■PROFILE

タテラッツィ

  • author: タテラッツィ
  • 観たもの触れたもの、マンドリン音楽活動などについて、書いていきます。

    【告知】
    マンドリンオーケストラ“未完成』第11回演奏会
    2011年2月27日(日)浜離宮朝日ホール音楽ホール
    13時30分開場、14時開演
    シューベルト「未完成」、クルト・ヴァイル「小さな三文音楽」ほか。
    入場無料です。

    リベルテマンドリンアンサンブル2枚目のCD発売中!
    マンドリンオーケストラ編曲の最高峰と、新たな世界を切り拓いた委嘱作品を収録。

    指揮:中川賢一(Ken'ichi Nakagawa)
    マンドリン独奏:望月豪(Go Mochizuki)
    演奏:リベルテ マンドリン アンサンブル
       リベルテ マンドリン オーケストラ

    ご購入・お問い合わせはduende-juergaあっとまーくezweb.ne.jpまで!
  • RSS
  • ■RECENT ENTRIES
    ■CATEGORY
    ■ARCHIVES
    ■RECENT COMMENTS
    ■RECENT TRACKBACKS
    ■LINKS
    スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。


    スポンサー広告 | --:--:--| Trackback(-)| Comments(-)
    「健全な精神は健康な肉体に宿る」だと!?ふざけるな!
    今週は仕事の状況の如何を問わず、定時上がりにさせてもらっています。

    しかし、今週はそれですらカラダが持たない。体力が思ってた以上に落ちてしまってるようで、ふんばりが効かないのです。。。

    肉体が弱ると、精神的にも周囲に気配りとかができなくなってきて、それが【人の話を聞かない・関心を示せなくなる】とか【全体の進捗状況に目が行き届かなくなる】とか、そんな所に如実に影響してしまっている気がします。なんかダメだ。。。

    自分、割と「自分の感情をそのまま言葉にする」のを嫌悪してる方なつもりですけど、なんかセーブしきれてない気がする昨今。もしかしたら人を傷つけたりしてることもあったりするかもしれない。理性が働いてない、それって動物じゃん。立って感情だけで動く動物。それじゃわれらが街にいるレッサーパンダの「風太君」といっしょ。。。

    たかが2週間のブランクがどうしてこうもなかなか取り戻せないのか。
    情けないけど、今週はとにかく我慢の1週間っす。
    体力が落ちていても、気持ちの持ち用とあとは気合い・精神力でカバーできるはず!

    でも、帰宅後とか食後とかにすぐ30分くらい横になって寝るとずいぶん違うっていうことがわかりました。
    横になることは腎機能にもとても良いらしいし、体力が落ちている今、それがあるから、何とか持ってます。

    今週末から来週序盤は、公私ともに気になることがいろいろあって、カラダとの兼ね合いで、どの程度活動するか、迷っています。

    そういえば、明日深夜はサッカー、バーレーン戦ですね!
    もち、観ます!

    スポンサーサイト


    未分類 | 23:56:11| Trackback(0)| Comments(8)
    コメント
    こんばんわ。 あらためてご退院おめでとう♪
    よくがんばりました◎
    大変でしたよね。 麻酔も痛いのもぜんぶぜんぶ。

    病気したあと、あるときから攻撃的になったりするかも。
    ワタシもそうでした。(今もそうかも(笑))
    なんか不公平感にさいなまれたり、自分のことで精一杯だし、
    周りに気配りなんてする必要性がないんですよ!
    そういうのは健康なかたがやればよろしい、と開き直って
    Going my wayでいきましょう。

    2005-06-03 金 01:20:19 | URL | みい [編集]
    こんにちは。
    仕事復帰、おめでとうございます。
    でもしばらくは本当に大変ですよね。
    肉体的にはもちろん、精神的にも……
    無理しないでくださいなんて言っても、きっと無理をせざるを
    得ない状況がやって来るかもしれませんが、やっぱりまずは
    自分の体のことを第一に考えてくださいね~!

    帰宅後、横になること、私もやってます!
    体が休まる上に、腎臓への血流が増えるので腎臓も
    喜ぶそうです♪
    2005-06-03 金 07:01:30 | URL | kisa [編集]
    みい様へ
    励ましのお言葉、どもです。

    いやー、自分の仕事はある種、秘書的な側面もあるので、、、。

    でも、今週も終わったし、もうオッケーですよ~

    みい様も社労士なんて、難しい試験、大変でしょう?
    going my wayでお互いいきましょう!(^_^)
    2005-06-04 土 00:42:37 | URL | タテラッツィ [編集]
    kisa様
    実は帰宅後すぐに横になるアイデアは何を隠そうkisa様のブログから頂戴した次第でして(笑)。
    いやいやホントこれは寿命を3年くらい延ばせるワザですよ。ありがとうございます!

    おかげさまで体調も精神状態も少し戻りました!
    2005-06-04 土 00:45:53 | URL | タテラッツィ [編集]
    「健全な精神は~」は私のような透析患者は一生健全な精神を持てないのかよってツッコミたくなります。
    そもそもこういう言葉は健康な人の考えとしか思えません。健康な人の驕りを感じますね。

    でもね、病気だからこそ体調管理は人一倍気をつけてるし、病気になってからのほうが、いろんなものに共感できるようになったし、寂しさとか、悔しさとか、喪失感とかいろんな感情とか経験できたから、よぽど健全だとおもうよ。
    2005-06-05 日 00:20:33 | URL | レナ [編集]
    レナ様へ
    実は「健全な精神は健康な肉体に宿る」は、裏話があって、古代ギリシャでプラトンだかソクラテスだかが、

    「健全な精神が健康な肉体に宿るといいのになあ(でも宿ってないことが多すぎる!)」

    っていう皮肉から生まれた言葉なんだそうです。

    当時、血で血を争う軍人たちを見て、もっとお前ら学ぶことがあるだろ!

    っていう突っ込みだったようです。

    しかしそれが何故か近代日本の軍国教育、そして戦後日本の体育会系の世界で捻じ曲がった形で採用され、現在のような認識になってしまったんだとか。

    ヒドイですよね・・・。

    でもレナ様の仰るように、病気だからこそ体調管理には気をつけるっていうのはありますし、もし健康だったら死ぬ直前まで不摂生したであろう自分の性格を照らし合わせても、却って良かったのではないか?などと思ったりもします。

    あとたしかに私も、寂しさとか悔しさとか、少しはわかるようになった分、精神的にも健全になったかもしれませんね!
    2005-06-05 日 10:52:58 | URL | タテラッツィ [編集]
    へぇーへぇーへぇー
    そうなんだ。また一つトリビアが増えました。
    2005-06-05 日 20:29:51 | URL | レナ [編集]
    レナ様
    そうなんです。って、知ったかぶりしてしまった・・・(笑)

    でも、肉体だけ健全で精神的にヤバイ人なんてオッカナイですしねぇ(^^;)、ギリシャ人が正解でしょう!
    2005-06-06 月 01:31:39 | URL | タテラッツィ [編集]
    コメントの投稿
    管理者にだけ表示を許可する

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。