■PROFILE

タテラッツィ

  • author: タテラッツィ
  • 観たもの触れたもの、マンドリン音楽活動などについて、書いていきます。

    【告知】
    マンドリンオーケストラ“未完成』第11回演奏会
    2011年2月27日(日)浜離宮朝日ホール音楽ホール
    13時30分開場、14時開演
    シューベルト「未完成」、クルト・ヴァイル「小さな三文音楽」ほか。
    入場無料です。

    リベルテマンドリンアンサンブル2枚目のCD発売中!
    マンドリンオーケストラ編曲の最高峰と、新たな世界を切り拓いた委嘱作品を収録。

    指揮:中川賢一(Ken'ichi Nakagawa)
    マンドリン独奏:望月豪(Go Mochizuki)
    演奏:リベルテ マンドリン アンサンブル
       リベルテ マンドリン オーケストラ

    ご購入・お問い合わせはduende-juergaあっとまーくezweb.ne.jpまで!
  • RSS
  • ■RECENT ENTRIES
    ■CATEGORY
    ■ARCHIVES
    ■RECENT COMMENTS
    ■RECENT TRACKBACKS
    ■LINKS
    スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。


    スポンサー広告 | --:--:--| Trackback(-)| Comments(-)
    マンドリン団体のこと1
    23日の日記で、慶応さんのマンドリンの曲目、勘違いしてました。
    シェエラザードじゃなくて、チャイコの「1812年」でしたね。
    いずれにしてもマンドリンの限界を超えている楽しげな選曲という点で変わ
    はなく、うらやましい限り。
    失礼しました。

    マンドリンという楽器をやってる人って、やりたい音楽は結構バラバラです
    ね。ブルーグラスとかは置いておくとしても、ロマン派時代のイタリア人の
    マンドリン曲をやりたい人、邦人作曲家のマンドリン曲がいい人、クラシッ
    クのアレンジでマンドリン向きのものがやりたい人、マンドリンに向いてな
    くてもいいからとにかく大曲がやりたい人、映画音楽やポップな音楽がやり
    たい人、ジャズっぽいのがいい人、マリオネットみたいな民族音楽風のがい
    い人、本当に千差万別です。

    いま、わざと「人」って言葉で書きましたが、ソロなどでやる場合を除けば
    アンサンブルやオケといった形態で演奏することになるわけで、その場合、
    その団体を独裁的に仕切っているような人でもない限り、選曲にはおのずと
    妥協が入ってきます。それに上に挙げた音楽のタイプにしても、そのうち3
    つか4つの種類の音楽を同時にやりたいって人もいるはず(俺がそうです)。

    というわけで、1つの団体でさまざまなジャンルの音楽を取り上げたり、同
    じ人がぜんぜん違う趣向の団体をいくつか掛け持ちしたりすることを、必ず
    しも「節操がない」と片付けるべきではありませんね。

    何が言いたいのかというと、いま自分が所属している4つの団体はそれぞれ
    ポリシーや向いてる方向がかなり違うけれども、個人的にはすべての団体に
    参加する意義を見出せているってことです。
    俺の方がよければ、あとは恋愛と一緒で、団体側が音楽面でも金銭面でも人
    格面でも何でもいいから、俺のことを必要としてくれれば、相思相愛という
    ことで、契約は成立というわけですね。
    スポンサーサイト


    未分類 | 23:30:00| Trackback(0)| Comments(0)
    コメント
    コメントの投稿
    管理者にだけ表示を許可する

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。