■PROFILE

タテラッツィ

  • author: タテラッツィ
  • 観たもの触れたもの、マンドリン音楽活動などについて、書いていきます。

    【告知】
    マンドリンオーケストラ“未完成』第11回演奏会
    2011年2月27日(日)浜離宮朝日ホール音楽ホール
    13時30分開場、14時開演
    シューベルト「未完成」、クルト・ヴァイル「小さな三文音楽」ほか。
    入場無料です。

    リベルテマンドリンアンサンブル2枚目のCD発売中!
    マンドリンオーケストラ編曲の最高峰と、新たな世界を切り拓いた委嘱作品を収録。

    指揮:中川賢一(Ken'ichi Nakagawa)
    マンドリン独奏:望月豪(Go Mochizuki)
    演奏:リベルテ マンドリン アンサンブル
       リベルテ マンドリン オーケストラ

    ご購入・お問い合わせはduende-juergaあっとまーくezweb.ne.jpまで!
  • RSS
  • ■RECENT ENTRIES
    ■CATEGORY
    ■ARCHIVES
    ■RECENT COMMENTS
    ■RECENT TRACKBACKS
    ■LINKS
    スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。


    スポンサー広告 | --:--:--| Trackback(-)| Comments(-)
    ウィーンはいつもウィーン
    「コメント」にも書きましたが、早速はむらぼ企画様(メトロポリタンMOコンマス)からご紹介いただいた「こうもり」序曲のCD2点をゲットしてきました!

    チェリビダッケ指揮ミュンヘンフィル
    演奏の感想は「コメント」をご覧くださいませ。
    なんともスゴイのは、この大曲志向の指揮者が、「序曲集」なんていう可愛らしい曲をずいぶんとたくさん演奏していたということ!でも演奏は・・・やっぱりゴツかった。

    ケンペ指揮ドレスデンシュターツカペレ
    オケの音が美しいことでは右に出る者はない名門オケのCD。
    ハイクオリティ・めちゃ美音!ときて、お値段たったの1000円ナリ。
    「悪貨は良貨を駆逐する」のが資本主義なのだということを強く実感・・・。

    「こうもり」序曲が出たついでに、ウィンナワルツのご紹介でも。

    【タテラッツィ的おすすめウィンナワルツ、ベスト10】
    1アンネン・ポルカ
     すっごくヌルイ、でもこのヌルさこそがウィーンの街の微温的な空気に通じているような気がする。

    2皇帝円舞曲
    「こうもり」序曲と並んで非常にシンフォニックな曲で、演奏会で取り上げると聴き栄えバツグン。「青きドナウ」より個人的には好き。

    3田園ポルカ
     楽団員が「ヤイヤイヤイヤイ」とか歌う土臭い曲。楽しげ。
     
    4悪魔の踊り
     これはシュトラウスではなく、ヘルメスベルガーという人の曲。たしか小澤がニューイヤーで取り上げていた(うろ覚え)

    5ポルカ「観光列車」
     高速で優雅。こういう頑張って弾いたらカッコワルイ曲って、アマチュアには厳しいかも。。。ニューイヤーで指揮者がラッパを吹くことでも有名な曲。

    6ポルカ「雷鳴と稲妻」
     ノリノリで楽しいです。運動会ソングの「トリッチ・トラッチ・ポルカ」より好き。

    7新ピチカート・ポルカ
     これはマンドリンオケでやるのは厳しいかもですね。。。普通の「ピチカートポルカ」より「新」の方が、ピチカートの美技をより深く堪能できます。

    8ワルツ「春の声」
     キャスリーン・バトルがニューイヤーで歌った時のものが素晴らしかったので。

    9ワルツ「ウィーンの森の物語」
     ツィターという楽器のソロが途中あるのと、主旋律が非常に非常に有名なこと。

    10ラデッキー行進曲
     これぞ基本中の基本。

    別格:「こうもり」序曲、「ウィンザーの陽気な女房たち」序曲(ウィンナワルツじゃないか?)、「メリー・ウィドウ・ワルツ」

    スポンサーサイト


    一日一曲 | 01:16:13| Trackback(0)| Comments(0)
    コメント
    コメントの投稿
    管理者にだけ表示を許可する

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。