■PROFILE

タテラッツィ

  • author: タテラッツィ
  • 観たもの触れたもの、マンドリン音楽活動などについて、書いていきます。

    【告知】
    マンドリンオーケストラ“未完成』第11回演奏会
    2011年2月27日(日)浜離宮朝日ホール音楽ホール
    13時30分開場、14時開演
    シューベルト「未完成」、クルト・ヴァイル「小さな三文音楽」ほか。
    入場無料です。

    リベルテマンドリンアンサンブル2枚目のCD発売中!
    マンドリンオーケストラ編曲の最高峰と、新たな世界を切り拓いた委嘱作品を収録。

    指揮:中川賢一(Ken'ichi Nakagawa)
    マンドリン独奏:望月豪(Go Mochizuki)
    演奏:リベルテ マンドリン アンサンブル
       リベルテ マンドリン オーケストラ

    ご購入・お問い合わせはduende-juergaあっとまーくezweb.ne.jpまで!
  • RSS
  • ■RECENT ENTRIES
    ■CATEGORY
    ■ARCHIVES
    ■RECENT COMMENTS
    ■RECENT TRACKBACKS
    ■LINKS
    スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。


    スポンサー広告 | --:--:--| Trackback(-)| Comments(-)
    夜半の目覚め
    今日は21時には帰宅していたんですが、夕食を食べた直後、気付いたら4時間ほど眠ってしまってました。。。

    こんな時間(午前2時半)に目覚めても中途半端やねえ。

    楽器も弾けないし、音楽だって大きな音では聴けない(ヘッドフォン付けて聴くほどの気合も出ない)。テレビだってめぼしいもんは、やってない。

    DVDで映画なんか観ちゃったら明け方になって明日ツライし。

    っていうかほとんど自覚症状ないとは言え、一応「病人」なんだからおとなしく寝ろ!

    って感じ?

    そんなワケで

    【一日一曲】
    夜中に突如目覚めた時に聴く音楽

    utidasyubert.jpg


    シューベルト:ピアノソナタ第7番(ピアノ:内田光子)

    最近、なんか国の褒章も受けてた大御所クラスのピアニスト内田光子ですが、彼女の弾くシューベルトは波立つ部分がまるでない穏やかで静かな演奏。

    自分は普段でもピアノを聴くとき、あまりに奏者の強い自我が聴こえてきてしまうと辟易してしまうんです。チャイコとかのロマン派のピアノコンチェルトなんかで、「悪辣な」意思が介在された演奏を聴いた日にゃ気分悪くなります。そりゃあもう、そのピアノが上手ければ上手いほど、むかつくってもんです(笑)

    でも、この内田光子のシューベルトのような演奏であればそういうことは全くなく、ボーっとしているアタマにも違和感なく染み込んできます。

    でも決してBGM的なヤワな演奏じゃなくて、非常に「悪辣」ではない意思の強さは感じられる演奏なので、聴いてるうちにコンサートホール(スタジオ?)にピアノが置かれた状態が網膜に浮かんできます。シューベルトのソナタなんて、めちゃ地味ですけど、意外と?感動してるかもしれない。

    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

    ローマ法王亡くなりましたね。彼の出身地、ポーランドのクラクフに行った時に、街の露天に彼の肖像画がいっぱい売られていて、そういうモノに興味なさそうなギャルっぽいお姉さんが肖像画を手に取って神妙な顔つきで眺めていたことを思い出しました。「ローマ法王」という地位だからじゃなくて、本当に誰からも愛された「聖人」なんですね。

    プロ野球始まりましたねー。われらが「阪神タイガース」はまあまあ好調ですねえ。しかし今年の阪神はあまり活気がない感じが。。。戦力は優勝した時に負けないくらいイイ感じなんだろうけど。監督の差?
    なんか楽天にも頑張ってほしいですけど、マイナー落ち決定の中村ノリ取るってのはちょっと気になります。

    高校野球、愛工大名電優勝ですか。イチローと工藤の母校。ってか愛知県、元気過ぎでちょっと嫉妬します。。。
    スポンサーサイト


    未分類 | 03:32:38| Trackback(0)| Comments(0)
    コメント
    コメントの投稿
    管理者にだけ表示を許可する

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。