■PROFILE

タテラッツィ

  • author: タテラッツィ
  • 観たもの触れたもの、マンドリン音楽活動などについて、書いていきます。

    【告知】
    マンドリンオーケストラ“未完成』第11回演奏会
    2011年2月27日(日)浜離宮朝日ホール音楽ホール
    13時30分開場、14時開演
    シューベルト「未完成」、クルト・ヴァイル「小さな三文音楽」ほか。
    入場無料です。

    リベルテマンドリンアンサンブル2枚目のCD発売中!
    マンドリンオーケストラ編曲の最高峰と、新たな世界を切り拓いた委嘱作品を収録。

    指揮:中川賢一(Ken'ichi Nakagawa)
    マンドリン独奏:望月豪(Go Mochizuki)
    演奏:リベルテ マンドリン アンサンブル
       リベルテ マンドリン オーケストラ

    ご購入・お問い合わせはduende-juergaあっとまーくezweb.ne.jpまで!
  • RSS
  • ■RECENT ENTRIES
    ■CATEGORY
    ■ARCHIVES
    ■RECENT COMMENTS
    ■RECENT TRACKBACKS
    ■LINKS
    スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。


    スポンサー広告 | --:--:--| Trackback(-)| Comments(-)
    “未完成』ビデオ鑑賞会(音量バランスのとり方を考える)
    2月26日(土)午後3時から5時 江東区豊洲文化センターにて

    1週間前の演奏会のビデオを15人くらいで一緒に観ました。

    演奏会の興奮状態の中では「まあ、いいだろ」と流していた部分も冷静な中で観るとそうも行かない部分がたくさんありました。

    ただ、アンコールは予想以上に良かった。

    自分の感覚では熱狂的になってる割に録音で聴いたらダメダメかも?などと不安に思っていたんですけど、はっきり言ってこれはなかなか良くできてました。

    ベト7は先日、大学の先輩のブログでも指摘されていた通り、マンドラとマンドセロの音が全く通りませんね、このホール。練習では「うるさい!」と言われていた箇所がほとんど聞こえない。どうも高音主体のフワフワ感のあるサウンドになってしまっていました。たしかに内声部はメロディを引き立たせるために音量を落とすことが多いのですが、そのあたりのさじ加減をもう少し工夫する必要があると思いました。

    そのために超重要なのが、演奏会当日、リハ中に客席に行って音を聴くこと。
    これはどのオケだろうと本当は参加者全員がやるべきですよね。「あんまり練習出てなかったから弾いておきたい」
    そういう声も聞きますが、しかし、客席で自分の音がどう聴こえるか、これは音楽の命です。大抵のホールでは舞台上とは全然違うバランスで聴こえてますから。

    で、マンドセロについては、過去の経験上、客席に行って初めて自分のパートがいかに聴こえてないのかを認識し、あわてて音量を一段階上げたりすることが多いので、最近は自分の体内感覚で「このくらいが適正かな?」と思う音量よりも1~2段階大きめに弾く習慣が付いてしまいました。

    自分が所属してきたマンドリンオケでこうした問題があまり発生しなかったのは、メトくらいのものですね。あそこはトップ陣の方々がホールの音響特性を熟知されているので、大丈夫なんでしょうね。それからたとえ初めてのホールでもすぐに修正する応用力を持っている方が多いこともあるでしょう。このあたりは、他の団体でも参考にしたいところです。
    スポンサーサイト


    マンドリン合奏 | 01:05:34| Trackback(0)| Comments(0)
    コメント
    コメントの投稿
    管理者にだけ表示を許可する

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。