■PROFILE

タテラッツィ

  • author: タテラッツィ
  • 観たもの触れたもの、マンドリン音楽活動などについて、書いていきます。

    【告知】
    マンドリンオーケストラ“未完成』第11回演奏会
    2011年2月27日(日)浜離宮朝日ホール音楽ホール
    13時30分開場、14時開演
    シューベルト「未完成」、クルト・ヴァイル「小さな三文音楽」ほか。
    入場無料です。

    リベルテマンドリンアンサンブル2枚目のCD発売中!
    マンドリンオーケストラ編曲の最高峰と、新たな世界を切り拓いた委嘱作品を収録。

    指揮:中川賢一(Ken'ichi Nakagawa)
    マンドリン独奏:望月豪(Go Mochizuki)
    演奏:リベルテ マンドリン アンサンブル
       リベルテ マンドリン オーケストラ

    ご購入・お問い合わせはduende-juergaあっとまーくezweb.ne.jpまで!
  • RSS
  • ■RECENT ENTRIES
    ■CATEGORY
    ■ARCHIVES
    ■RECENT COMMENTS
    ■RECENT TRACKBACKS
    ■LINKS
    スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。


    スポンサー広告 | --:--:--| Trackback(-)| Comments(-)
    バッハの平均律って、、、
    月曜から仕事に復帰する予定なので、今日はリハビリのために近場のショッピングセンターへ行ってきました。

    いきなり3時間ほども外出したのは、結果から言うと大失敗、、、。

    もっと緩やかにリハビリすべきでした。

    ずっと病院でも家でも横になってたので、少し歩いたり立ってたりするだけで、目まいが・・・。帰宅後、しばらく起き上がることができなくなりました。ぜーぜー。。。

    でも、明日も懲りずに外出します。そうして少しずつ慣らしていかないと来週、1週間持たないでしょうからね。

    これって結局、怠け病みたいなもんなのですね。
    動けば直る。
    つーわけで計画的にリハビリします~。

    ----------------------------------------------------------

    入院している間に、起こったこと・ハマったこと

    ・ドラマ「タイガー&ドラゴン」にハマってしまいました。クドカンのドラマって初めてちゃんと観ますが、こんなにおもろいんですねぇ。流行るのがよくわかりました。

    ・我らが「阪神タイガース」が、あれよあれよという間に単独首位ですよ!!

    でも、正直今年はあまり優勝する気がしない。そんなミラクル性のない年でさえ優勝できたら、もうそれはいわゆる「黄金時代到来」ってーやつですね。自分の知る限り阪神にそういう時代はありません。ので、うれしいけど、ちょっと戸惑いますね。判官びいきで阪神ファンだった面もあったわけでして。。。

    ・いつの間にか、漫画「のだめカンタービレ」の最新12巻が発売されてました!今日あわてて読みました。

    んでもって、「のだめ」がピアノで弾いていたバッハ「平均律クラビーア」がどうしても聴きたくなって、今日、リヒテルの弾く全曲版CDを購入してきました!4枚組で2700円。安いっす!!

    今までこの曲集は、グレン・グールドの弾くちょっと異色な演奏しか知らなかった(のだめはグールドに近いのかもしれないですね)んですが、世評の高い正統派リヒテルの演奏をぜひ聴いてみたいと思い購入した次第。

    村上春樹も大好きなグールドですが、自分はどうもニガテ。何が悪いかってわかんないけど、少なくとも聴いてときめくことがないです。たぶん自分は伝統的な作品については、一定の様式を壊さない範囲の演奏が好きなんですが、彼はその壁をいともたやすく越えて行ってしまう。そこに抵抗があるんですね、きっと。自分の耳は自分で思っている以上に保守的なのかもしれません。

    一方リヒテルの演奏、これはたしかにグールドよりは自分は安心できます。
    でも、やはり自分は入れ込むって所までは行けません。
    「のだめ」も言ってますが、この「平均律クラビーア」って、曲が正しすぎて、なかなか中に入っていけない気がします。ましてピアノが弾けず、アナリーゼもまともにできない私のような者では、なかなか厳しい壁なんですね、こういうタイプの曲って。

    この曲はよく知られているように、「長調」「短調」すべての調性を用いて作られた作品集で、「平均律」という実用のために近似した音を文字通り平均して体系化した音律の可能性を極限まで追求した音楽とされています。

    でも、やっぱ「のだめ」じゃないけど「フーガの構造」とかって、そうカンタンに理解できるもんでもないし、キャッチーなメロディがあるわけでもないし、ソナタ形式の音楽のように音楽がゴールに向かって生成発展するわけでもなく、音楽を像として捉えにくい。

    同じくバッハの中でも最高峰とされる曲、「フーガの技法」にも似たようなことが言えるのですが、自分はまだ「フーガの技法」の方が曲に入っていける感じがあります。こちらの方がいくぶん弦楽器的な発想で書かれてるからかもしれませんね、これは。

    鍵盤楽器向けの曲って、音階の作り方とかそういうのが、どうしても右手・左手の動きとして触覚的に認識できないとわかりにくいのかな、と思う時がありまして、それがピアノを弾けない自分からショパンなどを今まで遠ざけていた原因にもなっているわけですが、それでも最近はそこだけでない、楽曲の構造とか作曲者の意図とか響きの美しさとか、そういう側面から楽しめるようになってきたかなぁ(まだまだ全然ですが)。

    久々に軽~く音楽談義でした。
    スポンサーサイト


    未分類 | 00:37:06| Trackback(0)| Comments(0)
    コメント
    コメントの投稿
    管理者にだけ表示を許可する

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。