■PROFILE

タテラッツィ

  • author: タテラッツィ
  • 観たもの触れたもの、マンドリン音楽活動などについて、書いていきます。

    【告知】
    マンドリンオーケストラ“未完成』第11回演奏会
    2011年2月27日(日)浜離宮朝日ホール音楽ホール
    13時30分開場、14時開演
    シューベルト「未完成」、クルト・ヴァイル「小さな三文音楽」ほか。
    入場無料です。

    リベルテマンドリンアンサンブル2枚目のCD発売中!
    マンドリンオーケストラ編曲の最高峰と、新たな世界を切り拓いた委嘱作品を収録。

    指揮:中川賢一(Ken'ichi Nakagawa)
    マンドリン独奏:望月豪(Go Mochizuki)
    演奏:リベルテ マンドリン アンサンブル
       リベルテ マンドリン オーケストラ

    ご購入・お問い合わせはduende-juergaあっとまーくezweb.ne.jpまで!
  • RSS
  • ■RECENT ENTRIES
    ■CATEGORY
    ■ARCHIVES
    ■RECENT COMMENTS
    ■RECENT TRACKBACKS
    ■LINKS
    スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。


    スポンサー広告 | --:--:--| Trackback(-)| Comments(-)
    入院前、最後のトレモロ~~
    GW最後の休日となった今日ですが、この後またすぐに連休が始まるワタクシとしては(入院するので)、あまりユウウツじゃなかったりします(歪んでるようですが、本音)。

    今日は夜、マンドリン五重奏団les Cinqの練習。

    ほとんどセントポール組曲(ホルスト)に時間を割きました。

    新古典的な爽やかで健康的な音楽。

    個人的には最近モチベーションダウンであまり練習してなかったので、手が全然動きませんでした。
    入院前に少し特訓ですな、こりゃ。
    で、入院中に楽譜を持ち込み、イメトレしますか(予定は未定)。

    セントポール組曲の譜面が全楽章揃った本日、だんだん練習内容が細かくなってきました。

    例えば、ある場面で4小節ほどずっとトレモロをするフレーズがあるんですが、楽譜上の指定は、

    アクセント記号が付いたf(フォルテ)からp(ピアノ)までディミヌエンド

    なんです。

    そうした場合、

    f(フォルテ)の所は速いトレモロで、音量を落としていくに連れてトレモロの速度をゆっくりにしていくと効果的だろう

    という話になったんですが、もしそれをそのままやると、元々は柔らかい印象の旋律なのに、音楽の印象がドギツクなってしまう。

    そこで、
    「強い音楽→弱い音楽への変遷」という大前提を実現しつつ、音楽をキツクしないように、

    最初のダウンアップだけは少しゆっくりとやって、その後フォルテで速いトレモロ→徐々に音量とトレモロの速度を落としていく

    という奏法にしてみたんですね。

    最初の1回のダウンアップ分というのは、時間的にはごくごくわずかですが、そこのインパクトを柔らかくすることで音楽の印象がだいぶ変わる。

    これでもしダウンアップ2回分ゆっくりやってしまうと、今度は音楽が「中ふくらみ」してしまい、「>(ディミヌエンド)」という楽譜上の指示とは違ってしまう。

    そのギリギリのバランスを獲得するために何回も何回もその部分を試したり、ちょっとマニアックな練習してるかもしれません(笑)

    ま、そういうのをいろいろ議論しながら練習をするのは、なかなか音楽的な空間という感じで楽しいです。
    スポンサーサイト


    ブログ | 01:09:48| Trackback(1)| Comments(2)
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。