■PROFILE

タテラッツィ

  • author: タテラッツィ
  • 観たもの触れたもの、マンドリン音楽活動などについて、書いていきます。

    【告知】
    マンドリンオーケストラ“未完成』第11回演奏会
    2011年2月27日(日)浜離宮朝日ホール音楽ホール
    13時30分開場、14時開演
    シューベルト「未完成」、クルト・ヴァイル「小さな三文音楽」ほか。
    入場無料です。

    リベルテマンドリンアンサンブル2枚目のCD発売中!
    マンドリンオーケストラ編曲の最高峰と、新たな世界を切り拓いた委嘱作品を収録。

    指揮:中川賢一(Ken'ichi Nakagawa)
    マンドリン独奏:望月豪(Go Mochizuki)
    演奏:リベルテ マンドリン アンサンブル
       リベルテ マンドリン オーケストラ

    ご購入・お問い合わせはduende-juergaあっとまーくezweb.ne.jpまで!
  • RSS
  • ■RECENT ENTRIES
    ■CATEGORY
    ■ARCHIVES
    ■RECENT COMMENTS
    ■RECENT TRACKBACKS
    ■LINKS
    スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。


    スポンサー広告 | --:--:--| Trackback(-)| Comments(-)
    禁断のフエルガ
    “未完成』第5回演奏会、無事(ではないカモ)終了いたしました。

    今までマンドリン弾いてきた10年くらいの中で、今日が一番燃えたし疲れました。いま、ほとんど廃人みたくなってますよん。

    ちょっとウルっと来てたりしますが、それは団員の手前、隠しました(笑)ってココで言ったら意味ないじゃんか~!アホー!!
    廃人なのにノリが軽いのは酔ってるせいです。あしからず。

    いやー正直に言いますと、大学4年の学生最後の演奏会より今日の方がはるかに感動してますね。

    しかし、冷静に分析すると、今日の自分個人としての出来は落ち込んでしまうくらいにひどかった。。。

    まず第1部でアクシデント

    1曲目、ドゥエンデの自分のソロの途中で思い切り弦を切った!

    これで一番高い弦(A線)が1本しかなくなり、続く「杜の鼓動」と「タヒチトロット」に頻出する自分のパートの高音のメロディが威力半減してしまいました。

    また、ムリに1つ下の弦(D線)の高いポジションで弾いてるうちに、今度はD線の音程が狂ってきまして、そうなると残るはガサツなマンドセロの低弦2つのみ!

    「ガッサガサ、ガッサー」みたいな汚らしい音響Σ(||゚∀゚)でムリなポジション使って弾いていくのは、かなり厳しかった。

    というわけで、今日の自己採点 第一部 30点

    第二部、ベト7は、奇跡的に?あった古いオプティマのA線を休憩時間中に張り、それで事なきを得ました。

    しかし、A線の2本の線の種類と新しさが違う(片やオプティマ青の新弦、片やオプティマ赤の旧弦)ため、弾いてて手先にも耳にも違和感が残り、非常に弾き難かったです。それと精神状態がおかしかったのか、練習でできてたところまでも間違えまくり、ベト7は相当ヒドイ出来になってしまいました。

    とまあ、技術的にはそうなんですが、「勢いで押す」という“未完成』伝家の宝刀が炸裂中だったことも幸いして(笑)、自分もそこそこ上手くそれに乗っかることはできたと思います。

    そして、残るはアンコール
    アンコールは再び1部で取り上げた宍戸秀明「ドゥエンデ」の4曲目「フエルガ」。

    ここの中間部にある28小節の自分のソロ、これの途中にあるアッチェレをめちゃくちゃかけまくりました!(爆)
    どれくらい加速させたかと言うと、もう指がもつれないギリギリの速さまで加速したテンポ。
    音量も、弦をもう一度切ったってかまうもんか!という爆音。

    しかし、ここの部分、マンドロンチェロという楽器の正しい奏法とか、そういう正統的なものをここまで愚弄していいのでしょうか?(笑)

    何でも聴いていた団員のみんなは、笑いをこらえ切れず、歯を出して笑って聴いていたそうですが、自分はもう視野が30cmくらいしかない状態(というか、ほとんど目、つぶってたかも)で死に物狂いになって弾きました。

    うーん、なんというか、このソロの最後の数小節は自分が弾いたようで、自分が弾いてないヘンな感覚でした。

    同じパートにいる“未完成』代表者には「フエルガが乗り移ってると思った」といわれましたが、本当にそんな感じでしたね。自分が弾いているのではなく、曲とあの演奏会の状況(ベト7の4楽章がすごい熱気で終了して会場全体が熱くなってる空気)が勝手に自分の手を動かした、今まで10年くらい楽器をやってきて、そんな経験は初めてでちょっとビックリしました。

    今日の自己採点 第二部 80点

    内訳 ベト7 40点
       アンコール 120点
    ------------------------------
    40+120÷2=80点

    というわけで、今回の演奏会については、おそらく後日、反省点が山積みで出てくるものと思われますが、ライブという観点で言えば、超満足。というか人生で1度あるかどうかの経験をさせていただきました(この、「人生で一度の晴れ舞台」的なことも客席にいた性質の悪い後輩^_^;に言われた)。

    これが今年これからある数度のほかの演奏会でも引きずったら、それはマズイですが、今回の演奏会としてはオッケーってことにします。

    っていうか、このボロ雑巾状態のカラダで明日仕事できるのだろうか?(50パーセントくらい、もう出勤はムリ、出勤しても多分使いものにならんだろうと思い始めている自分がいる、、、)
    スポンサーサイト


    マンドリン合奏 | 01:36:37| Trackback(0)| Comments(0)
    コメント
    コメントの投稿
    管理者にだけ表示を許可する

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。