30| Trackback(0)| Comments(0)
    コメント
    コメントの投稿
    管理者にだけ表示を許可する

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。