■PROFILE

タテラッツィ

  • author: タテラッツィ
  • 観たもの触れたもの、マンドリン音楽活動などについて、書いていきます。

    【告知】
    マンドリンオーケストラ“未完成』第11回演奏会
    2011年2月27日(日)浜離宮朝日ホール音楽ホール
    13時30分開場、14時開演
    シューベルト「未完成」、クルト・ヴァイル「小さな三文音楽」ほか。
    入場無料です。

    リベルテマンドリンアンサンブル2枚目のCD発売中!
    マンドリンオーケストラ編曲の最高峰と、新たな世界を切り拓いた委嘱作品を収録。

    指揮:中川賢一(Ken'ichi Nakagawa)
    マンドリン独奏:望月豪(Go Mochizuki)
    演奏:リベルテ マンドリン アンサンブル
       リベルテ マンドリン オーケストラ

    ご購入・お問い合わせはduende-juergaあっとまーくezweb.ne.jpまで!
  • RSS
  • ■RECENT ENTRIES
    ■CATEGORY
    ■ARCHIVES
    ■RECENT COMMENTS
    ■RECENT TRACKBACKS
    ■LINKS
    スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。


    スポンサー広告 | --:--:--| Trackback(-)| Comments(-)
    私は私自身に対してドアを閉ざす
    新しい投票を始めました!!
    初めて音楽を離れてみました。
    誰にでもとっつきやすい内容だと思いますので、ぜひぜひぜひ~!!

    それに伴い終了した投票「好きな指揮者は?(現役のみ)」の結果が出ました!

    結果発表です!!

    と言っても、実は今回、投票総数がすげー少ない。。。
    現代には「巨匠指揮者」がほとんどいなくなってしまい、日々ライブへ足しげく通っているような方は別として、多くの皆さんにとっては、あまり馴染みがない指揮者が多いのかもしれませんね。

    いきなり第3位!

    デュトワ・ギーレン・小澤・ムーティ・エッシェンバッハ
    (1票/9.1%)


    小澤が1票ってのは、ちょっと意外でしたね。
    なんちゅーか、ここがヨーロッパならこんなもんで妥当?って感じの順位でしょうか。

    第2位!!

    ゲルギエフ
    (2票/18.2%)


    カリスマ亡き時代といわれる昨今、珍しく強烈なオーラを感じる指揮者。自分もこの指揮者のナマは5回ほど行ってますが、十分元は取らせてくれます。


    そして第1位は!!!

    ぶっちぎりでした。
    スクロヴァチェフスキー
    (4票/36.4%)


    ええーーー?意外!!お茶の間レベルではまず知られていないクラヲタご用達指揮者が、第一位でいいのだろうか、、、?なんて(笑)

    ですが、二重投稿はできない筈なので。

    白状すると、その4票のうち1票はワタクシなのですが(笑)
    それを抜いても堂々の1位ですね。
    いくら今、来日中だからって、こんなに熱いとはね(4票しかないけど)。

    歴史上有数、そして現代ナンバーワンのブルックナー指揮者。そしてもともとは、ポーランドを代表する作曲家の1人でもありました。
    アメリカでは名前が長すぎる!ってんで、ミスターSなる珍妙なニックネームが付けられています(最近は日本でも定着しつつありますが)。

    -------------------------------------------------------

    今日は渋谷Bunkamuraのミュージアムで始まったベルギー象徴派展へ行って来ました。

    tirasi.jpg


    「ベルギー象徴派」って、どないやねん??

    そうお思いの方がきっと多いと思うのですが、一言で言うと、

    産業化とともに人間疎外も進行する中で、そこから逃避するごとく幻想的な別世界を追い求めた画家たち。

    フランスで起こったこの運動の一大メッカだったベルギー。
    なかでも古都ブルージュがその拠点でした。
    「死都ブルージュ」っていう小説でも有名なこの街は、中世には貿易で栄えた港町だったのですが、海流の変化によりその役目を終え、数百年もの間ずっと忘れられた「死都」と化していたのです。
    そのことは逆に中世の面影をそのまま残すこととなり、19世紀末に至って、急に芸術家たちの関心を呼び起こしたというわけです。
    現在でもこのブルージュはベルギー隋一の観光都市として知られています。

    そんなブルージュに行きたい!!

    と、またしても旅行熱が沸いた一日でした(^^;)

    しかし、肝心の絵画も、自分はこの流派の代表的画家クノップフの絵が大好きで、魅せられましたよ。

    ちなみに自分が一番好きなクノップフ作品は、今回の展覧会には来なかったんですが、↓の私は私自身に対してドアを閉ざすです。

    khno03.jpg

    "I Lock My Door Upon Myself" Fernand Khnopff 1891

    ↑絵の全貌を観るには、クリックして別ウインドウでご覧くださいませ

    クノップフはこの絵に出てくる女性のことが好きなんです。でもその女性とは終生、結ばれることはありません。この女性の目は冷たくこちらを睨み、よく見ると左手に指輪をしていることがわかります。また、女性の前にある3本の花は枯れています。絵のトーンの暗さも相まって、絶望感漂う絵です。
    ちなみに絵の背景にある運河はクノップフの出生地でもある死都ブルージュなのでした。

    そう、この女性は既にある男性と婚約済みなのでした。
    そしてまた、この女性は、クノップフの実の妹だったのです!

    自分にも妹いますが、別にそういうことでこの絵がいい!って言ってるわけじゃないので、誤解なきよう。。。

    しかし、この世紀末不条理世界、何ともいえない美しさに満ちているじゃないっすか?
    クノップフが愛した色は青。
    この絵画に出てくる青は、どれもこれもホントに寒々しい色してます。
    スポンサーサイト


    未分類 | 00:09:44| Trackback(0)| Comments(0)
    コメント
    コメントの投稿
    管理者にだけ表示を許可する

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。