■PROFILE

タテラッツィ

  • author: タテラッツィ
  • 観たもの触れたもの、マンドリン音楽活動などについて、書いていきます。

    【告知】
    マンドリンオーケストラ“未完成』第11回演奏会
    2011年2月27日(日)浜離宮朝日ホール音楽ホール
    13時30分開場、14時開演
    シューベルト「未完成」、クルト・ヴァイル「小さな三文音楽」ほか。
    入場無料です。

    リベルテマンドリンアンサンブル2枚目のCD発売中!
    マンドリンオーケストラ編曲の最高峰と、新たな世界を切り拓いた委嘱作品を収録。

    指揮:中川賢一(Ken'ichi Nakagawa)
    マンドリン独奏:望月豪(Go Mochizuki)
    演奏:リベルテ マンドリン アンサンブル
       リベルテ マンドリン オーケストラ

    ご購入・お問い合わせはduende-juergaあっとまーくezweb.ne.jpまで!
  • RSS
  • ■RECENT ENTRIES
    ■CATEGORY
    ■ARCHIVES
    ■RECENT COMMENTS
    ■RECENT TRACKBACKS
    ■LINKS
    スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。


    スポンサー広告 | --:--:--| Trackback(-)| Comments(-)
    バテバテモードに適した音楽
    12月後半頃から最近まで仕事は割合落ち着いていたのですが、急に忙しくなりました。
    でもって、この忙しさはサイアクの場合、このまま6月まで続きます・・・。
    良くてもこれから1か月は続きます。

    先週から体調は悪かったのですが、いよいよ深刻化してきました。今日は仕事中、眠くもないのにカラダに力が入らないという奇怪な現象が・・・。トシ(齢)という奇怪じゃない現象なんですけど、ホントはきっと(爆)

    そんな疲労の中でちょっと元気出してみようと思って聴いた曲がコレ。

    tchaikovskis.jpg


    チャイコフスキー交響曲第4番(ムラヴィンスキー)

    “未完成』の某Wさんがこれをマンドリンオケでやってみたいと言っていたのを聴いて、自分は仰天してしまったのですが、やれたらそりゃもう楽しいこと間違いなしって曲ですね。

    チャイコの中でも一番激しい音楽の1つだと思います。
    1998年に聴いたチョン・ミュンフン/N響による同曲の演奏会は自分の演奏会史の中でもトップクラスの名演として印象に残っていますね。

    しかしこの音楽、やはりヘロヘロの身には却ってキツイ。。。元気が出るどころか、今聴いていて、ちょっとしんどくなってきました(笑)

    チャイコは音楽にエネルギー使いますね。弾くのも聴くのも。どっちかと言うと、元気なときに、さらなるアドレナリンを出すのがチャイコの音楽、ってことでしょうか?

    やはり疲れた身には「世界のS本」龍一とかの方がいいんでしょうか??

    ちなみにご紹介したCD、ムラヴィンスキー指揮のものは、どれもこれも素晴らしいですが、このチェイコ後期3大交響曲が収録されたリンク先のCDは定番中の定番だし、持ってて損はないCDです。とにかく激しい、めちゃ激しい!そして完璧なアンサンブル!!

    スポンサーサイト


    未分類 | 01:44:55| Trackback(0)| Comments(0)
    コメント
    コメントの投稿
    管理者にだけ表示を許可する

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。