■PROFILE

タテラッツィ

  • author: タテラッツィ
  • 観たもの触れたもの、マンドリン音楽活動などについて、書いていきます。

    【告知】
    マンドリンオーケストラ“未完成』第11回演奏会
    2011年2月27日(日)浜離宮朝日ホール音楽ホール
    13時30分開場、14時開演
    シューベルト「未完成」、クルト・ヴァイル「小さな三文音楽」ほか。
    入場無料です。

    リベルテマンドリンアンサンブル2枚目のCD発売中!
    マンドリンオーケストラ編曲の最高峰と、新たな世界を切り拓いた委嘱作品を収録。

    指揮:中川賢一(Ken'ichi Nakagawa)
    マンドリン独奏:望月豪(Go Mochizuki)
    演奏:リベルテ マンドリン アンサンブル
       リベルテ マンドリン オーケストラ

    ご購入・お問い合わせはduende-juergaあっとまーくezweb.ne.jpまで!
  • RSS
  • ■RECENT ENTRIES
    ■CATEGORY
    ■ARCHIVES
    ■RECENT COMMENTS
    ■RECENT TRACKBACKS
    ■LINKS
    スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。


    スポンサー広告 | --:--:--| Trackback(-)| Comments(-)
    ミヨーを聴いて見よう
    タイトルご覧になった皆様

    お願い!ブタないで~。。。

    今日は“未完成』の第6回演奏会に向けての実質第1回目の選曲会(以前、プレ会みたいなのはやった)。

    今日は1曲も決まらず。いやウチの団は合議制なので、選曲にしろ運営にしろ、決定にイチイチ時間かかるんです。でも時間かけた分だけメンバーのコンセンサスが得られた結論を出せていると確信しております。

    本当は慶応高校さんの定期演奏会、聴きに行きたかったんですけどね、、、残念!

    コンマスの人とかチェロのトップの人などは、某団を通じての知人だし、相当頑張ってたようなので、自分としても聴きに行くのを楽しみにしておったのですが・・・。

    明日はやはり知人が出演するアマディアンサンブルさんの演奏会。

    今、自分がかかっていると思われる病気は、疲労を溜めてはいけないようなので、3連休のうち1日は外出せずにゴロゴロしてようかとも思うのですが、明日の午前中の体調次第で聴きに行くかどうかを決めさせてください~。

    あ、でも明日、銀座ヤマハにミヨー「プロヴァンス組曲」のスコアを買いに行かねばならんのでした~。

    というわけで、
    今日の【一日一曲 for“未完成』6th】

    milhaudprovinces.jpg



    ミヨー:プロヴァンス組曲

    プレートル指揮モンテカルロ管弦楽団



    ↑ご購入はコチラ(試聴できます!

    自分の切り札的な1曲!
    昨年からこの曲をやろうやろう!と提案し続けております。

    実はこのプレートル盤は持ってなくて、自分が持ってるのはミヨー自身が指揮している自作自演盤。

    この演奏ほどテンポ速くないです。っていうかプレートルって、何でもかんでもテンポ速過ぎじゃないっすかね??

    8曲からなるこの組曲は、ミヨーの故郷、南仏プロヴァンス地方に思いを寄せて書かれた曲です。

    それぞれの曲がプロヴァンス地方の民族音楽を素材にして作られているのです。

    曲はとても破天荒で不協和音に満ち溢れ、しかしそれがシェーンベルクなどのように内向的な音楽にはならず、ある意味アタマおかしい?ってくらいあっけらかんと明るく響きわたります。ポップでキャッチー。クラシックとジャズとポップがジャンルとして未分化だった時代の音楽っていう感じ。

    チャップリンの映画に使われている音楽に近いものがあります(たしか、実際にミヨーの曲がチャップリン映画で使われていたように思います←未確認情報)

    “未完成』で昨年演奏したクルト・ワイルの「三文オペラ」の音楽も、ほとんど同じ時代ですね。
    文化的に同じバックボーンを持つ音楽だということがよくわかります。

    ミヨーはフランス六人組の一人。
    もしこのブログを以前からお読みいただいてたならば、もはや説明不要でしょう!?ワタクシの「ツボ音楽」です、フランス六人組。

    20世紀前半という世相の中で、いろんなものをうまく取り入れていた人たち。

    しかし六人組には共通する音楽テーゼなどはなく、単なる「仲良しグループ」だったようですが。。。

    「新古典主義」「ヌーヴェルバーグ」「ダダイズム」「ロシアンアバンギャルド」、そんな言葉に密接に絡んできます。文化史をよく勉強してないとあまり突っ込んだことは書けませんので、ここらで逃げときます。。。

    ミヨーの代表作としては、

    バレエ音楽「世界の創造」
    「ブラジルの郷愁」
    「スカラムーシュ」
    「屋根の上の雄牛」
    木管五重奏曲「ルネ王の暖炉」

    比較的有名なのはこのヘンでしょうか。

    なんだか気ままに作曲したような所がちょっとダダイズム入っていて、でも民族音楽の素材が入っていたり、20世紀前半において、前衛音楽という意識を持たずに新しさを持った音楽を書いた人として、大変貴重な存在でしょう。


    スポンサーサイト


    音楽全般 | 01:30:50| Trackback(0)| Comments(0)
    コメント
    コメントの投稿
    管理者にだけ表示を許可する

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。