■PROFILE

タテラッツィ

  • author: タテラッツィ
  • 観たもの触れたもの、マンドリン音楽活動などについて、書いていきます。

    【告知】
    マンドリンオーケストラ“未完成』第11回演奏会
    2011年2月27日(日)浜離宮朝日ホール音楽ホール
    13時30分開場、14時開演
    シューベルト「未完成」、クルト・ヴァイル「小さな三文音楽」ほか。
    入場無料です。

    リベルテマンドリンアンサンブル2枚目のCD発売中!
    マンドリンオーケストラ編曲の最高峰と、新たな世界を切り拓いた委嘱作品を収録。

    指揮:中川賢一(Ken'ichi Nakagawa)
    マンドリン独奏:望月豪(Go Mochizuki)
    演奏:リベルテ マンドリン アンサンブル
       リベルテ マンドリン オーケストラ

    ご購入・お問い合わせはduende-juergaあっとまーくezweb.ne.jpまで!
  • RSS
  • ■RECENT ENTRIES
    ■CATEGORY
    ■ARCHIVES
    ■RECENT COMMENTS
    ■RECENT TRACKBACKS
    ■LINKS
    スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。


    スポンサー広告 | --:--:--| Trackback(-)| Comments(-)
    いろいろある土日
    この土日の行動

    土曜日
    大昔からの腐れ縁であるマンドラ弾き甘栗三年の引越し手伝いイン目黒

    目黒川で今季最初で最後の?お花見~with甘栗・tgsk・鍋・青たぬき+中目黒でイタメシ

    日曜日
    “未完成』選曲会ファイナル?10:30-14:30
    les Cinq練習 15:00-21:00

    ともに江東区

    やはり予定入れすぎでは?

    ・その他
    今晩、家で
    映画「ドラえもんーのび太のワンニャン時空伝」
    映画「スパイゾルゲ」

    を観ました。

    ドラえもんは起きてすぐに、ゾルゲは帰宅後すぐに観ました。

    映画なんて観る時間ねーよ!って普段は思いがちですが、その気になれば案外デキルもんですね~。

    最近のドラえもんは、こんなに画面がキレーになってるのか!?ってビックリしました。
    なんだかんだ言って、ドラえもんはおもろい。

    スパイゾルゲは映画そのものとしては、信念を持って生きた男たちの運命と皮肉がよく描かれていると思いました。

    ゾルゲたちの活動というのは、単に情報収集に留まらず、当時の日本政府の行動決定にも大きな影響を与えていたのです。

    それは結果的にも目的としても、結局ソ連にとって都合の良いものであったことを考えれば、彼らの活動というのは、反戦平和でも何でもない単なる共産主義運動とも見ることができます。

    しかし、現場レベルで彼らはイデオロギーなんてものを超えて、当時のとち狂った世界情勢を改めるために、命を賭けて戦っていたと言うことも、この映画で観る彼らからは伝わってきました。

    しかし、そのへんはやはり「映画」という媒体だけで深く理解することは無理ですね。

    ノンフィクションモノにおける映画の役割というのは、その対象物に人々が興味を持つためのきっかけ作りなんですかね?映画の出来にもよるでしょうけど。その先の考察を深めるには、どうしたって幾冊もの書籍の読破が必要不可欠になることでしょう。まして、このような複雑な話であれば尚更そうでしょうね。

    この映画では、ラストシーンでジョン・レノンの「イマジン」を流し、歌詞をテロップにすることで、彼らの行動の源泉が「イマジン」のような反戦平和を希求する希望から生まれたものであることを1つの結論として示します。ゾルゲが何者であったとしても、最終到達点としての「平和」は当然彼も望んでいたのでしょう。そういう点で、この解釈はイデオロギーなどの複雑な話抜きにして、ある1つの「正解」であるということはできると思います。

    彼らが情報を流し続けた主、ソビエト連邦がゾルゲが死刑になった約50年後に崩壊し、レーニン像が倒される映像やベルリンの壁が壊されるシーンが映されます。ベルリンの壁崩壊のシーンをゾルゲの日本における愛人がテレビで見守る場面があり、「貴方は私なんかの愛人ではなく、もっと大きなもののために生きた人なのね」といったことをつぶやきます。

    彼らが倒そうとしたファシズムのドイツや日本は1945年に倒され、彼らが死ぬ気で支えようとした共産主義ソ連も1990年代初頭には崩壊します。残ったアメリカもイスラムとの戦いの中でその正当性に疑問符が付けられ始めています。

    結局、当時、ゾルゲがどんな国・思想を支持していたとしても、今となっては仇花なんです。自分がこの映画の感想の冒頭に「皮肉」と書いたのは、そういう理由からです。

    そんな時代の今、我々がゾルゲ事件に学ぶものはあるんでしょうか?

    悲しいかな21世紀の現在においても、スパイは世界中、そしておそらくこの日本国内にも多数いることでしょう。

    もしかしたらゾルゲの教訓は、現在スパイ活動をしている組織・人々に対して、何か訴えるものがあるのかもしれませんね。
    スポンサーサイト


    未分類 | 02:57:14| Trackback(0)| Comments(0)
    コメント
    コメントの投稿
    管理者にだけ表示を許可する

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。