■PROFILE

タテラッツィ

  • author: タテラッツィ
  • 観たもの触れたもの、マンドリン音楽活動などについて、書いていきます。

    【告知】
    マンドリンオーケストラ“未完成』第11回演奏会
    2011年2月27日(日)浜離宮朝日ホール音楽ホール
    13時30分開場、14時開演
    シューベルト「未完成」、クルト・ヴァイル「小さな三文音楽」ほか。
    入場無料です。

    リベルテマンドリンアンサンブル2枚目のCD発売中!
    マンドリンオーケストラ編曲の最高峰と、新たな世界を切り拓いた委嘱作品を収録。

    指揮:中川賢一(Ken'ichi Nakagawa)
    マンドリン独奏:望月豪(Go Mochizuki)
    演奏:リベルテ マンドリン アンサンブル
       リベルテ マンドリン オーケストラ

    ご購入・お問い合わせはduende-juergaあっとまーくezweb.ne.jpまで!
  • RSS
  • ■RECENT ENTRIES
    ■CATEGORY
    ■ARCHIVES
    ■RECENT COMMENTS
    ■RECENT TRACKBACKS
    ■LINKS
    スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。


    スポンサー広告 | --:--:--| Trackback(-)| Comments(-)
    一日一筆
    2005年3月26日(土)の出来事メモ

    (1)病院へ
    先週とは違う病院へ。諸条件を考慮して、東京都心近くのJ大学病院(箱根駅伝でも有名なところ)へ行きました。

    前の病院よりも少々厳しいことを言われ、ちょっと落ち込みました。

    ・尿検査の結果がかなり悪い
    ・10日前後の入院の後、検査結果によっては2~3か月入院する可能性もある

    後者が特にショック!仕事、どうすんねん?マンドリン、特にles Cinqどうすんねん!!

    10日の入院とは全く別個の治療をするものなので、退院後、時期を決めてからでもいいそうですけど。

    今日、出演予定だったマンドリンオケの演奏会のうち、2つキャンセルさせていただくことを決めました。関係者の方には、明日にはメールさせていただきます。申し訳ありませんが、なにとぞご了承くださいませ。

    (2)ゴッホ展
    病院の近くで最近始まったばかりのゴッホ展をやっていたので、観てきました。

    閉館まであまり時間がない時に行ってしまったので、かけ足で絵だけを観て、壁に掲示してある説明文などはほとんど無視。

    古典的絵画ってのは、どうしても感性だけでなく知性の側面もあるので、こうしたウンチクは必要不可欠。ゴッホってのは特に、故郷オランダ→パリ(印象派との出会い)→南仏アルル→サンドニ(ゴーギャンとの共同生活、耳切り事件)と移住する過程で作風が変化していくというのが外せないポイントだと思います。

    というわけで、そこらへんが解説されている図録を購入してきました。

    展覧会に行って「図録」を買うかどうかって、迷う人、非常に多いと思うんですが、自分の場合の判断基準は、今回のように必要性の有無、それから感動の度合いで決めますね。

    このゴッホ展は、もう少し人が少なければ+10点ですが、一応感銘度としては70点としておきますか(偉そうだな、オイ)。


    (3)指揮者なし第9演奏会イン紀尾井ホール
    その名もTHE Orchestral PROJECT

    指揮なしで第9を演奏してしまうものすごいプロジェクト。
    素晴らしかったです。

    1・2楽章のテンポの速さ(ジンマン指揮トーンハレ管弦楽団並み。ベーレンライター版で演奏してた?)
    3楽章の心地よいハーモニーと決して停滞せずに前に流れていくアンサンブル
    4楽章、ゲネラルパウゼ以降のテノール独唱が入る直前から急にテンポが落ち、オケのピッチリしたアンサンブルが聴けたこと

    自分はアマオケの演奏会って、ほとんど行ったことないんですが、やはり日ごろ思っている「プロにはできない何か」ができているアマチュアの演奏っていうのは、行った甲斐があったなーとうれしくなりますね。

    少々、ピッチが怪しいパートがあったのと、冒頭のブラームス「悲劇的序曲」がテンポを置きにきていた(お互い聴きあった結果、お見合い状態になり、音楽が生成発展しなくなっているような状態)感じだけがもったいないかな、と思いました。

    指揮なしアンサンブルで一番難しいのって、この部分ではないでしょうかね?指揮が演奏の「総論」を示してくれるわけではないので、奏者がその分をカバーし合うことに神経を使うので、「攻撃的に」演奏しにくくなります。他パートをちゃんと聴かないと話にならないので、パートバランスは良くなりますけど。

    でもこの団体はそのあたりの問題をほとんど感じさせない。すごいです。プロで指揮なしオケとして有名なアメリカの「オルフェウス室内管」なんかは、はっきり言って聴いてて幾多の不満を感じるのですが、、、。めちゃくちゃウマイことはウマイけど。

    ともあれ、非常に勉強になりました。

    (4)呑み
    演奏会の後、チケットを手配いただいたロー○マニア様と四ツ谷で呑みました。
    なかなか楽しいひと時を過ごさせていただきました。

    ただ、やはり飲み屋のツマミは、今後もうダメかもしれません。今日は揚げ物をゼロにするなど、飲み屋で食べる割にはかなり気を使ったのですが、でもこういう生活を毎日続けると。。。

    あぁ...夜更かし禁物!
    もう寝ます。最低でも6時間睡眠確保!!(今後はたとえ遅刻してでも6時間眠り切るまでは目覚めないことにしました、なんて^_^;)
    スポンサーサイト


    未分類 | 02:06:34| Trackback(0)| Comments(0)
    コメント
    コメントの投稿
    管理者にだけ表示を許可する

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。