■PROFILE

タテラッツィ

  • author: タテラッツィ
  • 観たもの触れたもの、マンドリン音楽活動などについて、書いていきます。

    【告知】
    マンドリンオーケストラ“未完成』第11回演奏会
    2011年2月27日(日)浜離宮朝日ホール音楽ホール
    13時30分開場、14時開演
    シューベルト「未完成」、クルト・ヴァイル「小さな三文音楽」ほか。
    入場無料です。

    リベルテマンドリンアンサンブル2枚目のCD発売中!
    マンドリンオーケストラ編曲の最高峰と、新たな世界を切り拓いた委嘱作品を収録。

    指揮:中川賢一(Ken'ichi Nakagawa)
    マンドリン独奏:望月豪(Go Mochizuki)
    演奏:リベルテ マンドリン アンサンブル
       リベルテ マンドリン オーケストラ

    ご購入・お問い合わせはduende-juergaあっとまーくezweb.ne.jpまで!
  • RSS
  • ■RECENT ENTRIES
    ■CATEGORY
    ■ARCHIVES
    ■RECENT COMMENTS
    ■RECENT TRACKBACKS
    ■LINKS
    スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。


    スポンサー広告 | --:--:--| Trackback(-)| Comments(-)
    飲み会におけるアメリ的「一善」
    今日は職場の歓送迎会。

    2次会のカラオケルームから駅まで全力疾走して終電にギリで飛び乗ったという危ない一日でしたよ。やれやれ。

    職場の飲みってのは、以前も書いたことありますが、自分的には「シノギ」だと思っております。「シノギ」はちょっと言いすぎにしても、これは自分自身が楽しむものではなく、あくまでシゴトの一環であると。

    以前は職場の飲み会っていうと、「あーめんどくせーー!!」って感じでしたが、「仕事」と割り切ってからは、全然苦でもないですね。

    自分の仕事は普段から多分に「秘書」的側面があるのですが、飲み会はますます、その度が増します。

    というよりは人への気配りですね。

    例えば、カラオケでは、すごく上手くて癒される声で歌い、みんなが「この人の歌、聴きたい!」って思ってるのに、非常に遠慮がちでなかなか曲を入力しようとしない人(女)がいるんですが、その人が気付かれない所で、勝手にその人の十八番曲を自分が入れてしまうとか(それは気配りなのか??)。

    酔い過ぎでセクハラ及び上司への無礼講モードに入ってしまったキケンな先輩(男)のカラダを無理矢理引っ張って部屋の端の方へ連れていき、そのまましばらくその人の話し相手になってたり。

    そんな風な、人というか全体への気配りばかりしてるうちに、私の飲み会は終わってしまいました。。。

    ま、こういうのって、ちょっとした「一日一善」じゃない?

    んなこたーないか。


    でも、まあそんな感じだから、いくら呑んでも全く酔いませんし、気持ち良くなってついついヘンなことををペロっとすべらすようなヘマもまずしませんね。

    で、今日は人事異動で他の部署へ出て行ってしまった人たちと会える最後の機会。まあまだこれからも転職などしない限り、会うことはいくらでもあるんでしょうけど、でもちょびっと寂しかったなぁ。

    そこで、自分はまたもや余計なお世話かもしれないけど、ちょこっと「一善」してみました。

    ウチの課長は歌が大好きなのに、正直言ってヘタクソ。
    で、そのことはご本人が一番気にしてるようで、もともと歌好きなのに、遠慮して全然曲を入れようとしない。

    そこで、自分は課長のところへ行き、

    「課長~!歌いましょう!!今日でお別れの人たちのために!!!」

    最初は渋ってた課長もそれでしぶしぶ「贈る言葉」を歌ったのでした。このチョイスは最高でしたね。歌が上手い下手なんてカンケーありません。

    「我らの課長がみんなを送り出す歌を心を込めて歌った」

    その事実が重要なんです。すごいベタな曲ではありますが、聴いててちょっと感動してしまったし。

    ただ、、、、


    その後続けて課長はサザン「Ohクラウディア」と「マツケンサンバ2」を連続して歌ったのでした。味をしめたらしぃ。。。

    その模様はさながらジャイアン歌謡ショーであったとか(ウソです、すみません課長)。

    おかげで終電ギリギリ。←自業自得

    で、自分は何を歌ったか?




    パフィーです(マジ)。

    自分で言うのもなんですが、たぶん自分はマジで歌えば、歌はそんなに下手な方ではない。まあ上手くもないけど、遊ばなきゃまあ普通に歌えます。

    でもね、パフィーって。。。
    この選曲チョイスだけが唯一、「シゴト」モードじゃなかったかも(笑)
    スポンサーサイト


    未分類 | 01:26:21| Trackback(0)| Comments(0)
    コメント
    コメントの投稿
    管理者にだけ表示を許可する

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。