■PROFILE

タテラッツィ

  • author: タテラッツィ
  • 観たもの触れたもの、マンドリン音楽活動などについて、書いていきます。

    【告知】
    マンドリンオーケストラ“未完成』第11回演奏会
    2011年2月27日(日)浜離宮朝日ホール音楽ホール
    13時30分開場、14時開演
    シューベルト「未完成」、クルト・ヴァイル「小さな三文音楽」ほか。
    入場無料です。

    リベルテマンドリンアンサンブル2枚目のCD発売中!
    マンドリンオーケストラ編曲の最高峰と、新たな世界を切り拓いた委嘱作品を収録。

    指揮:中川賢一(Ken'ichi Nakagawa)
    マンドリン独奏:望月豪(Go Mochizuki)
    演奏:リベルテ マンドリン アンサンブル
       リベルテ マンドリン オーケストラ

    ご購入・お問い合わせはduende-juergaあっとまーくezweb.ne.jpまで!
  • RSS
  • ■RECENT ENTRIES
    ■CATEGORY
    ■ARCHIVES
    ■RECENT COMMENTS
    ■RECENT TRACKBACKS
    ■LINKS
    スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。


    スポンサー広告 | --:--:--| Trackback(-)| Comments(-)
    久々にこのブログの初心に戻る
    今週末の予定

    23日(土)
    午後 通院
    夕方~ マンドリンオケ、リベルテの総会出席

    24日(日)
    午後 小林研一郎指揮/日本フィルの演奏会(サントリーホール)を聴きに行く

    合間をぬって、レンタル中のDVD「パリ・ルーブル美術館の秘密」他を観る予定

    そんなにハードじゃない、かな?

    --------------------------------------------------------

    給料が出たので、CDを購入してきました。
    そうそう、このブログの当初の目的は、毎日1枚のCD(1つの曲)を取り上げて、ツラツラと想いを書くという趣旨のはずでした。
    今や、全く違う展開に(汗)

    まー、自然のなりゆきに任せやしょーー。
    でも今日は久々に原点回帰。

    ショパン/ポロネーゼ集(2枚組)
    (ピアノ→1枚目:ポリーニ、2枚目:アルゲリッチ・ウゴルスキ)




    マンドリン弾きでクラシック聴く人って、多くはオケ曲(あるいはギター曲)に偏りがちな傾向があるように思います。

    なんてヒトゴトモードのワタクシこそが、その最たるものだったんですが、大学を卒業して、3年近く楽器から離れていた時期に、「演奏のための」「選曲のための」「勉強のための」音楽鑑賞という呪縛から離れて、かなり自由にいろんなクラシック音楽を聴きまくりました。

    バリバリの現代音楽(ライヒとかケージとかシェルシとかシュニトケとか)からバロック以前の中世の音楽(ギョーム・ド・マショーとかヒルデガード・フォン・ビンゲンとか)まで、本当に何でも聴きました。

    形式としても、交響曲・管弦楽曲・室内楽・声楽曲・オペラ・器楽曲・古楽、どれもこれも割と均等に近いバランスで聴いたかもしれません。その3年間は。

    そんなことしてるうちに、あっという間に所持CD枚数が既に3年くらい前に1000枚を超え、最近は数えてませんが、1500枚くらい行ってるかと思われます。

    でも、そんな中で、「あー、このジャンルはかなり弱いな~」

    と思っていたのが、ピアノ曲。
    全然知りません。かなりのメジャー曲でも知らない曲だらけ。
    とか言いつつ、ブゾーニとかミヨーとかヤナーチェクとかプーランクとか、「普通の」ピアノ愛好家の方々があまり見向きもしないものは、却って聴いてたりしますが・・・。

    というわけで、ここ1~2年、ようやく少しずつ聴き進めておりまして、ようやくショパン!

    ってことで、王道ポリーニのポロネーズ(2枚目にはアルゲリッチとウゴルスキの演奏も入っている!)

    ポリーニってのは、とにかく上手いことで知られる人で、とかく「機械的」とか言われているようですが、「ほんとかな~!?」ってのがワタクシの実感。

    そもそも他のピアニストたちがロマン的に弾き過ぎているのでは?という気がする。これは好みの問題ですが。

    まあ、ピアノという楽器そのものが多分にロマン派に適した性質の楽器なのだから、仕方ないのでしょうか?


    っていうか、ヘタクソどころか、完全にまったくピアノを弾けないので、却って好き勝手に言える視点で聴けます、ピアノ曲。

    いずれにしても、実は、ワタクシがこれまでにナマで聴いた、世界トップクラスのピアニストと言えば、このポリーニと、あとはツィメルマンプレトニョフくらいしかいないもので、自分にとっちゃ、この3人は結構特別な存在だったりします。

    中でもポリーニは、聴いてて圧倒されましたね~。

    アバド指揮ベルリンフィルによるモーツァルトのピアノ協奏曲第27番をベルリンで聴いたんですが(さりげなく自慢!)、曲のチョイスも良かったのと、とにかく情感よりは構築性を重んじるタイプのオケ(指揮者)とピアニストだったため、モーツァルトのこの憂愁を帯びた曲が、何か、化け物のように巨大なものになっていました。でも、なんだかわからないけどとてつもなく感動したんですね。音の1つ1つの説得力が、なんか圧倒的だった。


    解釈とか情感とか、そういうのは関係ない。サッカー好きがロナウジーニョのプレー観てる時のような気持ちになりましたよ(って、余計わかりにくくしてる、、、)。

    それ以来、誰がなんと言おうが、ポリーニ擁護主義者なワタクシです。

    で、ショパンの中ではポリーニに一番合わない気がするあでやかで色っぽい音楽の「ポロネーズ」ですが、なんかクールに悪魔的?で、格好いい演奏です。


    スポンサーサイト


    未分類 | 01:38:46| Trackback(0)| Comments(2)
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。