■PROFILE

タテラッツィ

  • author: タテラッツィ
  • 観たもの触れたもの、マンドリン音楽活動などについて、書いていきます。

    【告知】
    マンドリンオーケストラ“未完成』第11回演奏会
    2011年2月27日(日)浜離宮朝日ホール音楽ホール
    13時30分開場、14時開演
    シューベルト「未完成」、クルト・ヴァイル「小さな三文音楽」ほか。
    入場無料です。

    リベルテマンドリンアンサンブル2枚目のCD発売中!
    マンドリンオーケストラ編曲の最高峰と、新たな世界を切り拓いた委嘱作品を収録。

    指揮:中川賢一(Ken'ichi Nakagawa)
    マンドリン独奏:望月豪(Go Mochizuki)
    演奏:リベルテ マンドリン アンサンブル
       リベルテ マンドリン オーケストラ

    ご購入・お問い合わせはduende-juergaあっとまーくezweb.ne.jpまで!
  • RSS
  • ■RECENT ENTRIES
    ■CATEGORY
    ■ARCHIVES
    ■RECENT COMMENTS
    ■RECENT TRACKBACKS
    ■LINKS
    スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。


    スポンサー広告 | --:--:--| Trackback(-)| Comments(-)
    ダメ人間がサイテー人間を切る!
    演奏会直前1週間などというのは、たとえどんなことが起ころうと、シゴトがたとえ午前様だとしても、楽器を10分でも15分でも触るべきだ!って自分は常日頃から思っているのですが、今日は断念。

    家ではもはや楽器を弾けなくなり、クルマもあまり能率のいい練習はできない(昨日のブログ参照)。それならカラオケボックスにでも行って練習するか!(これは楽器やってない方は驚くかもしれませんが、割と普通。自分もやったことあるし、“未完成』ではやってる人多数)

    って思ったけど、カラダが動きませんでした。
    ダメな自分・・・。

    でももっとダメな自分がここにいます。

    それは、、、










    シスアドの試験、申し込み手続きするの、忘れた!!!

    って今日気付いたわけではないのですが、実は。
    3日ほど前に気付いた時はもう手遅れ。

    はぁ、、、、なにやってんだ、バカ。

    それなりに勉強もしていた(遅れ気味ではありましたけど)のになぁ。はぁ~・・・。

    年に2回、4月と10月にやるシスアド。秋はles Cinqにメトにリベルテと演奏会が目白押しな上に、シゴトも今より圧倒的に忙しい時期なので、とてもじゃないけど試験勉強なんてムリ。

    来年ですな・・・。

    しかし自分はシゴトで100人分(9課分)のシステムの面倒を見る責任者ってことに一応なっておりまして、単なるPCだけでなく、いろいろ複雑なシステムもあるんですが、この職務に就く者の要件は、以下のようになってるんですね。

    3~5級相当の職位の者、または初級シスアド程度の知識を有する者

    自分の職位は2級。
    あ、、、どっちも該当してない。こりゃ詐欺だ!(笑)
    別に特別手当もらってやってるわけでもない(タダ働き!)し、ダメならいつでも降りてやるぜ、ってことですが、カネの問題ではなく、ちょっとメンツが立たないのはカッコ悪い気もする。ま、どーでもいいんですけどね(なら、書くな!)。

    で、こんな試験の申し込みを忘れる愚か者のオレ様から見ても愚かだなーと思うもの2つ。

    (1)愛知万博
    (2)ハンセン病問題に関する検証会議が公表した最終報告書でわかった国のヒドイ対策

    (1)愛知万博

    ホントはこれ叩くの、やめとこうかとも思ったんです。なにせこんなマンドリンのビッグ企画もあって、この企画そのものに罪はないですから。

    でもこれはヒドイ。環境博を謳っていながら、実態はトンデモナイ環境破壊博。海上の森なんて、緑あふれる美しい森だったのに、いまやコンクリートジャングル。

    ま、詳しくはコチラを。

    このサイトの管理者はもしかしたら政治的に主張を持ってる団体の関係者とかなのかもしれませんが、でもここで挙げられているような状態は、以前から各方面で指摘されていたこと。数年前から各大手新聞紙上でも盛んに取り上げられていました。ダンプカー走らせて粉塵まきあげて、コンクリートジャングル作って、一体なにが環境かと。

