■PROFILE

タテラッツィ

  • author: タテラッツィ
  • 観たもの触れたもの、マンドリン音楽活動などについて、書いていきます。

    【告知】
    マンドリンオーケストラ“未完成』第11回演奏会
    2011年2月27日(日)浜離宮朝日ホール音楽ホール
    13時30分開場、14時開演
    シューベルト「未完成」、クルト・ヴァイル「小さな三文音楽」ほか。
    入場無料です。

    リベルテマンドリンアンサンブル2枚目のCD発売中!
    マンドリンオーケストラ編曲の最高峰と、新たな世界を切り拓いた委嘱作品を収録。

    指揮:中川賢一(Ken'ichi Nakagawa)
    マンドリン独奏:望月豪(Go Mochizuki)
    演奏:リベルテ マンドリン アンサンブル
       リベルテ マンドリン オーケストラ

    ご購入・お問い合わせはduende-juergaあっとまーくezweb.ne.jpまで!
  • RSS
  • ■RECENT ENTRIES
    ■CATEGORY
    ■ARCHIVES
    ■RECENT COMMENTS
    ■RECENT TRACKBACKS
    ■LINKS
    スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。


    スポンサー広告 | --:--:--| Trackback(-)| Comments(-)
    復活!一日一曲
    久々にこのブログの本旨?に立ち返り、CDのご紹介でやんす。

    新着CD
    B00005GG0D.09.jpg


    ブリテン/戦争レクイエム

    ペンデレツキ/広島の犠牲者に捧げる哀歌

    ベルク/ヴァイオリン協奏曲「ある天使の思い出のために」
     
    ヘルベルト・ケーゲル指揮ドレスデン・フィルほか




    ケーゲルは息詰まるほどの緊迫感で聴く者を演奏に引き込み、我々を絶望の淵に叩き落す。死と直面する戦争の悲惨さを赤裸々に抉り出す指揮者の冷徹な視線には背筋が寒くなる。終曲リベラメで天上から降って来る少年の無垢な歌声を聴いて救われる思いだ。

    CDの帯に付いている言葉がスゴイ。。。


    喝采を浴びるより戦うほうを好んだ

    ケーゲル自殺直前の芸術的遺言


    なんだかなぁ。。。
    でも、こんなコテコテだとなんだか歌舞伎の決め文句みたいで、かえってカッコイイ気もする。

    (1)第二次大戦で破壊された英国の街コヴェントリーに捧げられた「戦争レクイエム」

    (2)文字通り「ヒロシマ」の犠牲者に捧げられたペンデレツキの曲

    (3)小児麻痺で亡くなったアルマ・マーラーの娘に捧げられたベルクのヴァイオリン協奏曲


    どれも生と死をこれほど痛切に感じさせる音楽は他にないと言っても良いものでしょう。

    一方で、それぞれの曲の手法はまるで違うのも興味深いです。

    新古典主義の明晰な音響で表現された(1)

    当時前衛最先端のトーンクラスターのグワシャッ!っていうような壮絶な音で表現された(2)

    音の体系を人為的にコントロールした12音技法による(3)


    そして、指揮者のケーゲルは旧東ドイツという頑迷な国家体制の中で、ガンコに自分の音楽を主張した人。バロックから前衛音楽まで、身の保身そっちのけでいい音楽を擁護しようとした人。

    そんな彼の表現はとてもデモーニッシュで、聴いていて心がどんどん痛くなります。

    音響を通り越して悲しみがダイレクトに聴き手のカラダに突き刺さってくる。

    そんな音楽を奏でられる人は、21世紀の世界には、もう1人もいないのではないでしょうか?

    特にペンデレツキのは、もう尋常な人間が「音楽鑑賞」として聴ける音楽の領域を逸脱しています。

    ずっと聴いてたらアタマおかしくなる、ぜったい。

    少なくとも悪夢は観る。

    歴史と向き合うとかそういうこととは関係ない。

    こんなのはずっと聴いてちゃまともな日常生活が送れなくなります。。。

    で、前半2曲に比べれば、ベルクのヴァイオリン協奏曲は、至って普通に美しい音楽。

    これも人の死をテーマにしていますが、それは不特定多数ではなく、知人の子というある種「普通に人間的な」悲しみの表現。

    そして何しろこの曲のヴァイオリンはめちゃ美しいのです。
    12音技法がどういう理屈だとか、そんなん関係なく、とってもロマン的だと思います、この曲。

    たしか、かつて某MMO(マンドリンオケ)では、これを演奏したのではなかったですかね?
    ステキすぎです。
    スポンサーサイト


    一日一曲 | 00:12:40| Trackback(1)| Comments(0)
    コメント
    コメントの投稿
    管理者にだけ表示を許可する

    ペンデレツキ作曲、「広島の犠牲者に捧げる哀歌」
     昨日の後遺症か何かわからないけど、今、私のところはすごいこのサイト重いのです。 まるで明け方の金縛りのようなのです。もう2時間以上格闘しています。私のところだけなのかな?。マイッタ。どうもそれだけで疲れてしまった。 今日は、朝は大桟橋に連絡事項、その後 2005-06-18 Sat 01:22:03 | yurikamomeが言いたい放題にしゃべるブログ
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。