■PROFILE

タテラッツィ

  • author: タテラッツィ
  • 観たもの触れたもの、マンドリン音楽活動などについて、書いていきます。

    【告知】
    マンドリンオーケストラ“未完成』第11回演奏会
    2011年2月27日(日)浜離宮朝日ホール音楽ホール
    13時30分開場、14時開演
    シューベルト「未完成」、クルト・ヴァイル「小さな三文音楽」ほか。
    入場無料です。

    リベルテマンドリンアンサンブル2枚目のCD発売中!
    マンドリンオーケストラ編曲の最高峰と、新たな世界を切り拓いた委嘱作品を収録。

    指揮:中川賢一(Ken'ichi Nakagawa)
    マンドリン独奏:望月豪(Go Mochizuki)
    演奏:リベルテ マンドリン アンサンブル
       リベルテ マンドリン オーケストラ

    ご購入・お問い合わせはduende-juergaあっとまーくezweb.ne.jpまで!
  • RSS
  • ■RECENT ENTRIES
    ■CATEGORY
    ■ARCHIVES
    ■RECENT COMMENTS
    ■RECENT TRACKBACKS
    ■LINKS
    スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。


    スポンサー広告 | --:--:--| Trackback(-)| Comments(-)
    “稲友マンドリン』
    このタイトル、怒られるかな・・・。


    ほんとにスマソです(いきなり平謝りするくらいなら書くなっつーの)。

    2月26日(日)、この日は行きたい用事が4つも同時刻にバッティングしてしまった・・・。まことに残念!

    バッティングした用事一覧
    (1)ブロムシュテット指揮ライプツィヒ・ゲヴァントハウス管弦楽団の演奏会(メンデルスゾーン/交響曲第4番「イタリア」、ブルックナー交響曲第7番)(サントリーホール@港区赤坂)
    (2)クリスタルマンドリンさんの演奏会(武蔵野市民文化会館@武蔵野市)
    (3)クボタフィロマンドリーネさんの演奏会(紀尾井ホール@新宿区四谷)
    (4)稲友マンドリンクラブの合奏練習(東京交響楽団クラシックスペース@新宿区大久保)

    さて、ここで問題です。
    ワタクシは(1)~(4)のどれに行ったでしょう?

    万有引力の法則より古くて格式のある「先約優先の原則」からすると(1)は半年以上も前にチケットを取っていたので、最優先になるはず。指揮者・オケ・選曲3拍子揃っており、相性もいいはずなので、名演になった可能性大。

    しかし(2)のクリマンさん、数年ぶりに是非とも行きたかった~。今年の選曲は特に聴いてみたかった・・・。

    (3)のフィロマンさんも、知ってる方も出演している(一応クリマンさんも知ってる方はいますが)し、去年リベルテでやった弦セレ@チャイコということで、これも聴いてみたかった。

    しかし、(4)のワタクシのいた大学のOB会のマンドリンオケ、実は来週が演奏会本番なんですわ。。。

    というわけで選択の余地なし。
    稲友マンドリンクラブの練習に行ってきました。

    この日の練習のポイントは、マンドラの後ろ、管との間にチェロがずらっと山台の上で横並びに乗っかって演奏したこと。クラシックギターがこういう所にいる演奏は何度か見たことありますが、チェロは初めてでした。自分としてはオケにならって、一番端(マンドリンオケでギターが占拠している場所)でチェロを弾いてみたかったりもしますが・・・。
    それか最近オケの世界でも流行している伝統的な両翼配置とか。
    だとやはりギターはドラの後ろで弾くことになりそうですね。

    で、このマンドセロがドラの後ろという配置、個人的にはあんまり好きじゃないかも・・・。マンドセロはギターとお互い聴きあって弾くといいような編曲(あるいは原曲)が多いと思うので。稲友のように管が入る編成だと、管のすぐ前なので、ギターなんてほとんど全く聴こえないっす。

    で、練習ですが、これまで5回くらいしか練習出てないし、、、3部構成の演奏会なんですが、毎回寝坊遅刻などで第一部の練習はまだ2回くらいしか出ていません・・・。

    今回の練習である程度メドを付けないと、本番があんまり楽しくないことになってしまうので、ちょいとばかし気合い入れときました。

    演奏会のデータは以下のとおり

    ♪ 稲友マンドリンクラブ第14回定期演奏会 ♪

    日時:平成17年3月6日(日)13時30分 開演
    場所:中央区立中央会館(東京都中央区銀座2-15-6)
    http://www.city.chuo.tokyo.jp/index/000456/008149.html

    曲目:第1部 (指揮 石黒不二夫)
           1.行進曲  若人(赤城淳)
                  道化師(ラビトラーノ)
           2.オアシスにて(マルテイ)
           3.大いなる時(ヴェルキー)
     
       第2部 (指揮 小松信彦)
           1.白鳥の湖より「情景」(チャイコフスキー)
           2.交響曲第7番第2楽章(ベートーヴェン)
           3.愛の挨拶(エルガー)

       第3部 (指揮 進藤知哉)

           ペール・ギュント組曲(グリーク~赤城編・進藤 編)

             ★入場無料★


    自分は最近になって第2部のトップになってしまいました。パー練もないし、ソロもないので、何がトップじゃ!?って感じですが、名誉職としてありがたく頂戴しておきます(笑)。

    ま、ベト7-2楽章は“未完成』でやった時とは少しバージョンが違うのですが、曲そのものは熟知していると大風呂敷を広げても後悔しないくらいの状態に達している(CD30種類以上を聞き比べ、スコア3種類を読み比べました)ので、まあ大丈夫でしょう。

    「白鳥の湖」「愛の挨拶」、弾いてて気持ちいいです。
    第一部はマンドリンオリジナルの古典的定番曲。こういうの、実は演奏し慣れてなくて苦手だったりします。コード進行とか、意表を突かれて、よく手が止まりそうになります。はっきり言って自分にとってはベト7やペールギュントの方がカンタン(絶対おかしいです)。

    そのペールギュント、組曲版じゃないところがポイント。特に「第一幕への前奏曲」なんかは、組曲に入れればいいのに!って思うくらいキャッチーでいい曲です。「山の魔王の宮殿」「朝」「ソルヴェイグの歌」、このへんは曲名をたとえ知らなくても、音を耳にすれば、きっと誰もが知ってることでしょう。

    で、“未完成』のドゥエンデソロを連発したせいで、張り替えて2週間強しか経っていない弦が早くも死にかけてるので、A線とC線だけ弦を替えてみました。

    B000000W4Ks.jpg


    A線が最近出たばかりのオプティマの黒
    C線は最近改良されたと評判のARS弦

    これは実は楽器屋のイ○チさんのチェロと同じ弦の構成なんですね。マンドセロ弾きとしてあの方の音を自分はリスペクトしておりまして、特にC線があれだけよく通る音で雑音がないのはスゴイ!と思います。というわけで、まずは形から入りましたとさ。

    で、練習後は“未完成』のメンバー+α10人くらいで大久保で韓国料理屋へ。マジうまでした!

    200502271819000s.jpg


    冷房と暖房を間違えるアフォな盟友(^_^;)とモロ画像かぶってますが。ま、同じ鍋を突っついてたんだからしゃーないっすね。

    というか、この“未完成』+稲友でかぶっている10人くらいの人たち、ここ1か月で100時間近く一緒にいるのではないでしょうか。。。?
    仲良しすぎ!(笑)
    スポンサーサイト


    マンドリン合奏 | 01:18:23| Trackback(1)| Comments(2)
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。