■PROFILE

タテラッツィ

  • author: タテラッツィ
  • 観たもの触れたもの、マンドリン音楽活動などについて、書いていきます。

    【告知】
    マンドリンオーケストラ“未完成』第11回演奏会
    2011年2月27日(日)浜離宮朝日ホール音楽ホール
    13時30分開場、14時開演
    シューベルト「未完成」、クルト・ヴァイル「小さな三文音楽」ほか。
    入場無料です。

    リベルテマンドリンアンサンブル2枚目のCD発売中!
    マンドリンオーケストラ編曲の最高峰と、新たな世界を切り拓いた委嘱作品を収録。

    指揮:中川賢一(Ken'ichi Nakagawa)
    マンドリン独奏:望月豪(Go Mochizuki)
    演奏:リベルテ マンドリン アンサンブル
       リベルテ マンドリン オーケストラ

    ご購入・お問い合わせはduende-juergaあっとまーくezweb.ne.jpまで!
  • RSS
  • ■RECENT ENTRIES
    ■CATEGORY
    ■ARCHIVES
    ■RECENT COMMENTS
    ■RECENT TRACKBACKS
    ■LINKS
    スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。


    スポンサー広告 | --:--:--| Trackback(-)| Comments(-)
    流血大バトル
    今日、自分は20数年?ぶりに大乱闘しました。
    相手はトンデモナイならず者。

    狂ったように暴れ、叫び、相手を蹴り、殴りました。

    手加減なし。加減したら自分がめちゃくちゃにされますから。

    で、その結果、自分はいま血まみれで、アザもいっぱいです。
    でも相手も相当な痛みを今頃負っていることでしょう・・・。

    ズボンがビリビリに破れました。
    右手の2本の指に負傷を負い、両足の太モモにも外傷とアザを作りました。

    (↓写真参照)
    200503032237000s.jpg

    200503032233000s.jpg


    太モモの画像はナシ。
    一応18歳未満もアクセスできるサイトなので、露出はホドホドにってことで(爆)。

    でも、左手の指は無傷。
    さすがは楽器弾き!
    右手の指がズキズキ痛みますが、今週末の演奏会は大丈夫でしょう。

    ちなみに傷口には消毒液ではなく、イソジンのうがい薬をたっぷりかけておきました。コレ、最高の消毒液ナリ!

    で、その大乱闘を繰り広げた相手はどんな街のならず者かと言うと・・・

























    200503012120001s.jpg


    コイツです!!(爆)


    こいつはとんでもねー悪党です。
    普段はカワイコぶってますが、何かの拍子(あまり根拠はないけど、ムシの居所が悪い時に構いすぎるとなること多し)に突如豹変、本気で怒ってこちらに飛び掛って噛み付いてきます。

    それも1回や2回ではなく、連続攻撃。

    たぶん皆さんが想像してるようなカワイイ攻撃ではないです。
    こちらもほっとくと2~3日シゴトに行けないくらい深い傷を負う(以前、自分の厚い手のヒラがコイツの歯で貫通しそうになった)。こちらが横になってる時に攻撃された時など、一瞬「殺される!」って思いますから(我が母は実際に「助けて!!」と本気で叫んだことがある)。

    なので、こちらも少しも手加減しない本気キックとパンチで対抗。ワンコの歯が2~3本欠けても知るもんか!ってなもんです。実際、コイツの顔面や手足に何発かキックが入りました。。。動物愛護もクソもない展開でスミマセン。

    これは闘いなのです。
    飼い主という人間様の優位を保てるか、それとも徳川5代目将軍綱吉のように「お犬様~、ははーm(__)m」ってなってしまうか、その瀬戸際の刺すか刺されるかの闘い。

    我が家の犬教育は多分に間違えてしまったようで、いろいろ本読んだり、専門家やらに相談したりしてますが、なかなかうまくいかないです。

    ただ、こういうバトルの直後の対処はわかります。
    それは、

    完全にムシ

    です。
    犬も逆上した後しばらくは、「グルルルルゥー」とか言ってますが、人間と一緒で犬も怒りというのは1時間も続きません(人間の怒りが1時間継続しないってご存知でした?)。

    で、ムシしてると今度は「悪かった」と思うのか、急にこちらをペロペロ舐めてきます。

    でもまだ引き続きムシ。

    効果的なのは、このまま2週間も無視を継続することで、以前それをやった時は効果バツグンでした(が、あまりにも可哀想)。

    通常は、ウチの犬の場合、過ちを犯した時は丸一日程度、一家全員でムシです。餌あげて散歩は連れて行きますが、それ以外は何もしないし、声もかけない(撫でたりは絶対しない)。