    ま、百歩譲って環境問題抜きで考えても、そもそも万博っていう発想がもうダメでしょうね。
    だいたい自然を慈しむというようなことがテーマになってますが、そういうのって、一番万博的・総花的な発想から遠いものだと思うんです。そんなのは虫取り網持って、野山を散策すればそれでいいことじゃないですか。

    19世紀ヨーロッパで始まった万博という装置。
    これは19世紀に世界を席巻したヨーロッパにおいて動物園や博物館(ルーブルや大英博物館)で世界を一望の元に晒しめるという時代がかった要望に即していた装置なのです。
    1900年、パリで行われた万博では何と4500万人の集客があったそうです。この万博のおかげでバリのガムラン音楽が紹介されたり(ドビュッシーなどの作風に大きな影響があった)、美術ではアールヌーボーが流行する元ができたのでした。

    しかし今は、インターネットで何でも検索できてしまう時代。あえて万博なんてものを見せられなくても、知りたいことは知ることができるし、楽しいことも世の中にはいっぱいある。

    先の万博は2000年にドイツのハノーバーで行われたんですが、集客が予想以下で巨額の財政赤字を垂れ流して終了したそうです。ハノーバーも同じ環境博。

    ま、でもマンドリンコンサートはいーんじゃないっすかね?オレは行きませんけど、行く人のことが正直ちょっとうらやましかったりもしますしね。

    でも万博という装置そのものはナンセンス。

    浦沢直樹の漫画「20世紀少年」においても、万博は20世紀の象徴として描かれていますしね。世界的には19世紀的なもの。日本でも20世紀的なものであっても21世紀的なものだとは通常考えられていないってわけですね。

    なんでも、万博行きたい人は東海3県で80%、全国でも25%に上るらしく、予測では2000万人は突破するだろうと言われています。ちょっとこの数字はグロテスクです。

    (2)ハンセン病問題に関する検証会議が公表した最終報告書でわかった国のヒドイ対策

    詳細は新聞、ネットでいくらでも調べられますので、省略します。3月2日付け新聞ではほとんど各紙、1面に出てました。また社説や解説記事も豊富にありました(特に朝日、毎日)。

    日本という国は民主主義、平等主義を旨としながら、いやむしろそれだからこそ、異質なものへの風当たりの強さはハンパないですよね。

    子供の頃、自分は周りのコと少し違う材質のランドセルを持っていたんです(みんなはツルツル、自分は少しザラザラ)が、それだけでも「みんなと同じのがイイ!買い替えたい!!」と親にダダをこねました、自分。

    あと転校した時に、持っていた文房具やら笛やら絵の具やらが、みんな周りのコと違ったのも、すごく気になった。これも親に「買ってくれ!」って言ったけど、頑強な我が親はそんなもんには一切聞く耳を持ちませんでしたっけね。今思えばエライ親です、そういう点に関しては。

    ま、自分の方としては、それだけ異質なものを持っている者への周囲の嫌悪感や同調圧力を感じたんです、子供ながらに。周囲の人たちとしてみれば、たいした問題じゃなかったんでしょうけど。でも、マイノリティの側から見れば、すごい圧力がかかる場面。

    ハンセン病、部落出身者、身体障害者、HIV感染者などなどの人にとってみれば、ワタクシが子供の時体験したことの数百倍、数千倍の圧力を日々感じて生活しているわけですね。

    よくあるのが、例えば、鍋なんかみんなでつついてる時に、

    A:「よしっ、ジカバシ行っちゃえ~!」
    B:「A、お前、まさか病気持ちじゃねーだろうな!」

    みたいなやり取りって何の悪気もなく行われてますよね。
    でもこういうのって、本当に病気持ちの人からしたら、もうその人とは交遊関係を継続できない!っていうくらいショックを受けるだろうと思います。

    実際、HIVなんかでは、鍋で箸をつっつき合うくらいでは感染しません。

    ま、なんといいますか、万博とかでみんな一斉にゴー!ってやって、マイノリティを省みない、そんな風なのが日本人の国民性だとしたら、それはちょっとヘドが出ます。

    なんだか暗い話を続けて書きましたが、日本はまだまだ夜明け前だなーと思うことが最近多いので、ちょっと書いてみました。

    最近は読みやすいことばかり書いて、読み手にコビている自分も感じていましたしね(笑)たまには毒を吐いときますよ。

    スポンサーサイト


    ブログ | 00:33:23| Trackback(0)| Comments(0)
    コメント
    コメントの投稿
    管理者にだけ表示を許可する

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。