■PROFILE

タテラッツィ

  • author: タテラッツィ
  • 観たもの触れたもの、マンドリン音楽活動などについて、書いていきます。

    【告知】
    マンドリンオーケストラ“未完成』第11回演奏会
    2011年2月27日(日)浜離宮朝日ホール音楽ホール
    13時30分開場、14時開演
    シューベルト「未完成」、クルト・ヴァイル「小さな三文音楽」ほか。
    入場無料です。

    リベルテマンドリンアンサンブル2枚目のCD発売中!
    マンドリンオーケストラ編曲の最高峰と、新たな世界を切り拓いた委嘱作品を収録。

    指揮:中川賢一(Ken'ichi Nakagawa)
    マンドリン独奏:望月豪(Go Mochizuki)
    演奏:リベルテ マンドリン アンサンブル
       リベルテ マンドリン オーケストラ

    ご購入・お問い合わせはduende-juergaあっとまーくezweb.ne.jpまで!
  • RSS
  • ■RECENT ENTRIES
    ■CATEGORY
    ■ARCHIVES
    ■RECENT COMMENTS
    ■RECENT TRACKBACKS
    ■LINKS
    スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。


    スポンサー広告 | --:--:--| Trackback(-)| Comments(-)
    通勤中の話
    今日、いつも乗っている電車へ発車直前に飛び乗ると、目の前50cmの所
    に大学のマンドリンクラブの俺と入れ替わりの先輩がいた。俺の場合、入れ
    替わりの後輩だったら、かぶってなかったことが不思議なくらい、よく会い
    仲良くさせてもらっているけど、かぶってないくらい上の先輩で交流のある
    人って、ごく数人。この先輩Kさんも、一応の面識はあるってくらいなのだ
    けど、学生の時に指揮やってたとか、道を歩いてる時でも音楽のことしか
    考えてなかったという逸話だとか、そんなウワサで、俺の方は意外とよく
    聞き知っている人だった。かつて、俺も入っているメトにもよく参加してた人だ。

    これが電車じゃなくて道ばただったら、もしすれ違っても、ちょっと会釈す
    る程度の関係でしかない2人。それが電車の中で目の前50cmで正面から
    対面してしまうというのは、実はちょっと気まずい。

    でもこの先輩は、そんな空気を出すこともなく、いろいろ気さくに俺に話を
    してくれ、気づいたら電車は2人の職場の最寄り駅に着いていた。

    Kさんは、もともとギター弾きとしてかなりのツワモノだった筈なのだが、
    ここ6年くらいいる部署の仕事が、しょっちゅう午前様で土日もしょっちゅ
    う出勤って所なので、メトもやめているらしい。

    初見が利く方ではないから、前の部署の時は有給取って練習したりして、な
    んとかメトでやる難曲群に対応していたらしい。
    と言っても多分俺なんかよりはるかにうまく弾ける人なので、なんだか俺の
    昨日も書いたようなスタンスで本当にいいのか?と思ってしまった。

    これは俺の勝手な推測なのだが、おそらくこの先輩はプライドが高く、楽器
    奏者としての誇りを持っているので、めちゃ忙しい今の部署にいる間は、
    中途半端な演奏活動するくらいなら仕事に専念しようと思ったんじゃないか
    という気がする。で、こういう人って、また演奏できる環境になったら、も
    のすごい勢いで練習して、すぐにブランクなんかリカバーしちゃうんだと
    思う。

    そうそう、彼は右手の爪を伸ばしていた。左手は短く切ってるというのに!
    ギターを6年も中断している人がやることか?つまり、戦闘体勢に入る準備
    はできてるってことだ。やるー。

    今日は朝から、いろいろ考えさせられたので、一日頑張れた。
    でも、この日記は実は職場で書いてます(笑)もう俺以外みんな帰っちゃっ
    たから。俺も帰って練習しま~す。
    スポンサーサイト


    未分類 | 23:30:00| Trackback(0)| Comments(0)
    コメント
    コメントの投稿
    管理者にだけ表示を許可する

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。