■PROFILE

タテラッツィ

  • author: タテラッツィ
  • 観たもの触れたもの、マンドリン音楽活動などについて、書いていきます。

    【告知】
    マンドリンオーケストラ“未完成』第11回演奏会
    2011年2月27日(日)浜離宮朝日ホール音楽ホール
    13時30分開場、14時開演
    シューベルト「未完成」、クルト・ヴァイル「小さな三文音楽」ほか。
    入場無料です。

    リベルテマンドリンアンサンブル2枚目のCD発売中!
    マンドリンオーケストラ編曲の最高峰と、新たな世界を切り拓いた委嘱作品を収録。

    指揮:中川賢一(Ken'ichi Nakagawa)
    マンドリン独奏:望月豪(Go Mochizuki)
    演奏:リベルテ マンドリン アンサンブル
       リベルテ マンドリン オーケストラ

    ご購入・お問い合わせはduende-juergaあっとまーくezweb.ne.jpまで!
  • RSS
  • ■RECENT ENTRIES
    ■CATEGORY
    ■ARCHIVES
    ■RECENT COMMENTS
    ■RECENT TRACKBACKS
    ■LINKS
    スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。


    スポンサー広告 | --:--:--| Trackback(-)| Comments(-)
    スフィーダの週末
    明日は日曜日なのに朝5時起きでオシゴト(T_T)

    貴重な休日を引き篭もって過ごすのも、モッタイナイ!

    つーことで、今日の夜はスフィーダさんの演奏会を聴いてきました。
    横浜までクルマを飛ばしてきました(with KMD氏)

    ホームページをご覧になれば、大体のことはおわかりになると思いますが、スフィーダは2004年に結成した新しいマンドリン集団(合奏団ではないんです!)なのに、これで早くも3回目のコンサート。精力的な活動が光ります。

    このスフィーダさんの最大の特徴は、マンドリンコンサートのほとんどに共通の「合奏・アンサンブル」という形態を取っていないことです。

    中心は独奏(あるいは2重奏)で、最後の曲とアンコールだけが全員(6人)での合奏という形でした。

    そういう点ではまず形態からして非常にユニークな音楽集団ということができると思います。

    合奏と独奏、どちらがより魅力的か?と言ったら、それは、その人の好き好きであるとしか言い様がない話だと思いますが、どちらがより難しいかと言ったら、それはやはり独奏って、お客さんがその人の音しか聴いてないわけだし、少なくとも誤魔化しが効かないという点においては、独奏の方がはるかに難しいですね(曲作りという観点では合奏も多人格の個性をまとめあげる難しさがありますが)。

    で、独奏する人がこれだけ集まっているということは、それだけ個の力量のある人が集まっているんだろう、それってスゴイことだな~。

    すると、一部の方については聞いてはいましたが、自分は意外にも出演者6人、全員顔見知りでした!(笑)

    もちろん知人と言っても、1~2度話した程度の方も知人と言ってしまう、売れてきた芸能人の遠い親戚現象のようなもんですけど(^_^;)

    で、結果から言うと、聴きに行ってホントに良かったです!
    大満足!!

    ただ、何というか、知ってる方が多いだけに「あ~良かった!」だけでは済みませんね。

    かなり刺激受けました。

    ドリンもドラもギターもみんな上手かったです。
    ドリンのW君の美しいトレモロ、ドラのK君のしっかりしたいい音、hysmさんの超絶技巧と熱気が共存した熱演(曲もいいと思いました)、K君のドラの粒の立った音、ギターのI君の難所を難所とも思わせないテクニック。

    どれもこれも素晴らしい。

    でも、今回自分が一番印象に残ったのは、やはり同じ楽器として、マンドロンチェロの独奏。演奏者はKさん。

    始まったとたん、あまりの音圧と音の色気に圧倒されてしまいました。

    うーん、どうやったらあんな迫力がありながら美しい音が出せるのだろう・・・。

    稲友マンドリンが終わり、少しマンドリン弾くことに1区切りついた~、みたいな感じの日々が続いてましたが、今日、この演奏会を聴いて、すぐにでも練習したくなりました。

    なまじプロの演奏会なんかに行くと、別世界の出来事として演奏会を聴いてしまうので、別に楽器奏者として刺激を受けるってわけでもなかったりするんですが、自分の知人の範囲でこれだけいいものをやられると、同じく小規模の演奏会を企画している、我らがles Cinqも、燃えないわけには行きませんね!

    恥ずかしくない演奏ができるよう、頑張ります。

    2005/3/12(土) 18:00開場 18:30開演
      大倉山記念館ホール  (東急東横線大倉山駅より5分) 入場無料


    ギター独奏
      そのあくる日 ................................... R.ゲーラ
     ファンタジア ................................. A.ムダーラ
      さくらの主題による変奏曲 ....................... 横尾幸弘
       
    マンドリン独奏
      セレナータ ..................................... 中野二郎
      バレエの情景 ...................... C.A.ベリオ/C.ムニエル

    マンドラ独奏
      無伴奏チェロ組曲 第1番 ...................... J.S.バッハ

    マンドロンチェロ独奏
      エレジー ....................................... フォーレ
      アディオス・ノニーノ ........................... ピアソラ

    マンドリン二重奏
      ウィーン我が夢のまち ........ R.ズィーチィンスキー/青山忠

    マンドリン・マンドラ二重奏
      ホール・ニュー・ワールド ........................ /青山忠 

    アンサンブル
      music for play ............................... マンドニコ 他

    12日(土)夜
    ロイヤルホストで食事

    12marchdinner1s.jpg


    イタリアンセット。
    これ以外に小さなラザニアと野菜スープ、デザートが付きます。

    desserts.jpg


    これはdesert
    付きません(寒冷前線急速接近中)

    ええと、dessertです。
    (この間違い、昨年の夏、モロッコのサハラ砂漠でアドレス交換したスロヴェニア人に言われました。情けない。。。)

    で、これです。
    12marchdinner2s.jpg


    ≪一日一曲 for“未完成』6th≫

    オネゲル/夏の牧歌



    ボド指揮チェコフィルハーモニー管弦楽団

    8分ほどで静かでゆったりとしたテンポの曲。
    しかし細かい所でテンポはずいぶん伸び縮みしています。

    これは、編成と内容を考えると“未完成』にベストですね。

    弦主体の管弦楽曲ですが、木管もかなり活躍します。

    甘ったるくならずに美しい、キレイな曲。
    キャッチーさと崇高な感じのバランスがちょうどいいかもしれません。
    こんなにいい曲、どうして埋もれてしまうのでしょう。
    もったいない!

    これも既に“未完成』選曲幹事会に出品済みです!
    スポンサーサイト


    マンドリン合奏 | 01:00:01| Trackback(0)| Comments(0)
    コメント
    コメントの投稿
    管理者にだけ表示を許可する

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。