■PROFILE

タテラッツィ

  • author: タテラッツィ
  • 観たもの触れたもの、マンドリン音楽活動などについて、書いていきます。

    【告知】
    マンドリンオーケストラ“未完成』第11回演奏会
    2011年2月27日(日)浜離宮朝日ホール音楽ホール
    13時30分開場、14時開演
    シューベルト「未完成」、クルト・ヴァイル「小さな三文音楽」ほか。
    入場無料です。

    リベルテマンドリンアンサンブル2枚目のCD発売中!
    マンドリンオーケストラ編曲の最高峰と、新たな世界を切り拓いた委嘱作品を収録。

    指揮:中川賢一(Ken'ichi Nakagawa)
    マンドリン独奏:望月豪(Go Mochizuki)
    演奏:リベルテ マンドリン アンサンブル
       リベルテ マンドリン オーケストラ

    ご購入・お問い合わせはduende-juergaあっとまーくezweb.ne.jpまで!
  • RSS
  • ■RECENT ENTRIES
    ■CATEGORY
    ■ARCHIVES
    ■RECENT COMMENTS
    ■RECENT TRACKBACKS
    ■LINKS
    スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。


    スポンサー広告 | --:--:--| Trackback(-)| Comments(-)
    仕事と夢2
    でも、仕事を毎日一生懸命やるっていうのは、実はこのこととあまり関係が
    ない。よく言われるように、転職の面接で「あなたは何をすることができま
    すか?」という質問に、「部長と課長ができます」と答える寂しい中高年。
    こんな存在になってしまうだけである。もちろん組織の中でトラブルメーカ
    ーだったり、無気力人間だったりするよりは、エネルギーに満ちて発展的に
    物事を考えて取り組んでいる人間の方が、どんな所へ行っても魅力的に映る
    のは当然だ。でも、それだけでは残念ながら、終身雇用の職場に必死でぶら
    下がる以上におトクな人生を送ることができないのが現実でもある。

    今、俺の職場には、司法試験の勉強を夜や土日にやってる後輩がいる。前の
    課でいっしょだった人には、株で大儲けして数億の金を手にし、サラリーマ
    ン生活を30代にして辞めようとしている人もいる(幸運なだけのように
    見えるが、実は相当な努力をして株に投資し続けてきたらしい)。
    俺にはいま、趣味的な領域のものを除いて、ここまで本格的にのめり込みそ
    うな「夢」はない。
    かつては、物書きになりたいと思ったこともあった。しかし、ご覧の通りの
    文章力だし、物を書くにも、書く素材としてノドの奥から希求するものが
    自分には欠けているような気がした。世界の歴史が好きなので、歴史学者か
    歴史の先生、あるいは国際問題を取り扱うジャーナリストになりたいと思っ
    たこともある。実は3~4年前はかなり本気で、仕事しながら夜と土日に
    大学院通って勉強しようか、とか思ったりもした。これは、今、自分の中で
    先送りして、とりあえず考えないことにしてしまった問題なのだが、「10
    年目」に突入するまでには、行くにしろ退くにしろ、決着を付けるべき問題
    だ。

    というわけで、今の仕事はそれなりで、それはそれでいいけど、でももっと
    大きな「夢」のことも忘れちゃいけない。そんな気がする20代最後の春。
    スポンサーサイト


    未分類 | 23:30:00| Trackback(0)| Comments(0)
    コメント
    コメントの投稿
    管理者にだけ表示を許可する

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。