■PROFILE

タテラッツィ

  • author: タテラッツィ
  • 観たもの触れたもの、マンドリン音楽活動などについて、書いていきます。

    【告知】
    マンドリンオーケストラ“未完成』第11回演奏会
    2011年2月27日(日)浜離宮朝日ホール音楽ホール
    13時30分開場、14時開演
    シューベルト「未完成」、クルト・ヴァイル「小さな三文音楽」ほか。
    入場無料です。

    リベルテマンドリンアンサンブル2枚目のCD発売中!
    マンドリンオーケストラ編曲の最高峰と、新たな世界を切り拓いた委嘱作品を収録。

    指揮:中川賢一(Ken'ichi Nakagawa)
    マンドリン独奏:望月豪(Go Mochizuki)
    演奏:リベルテ マンドリン アンサンブル
       リベルテ マンドリン オーケストラ

    ご購入・お問い合わせはduende-juergaあっとまーくezweb.ne.jpまで!
  • RSS
  • ■RECENT ENTRIES
    ■CATEGORY
    ■ARCHIVES
    ■RECENT COMMENTS
    ■RECENT TRACKBACKS
    ■LINKS
    スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。


    スポンサー広告 | --:--:--| Trackback(-)| Comments(-)
    安請け合いのコンサート、そしてバルフォアさんも・・・
    今週はとにかく寝まくりでした・・・。
    毎日、仕事+睡眠時間で20時間を超えてました。
    それが、な、なんと睡眠時間の方が多い!(笑)

    仕事は時間は短くても疲れちゃうんですよねーー。
    今週は密度が通常よりも濃かったってのもありますけど、それより大きいのは、やはりワタクシ個人のカラダの問題が原因でしょうなぁ。

    7-23時勤務の後で遊びに出かけ、そのままカラオケボックスで徹夜して翌日出勤したりしていたかつて(6年くらい前)の自分は、完全に別の人です。。。

    ----------------------------------------------------------------------------

    今日、金曜日、仕事を19時過ぎで切り上げ、街中を歩いていると、いきなり前から隣の部の部長が!

    「おい、良かったらこれあげるから、そこで聴いていきなさい!」

    「えっ?」

    何のことやら、サッパリ。。。

    ぼーっと考えごとしながら歩いていたので、部長と出くわした場所が、あるコンサートホールの真ん前であることすら完全に忘れてしまっていたのです。

    「いやー、すごくいいコンサートだよ。本場ウィーンの香りだよ、ウンウン」

    「え、うぃーん??」

    恐らくこの時のワタクシの目には一閃の光が宿ったことでしょうな。

    「いま、休憩なんだけど、俺は飽きちゃったからもう帰るわ。良かったらこのチケットやるから、最後まで聴いていきな」

    「ホ、ホントですか?」

    帰りに買い物しようと思って繁華街に出たこともすっかり忘れ、フラフラとコンサートホールへ入るワタクシ。

    すると中にもなにやら数人、見たことある顔が。

    このコンサート、ウチの隣の部の主催(後援?)だったんですなー。
    道理でクラシックコンサートなんか興味なさそうな隣の部長もいるわけだ。

    ま、ブログでは匿名性を保っているワタクシ、コンサート名を明かすといきなり特定されてしまうので、今日は伏せておきますです。

    ま、内容はぶっちゃけてしまうと、どうってことなかったです。
    一瞬「おっ!」って思うような美音が聴こえてきたりもしたのですが、曲と演奏がぬるすぎてアドレナリンが分泌されませんでした。

    でも、そんな内容でも聴衆が大感激して「ブラボー!」飛ばしてたんです。
    それが何故か、とても良かった。イヤミだとか大仰なところが全然なくて。

    おかしいな。普段なら自分が感動できないときに、大勢の人が感激してたりすると、すげーヘコムんですけどねぇ。

    正直これ、B級の演奏会なんですが、みんなある程度B級ってわかってる中でのホンワカとした「ブラボー」だったからかもですね。うん、なんか和みましたよ。

    これが有名な演奏家だと、ちとツライかもですね。

    今年は秋に世界主要オケのうち、ベルリンフィル・ウィーンフィル・バイエルン放送響という3つが来日するんですが、チケットの値段がベラボーに高い!

