■PROFILE

タテラッツィ

  • author: タテラッツィ
  • 観たもの触れたもの、マンドリン音楽活動などについて、書いていきます。

    【告知】
    マンドリンオーケストラ“未完成』第11回演奏会
    2011年2月27日(日)浜離宮朝日ホール音楽ホール
    13時30分開場、14時開演
    シューベルト「未完成」、クルト・ヴァイル「小さな三文音楽」ほか。
    入場無料です。

    リベルテマンドリンアンサンブル2枚目のCD発売中!
    マンドリンオーケストラ編曲の最高峰と、新たな世界を切り拓いた委嘱作品を収録。

    指揮:中川賢一(Ken'ichi Nakagawa)
    マンドリン独奏:望月豪(Go Mochizuki)
    演奏:リベルテ マンドリン アンサンブル
       リベルテ マンドリン オーケストラ

    ご購入・お問い合わせはduende-juergaあっとまーくezweb.ne.jpまで!
  • RSS
  • ■RECENT ENTRIES
    ■CATEGORY
    ■ARCHIVES
    ■RECENT COMMENTS
    ■RECENT TRACKBACKS
    ■LINKS
    スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。


    スポンサー広告 | --:--:--| Trackback(-)| Comments(-)
    感動すらさせてくれないなんて・・・
    祝 サッカー日本代表W杯2006出場決定~!

    良かった良かった。

    でも、正直言ってそんなにはしゃぐほど華やかな気持ちにもなれなくないですかー??

    今回は、ワタクシが特別ひねくれモノってわけでもない自信ありますよん。

    だってホントの所、あんまり感動しなかった人、多いでしょう?今回。

    我らが日本のヒーロー、中田ヒデ・中村・小野が出てなかったから?

    たしかに自分にとって彼らはイチローや松井秀樹と並ぶ同世代のスーパーヒーローなんです(サッカーについては少しサバ読んでます・・)が、いやー、でも今回はそうじゃないです。

    体調管理のため、祝い酒でカンパーイ!ってやれないから??
    それはたしかにあるけど・・・・いやいや、そうじゃない。

    思うに、今回はあまりにもラクに出場決めてしまったからなんでしょうね。

    ・狭いアジア出場枠の中で何とかあとちょっとで!って所まで来たのに、最後の最後、ギリギリでイラクに同点にされて出場権を逃した【ドーハの悲劇の1993年】

    ・ホームで韓国にまさかの逆転負け→敵地でウズベキスタンにまさかのロスタイム同点弾を決められた試合→監督が更迭→カザフ・UAE戦も引き分けどまり→背水の陣の敵地での韓国戦でまさかの2-0勝利!(当時、八百長疑惑さえ出た)→アジア最後の枠を岡野のゴールで決めた【ジョホールバルの1997年】

    あの頃みたいに深夜にテレビの前で呆然としたりするような感動は、どうしても今回ありませんでした。

    でも、これって決して悪いことじゃない。
    何故か?って、アジアでは既に日本は

    「ファンをドキドキさせないくらい強くなった」

    ってことではないですかい?

    たしかにイランには敵地で負けたりもした。
    ホームでの北朝鮮戦も薄水の勝利だった。

    でも、なんかアジアの出場枠が増えたこともあるけど、今回は出場できるのが順当で、万一逃したらヤバイっていう空気。

    苦戦した試合は、「苦しんだ末の感動の勝利」というよりは、「なにやってんだー!もたつきやがって・・・」という贅沢な感情。

    今や、「夢のワールドカップ」ではないんですねー。

    というわけで、W杯常連国の中級者コースくらいに仲間入りした日本。
    来年、ドイツでの戦いに期待したいと思います。
    目指せ、ベスト8!

    それとサッカーなんてド素人のワタクシですが、案外(酷評されがちな)ジーコのサッカーって良いのでは?なんて思ったり。

    中田英寿も言うように、「サッカーはシステムじゃない」っていうのは、観てても何となくわかる。

    例外はあっても、たぶん多くの場合、ドリブルで・ヘディングで接触プレーで、1対1の局面に勝つ選手がより多いチームが勝つスポーツ、それがサッカーなんだと思う。
    4-4-2とか3-5-2とか、そういうのはちょっとした触媒に過ぎない。

    間違ってますかね?
    (お前ごときがサッカーに口出しすることが間違ってる、っていうオチ)

    いやしかし、
    とにかくW杯出場は、同じ日本人としてホントにめでたいめでたい!

    スポンサーサイト


    時事 | 00:50:57| Trackback(0)| Comments(0)
    コメント
    コメントの投稿
    管理者にだけ表示を許可する

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。