    でも、こういう「事件」が起こると、そういう躾で良かったのか、ふと疑問も。幼犬の時に甘やかしすぎたのが悪いのですが(成犬になってからは、遊びと闘争の繰り返し^^;)。

    これ、人間の子供を教育する場合も同じでしょうね。

    最近多い、甘やかされて育った子が成人して殺人犯になってしまうような事件。ワンコとは言え、ああいう風にしてしまってはいけません。

    1つ大事なことはこちらが本気で切れないことでしょうかね。
    でも、ああ何回も飛び掛って襲われたら、怖いし、頭来ますし、対抗上、こちらも手数を出さざるを得ません。いやはや・・・。

    で、突然ですがそんな飼い犬に噛まれた時に聴く音楽(←は狭すぎるので、「バトルの後に聴く音楽」にしときます)はコレ!

    B00005NPJWs.jpg


    R. シュトラウス:ティル・オイレンシュピーゲルの愉快ないたずら他、ケンペ指揮/ドレスデンシュターツカペレ
    ↑試聴できます!
    大作「ツァラトゥストラはかく語りき」なども入ってこの値段!(1000円未満)

    人気のクラシック漫画「のだめカンタービレ」の中で、ヒロイン(マスコット)のだめ(野田恵)は、このティルのように悪戯っ子だと評されています。
    そうです、「のだめはティル」なんです。
    そしてウチのワンコもある意味、「のだめ」みたいなもんです。


    冒頭、のほほんと弦楽器が情景描写をすると、続いて出てくるのが、ヘンチクリンなホルンのソロ。いや、自分はこの部分でホルンという楽器がかなり好きになりました。おどけてて楽しいメロディです。あんな鈍重そうな楽器でこんなに軽やかな音が吹けるなんて、スゴイことです。

    同じフレーズがオーボエやクラリネットなどにも引きつがれ、だんだん曲は盛り上がります。この盛り上がる部分はティルに怒り狂う大人たちのよう。

    ティルの描写はなにもかも牧歌的で何か小バカにしたようなメロディで、Rシュトラウスという人はこんなにユーモアあるんだなーってほほえましくなる曲です。

    でも、このトンデモナイいたずら小僧ティルは、最後は断頭台で処刑されるんです。

    えーーー、じゃ、のだめ処刑されちゃうの??
    そして、ウチのワンコも??

    可哀想・・・。

    たしかに最後だけ不自然にオドロオドロシイ音楽になり、断末魔のようにティルのテーマがボヨヨヨーンと叫んで静かになってしまいますが、しかし、この曲から処刑なんて要素はあまり感じられないので、ご安心を~。

    っていうか、いろいろ頭に来ることするのに、結局憎めないって気持ちにさせてくれる音楽、それが「ティル~」なんです。

    やはりバトルの後にはいい音楽です!?



    スポンサーサイト


    一日一曲 | 00:32:14| Trackback(0)| Comments(2)
    コメント
    こんにちは、初めまして!
    今日飼い犬に噛まれたことを検索しててこちらのブログに
    ばったり遭遇です。
    噛まれたのは実家の母ですが、飼い犬はコーギーで・・・
    母は手と足が血まみれになり、かなり深手の傷を負いました。
    縫うほどではなかったものの、ショックが大きいです。
    コーギーってそういう性格なんでしょうか。。。
    もうこうなったらドッグトレーナーにでもつけようかなーと
    考えてたところです。
    なんとかなりませんかねぇ。
    2005-03-28 月 19:14:39 | URL | みい [編集]
    コーギーは・・・
    始めまして!
    お母様がコーギーに噛まれたとのこと。

    飼い犬として可愛がってるのに何で??

    って、ショック大きいですよね。。。
    お察しいたします。
    我が家もシツケ教室のようなところに行かせようと思いつつも、なかなか良さそうな所が見つからないです。

    最近気付いたんですが、うちのコーギーは夜にしか噛みません。夜、眠くなるとワケわからなくなって、そういう時にカンに触るような接し方をすると怒るのでしょうか。

    でも基本的には「オレ様犬」にしないことが一番のようです。

    我が家では噛まれた後は、しばらく完全ムシしてます。
    それから家のソファなどには座らせないようにしてます。人間と対等だと思わせないように。
    あと気をつけているのは、人間が食事を終えてから犬の分を与えています(帰宅が遅い人の分を除く)。

    まだまだ効果が上がっていないので十分とはいえないんですが、少しでもご参考になればと思います。

    それでは、またどうぞ書き込みしてくださいね。
    2005-03-30 水 01:33:04 | URL | タテラッツィ [編集]
    コメントの投稿
    管理者にだけ表示を許可する

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。