    特にベルリンフィル

    S¥36,000
    A¥31,000
    B¥27,000
    C¥22,000
    D¥17,000
    E¥12,000


    オペラかよ!!
    って思いました(でも海外の一流オペラ座の引越し公演は実はもっと高い)

    しかも今年はステキなプログラム(マメールロワ、英雄)やる方の公演が、な、なんとサイテーサイアクのNHKホール。

    このホールの酷さは関東地方在住の音楽人で知らない人がいたとしたら、モグリといわれます。ホント、ひどいです。3階席だともう音がどっか彼岸で鳴ってる感じだし、1階や2階の後ろの方なんかは、上に「雨宿り」が付いてて、音がかぶさっちゃうし。。。N響を酷評する人は、まずサントリーホールで聴いてから酷評してほしいですね。
    ま、サントリーで聴いても酷評してる人、ネット上にいっぱいいますけど(笑)

    -----------------------------------------------------------------------------

    ロンドンのテロで被害に遭ったキングズクロス駅、ここはあの「ハリーポッター」の舞台でも有名になった駅ですね。
    東京で言えば上野駅みたいな、下町風ターミナル駅。

    自分は英国留学時(1か月の語学留学でカッコつけるな!!)に、このキングズクロス駅が通学ルートでした。で、ロンドン中心部のオックスフォードストリート近くの語学学校へ行っていました。通勤時間30分くらい。
    東京で言えばさしづめ、赤羽から有楽町へ通勤するくらいなイメージですかね。それだと途中で上野も通るので例え話としてはよくツジツマの合った話となるわけで(^^;)めでたしめでたしっつーわけです。

    んで、やっぱそういう所がテロに遭うというのは、それなりにショックはあるわけですよ。まあ。
    今朝のブログではそのへん、割と醒めてる風に書いてはみたものの。
    いや、新聞・テレビなどで事件の概要を知るにつれ、たとえこれが政治的にどういう背景を持っていようが、やはり悲しいな、という感情が自分の中を支配し始めたんですね。

    ネット上ではやはり、罵詈雑言が飛び交っております。。。

    バルフォア宣言の報いをイギリス人は受けるべきだ

    という暴言にまで出くわしました。イギリス国民全員がアホでマヌケなバルフォアの責任を何故かぶらにゃならん?
    だったらドイツ人は全員、日夜ヒトラーのやった責任のためにユダヤ人からのテロに備えなきゃいけなくなりますし、日本人は朝(以下略)。

    ※バルフォア宣言:1917年にイギリスの当時の外相バルフォアは、ロスチャイルドに宛てた手紙で、パレスチナの地にユダヤ人のためのナショナルホームランドを建設を賛同する宣言を出した。

    つまり、これが現在のイスラエルの存立理由となっているわけですね。

    そりゃ先住アラブ人、大激怒しますってば、っつーわかりやすくも解決困難な話なワケです。

    なんでもイスラエル絡みの大きな会議がロンドンで当日予定されてたみたいですね。
    それにサミット中。
    そんな厳戒態勢(のはず)な中で、これだけ大掛かりなテロが(テロリスト側に)無傷で成功してしまったってのは、どうもキナ臭い。

    つまり、支持率アップだとか、戦争の口実作りのために、わざと敵をおびき寄せた、あるいはヘタをすると政府の自作自演とか?(はさすがに考えすぎだと思うが)

    いや、かつてはナチスドイツの「ドイツ国会議事堂放火事件」なんかもありますし、諜報部隊ってのは、何やるかわかったもんじゃないっすからね。
    中長期的に国を守れる結果となるならば、短期的に数十人の国民の命を犠牲にするくらいは止む無しみたいな考え方することだって十分ありえます。もちろん極秘裏に。

    あー、パイナップルアーミー(浦沢直樹)読みすぎか。。。

    何はともあれ、こういうテロが起こると胸が痛くなります。
    それはひねくれたことばかり書いてるワタクシとて、強い悲しみを覚えます。人間だもの(@みつお)
    スポンサーサイト


    時事 | 01:00:11| Trackback(0)| Comments(0)
    コメント
    コメントの投稿
    管理者にだけ表示を許可する

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。