■PROFILE

タテラッツィ

  • author: タテラッツィ
  • 観たもの触れたもの、マンドリン音楽活動などについて、書いていきます。

    【告知】
    マンドリンオーケストラ“未完成』第11回演奏会
    2011年2月27日(日)浜離宮朝日ホール音楽ホール
    13時30分開場、14時開演
    シューベルト「未完成」、クルト・ヴァイル「小さな三文音楽」ほか。
    入場無料です。

    リベルテマンドリンアンサンブル2枚目のCD発売中!
    マンドリンオーケストラ編曲の最高峰と、新たな世界を切り拓いた委嘱作品を収録。

    指揮:中川賢一(Ken'ichi Nakagawa)
    マンドリン独奏:望月豪(Go Mochizuki)
    演奏:リベルテ マンドリン アンサンブル
       リベルテ マンドリン オーケストラ

    ご購入・お問い合わせはduende-juergaあっとまーくezweb.ne.jpまで!
  • RSS
  • ■RECENT ENTRIES
    ■CATEGORY
    ■ARCHIVES
    ■RECENT COMMENTS
    ■RECENT TRACKBACKS
    ■LINKS
    スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。


    スポンサー広告 | --:--:--| Trackback(-)| Comments(-)
    カプースチン・8つの演奏会用エチュード
    B00067SUM2.09.jpg


    カプースチン・8つの演奏会用エチュード



    最近、音楽のことを全然書いてませんでしたが、聴いてなかったのかというと、そんなことは全くなく、むしろ最近は在宅率とクルマ乗車率が増えたので、バシバシ聴いてます。

    でも、ここまで衝撃的なのは久々かもしれない。そんなCDに出会いました!

    カプースチンという名前、CD屋のクラシックコーナーに出かける機会のある方なら、一度くらいは目にしたことあるのではないでしょうか?

    それくらいここの所、クラシック音楽、中でもピアノの世界で注目を浴びている人なんですが、正直、自分は今まで

    「どーせ新手の売れっ子ピアニストか何かだろ」

    くらいにしか思っておりませんでした。

    でも、それは全くの見当違いですね。

    今、売れてるカプースチンの自作自演により↑のCD、これは作曲家カプースチン、そしてピアニストとしてのカプースチンが全くの孤高の存在として現代に君臨していることを証明してくれたのです(オーバーなようですが、、、)。

    CDの帯にも書かれている、カプースチンの音楽の特徴、

    「クラシックとジャズの融合」

    モダンで確かにジャズっぽい。アドリブも豊富に使って演奏するらしい。だから楽譜も世のピアニストにバカ売れなんだとか。スゴイ超絶技巧の嵐なのに、一体どれだけ日本には達人がいるのだろう。。。いやはや。

    しかし、根幹の部分はクラシックの器の中で踊っているような、なんとも不思議な感覚。

    いや、とにかくアグレッシブでグイグイとドライブかかってて、クラシック音楽が最もニガテとする部分が克服できているような。

    それでいて、ゲンダイオンガクの苦渋な感じもないし、ミニマルミュージックみたいな軟弱な感じ?(モノに寄るんでしょうが、、、)もない。

    感覚としては、タンゴとクラシックを合わせたピアソラを初めて聴いた時の印象に近い、かな?

    2つ以上のジャンルがクロスオーバーしたCDとかって、言っちゃ悪いけど、けっこう軟弱系というか日和見系というか、玉石混合の「石」の率がめちゃ高い印象で、あまり良く思ってなかったんですが、これなら売れる理由もわかるかな。

    ごちゃごちゃ書きましたが、要するに

    オレはカプースチン、気に入った!
    これからしばらく毎日聴くぞ~~!!(単純)

    それで今日は十分でしょうー。


    スポンサーサイト


    一日一曲 | 01:13:49| Trackback(0)| Comments(0)
    コメント
    コメントの投稿
    管理者にだけ表示を許可する

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。