■PROFILE

タテラッツィ

  • author: タテラッツィ
  • 観たもの触れたもの、マンドリン音楽活動などについて、書いていきます。

    【告知】
    マンドリンオーケストラ“未完成』第11回演奏会
    2011年2月27日(日)浜離宮朝日ホール音楽ホール
    13時30分開場、14時開演
    シューベルト「未完成」、クルト・ヴァイル「小さな三文音楽」ほか。
    入場無料です。

    リベルテマンドリンアンサンブル2枚目のCD発売中!
    マンドリンオーケストラ編曲の最高峰と、新たな世界を切り拓いた委嘱作品を収録。

    指揮:中川賢一(Ken'ichi Nakagawa)
    マンドリン独奏:望月豪(Go Mochizuki)
    演奏:リベルテ マンドリン アンサンブル
       リベルテ マンドリン オーケストラ

    ご購入・お問い合わせはduende-juergaあっとまーくezweb.ne.jpまで!
  • RSS
  • ■RECENT ENTRIES
    ■CATEGORY
    ■ARCHIVES
    ■RECENT COMMENTS
    ■RECENT TRACKBACKS
    ■LINKS
    スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。


    スポンサー広告 | --:--:--| Trackback(-)| Comments(-)
    奏者としての再生計画
    今年は、ロクに楽器を弾けてません。

    最近は、楽器弾くモチベーションが出てきた!って頃になると、すぐ入院になってその火が消えてしまい、なかなかモチベーションを高く保つことができない。困ったもんです。。。

    しかし8月後半(8/20と8/27)にはある2つの楽団でちょっとしたイベントを抱えているので、ウカウカしちゃいらんねー!ってことで、久々にまともに時間を取って個人練習しました。

    うー、手が動かない・・・。
    ここ数年の中で一番ダメかも??

    もともと手先が器用とはいえないワタクシは、ある程度コンスタントに楽器をいじっておくことで、対応することにしてるんです。
    なので、ブランク空けるのは楽器弾きとして致命的。

    結局の所、音楽は芸術だとか言ったって、楽器演奏という行為そのものは、フィジカルなものが大きくモノを言う。スポーツ的要素が強い。
    いくら譜読みをして、頭や感性で理解・体得していても、それだけで演奏において結果が出せるわけでもない(もちろん譜読みも必須ですが)。
    それが「上手い演奏家と良い音楽家は必ずしもイコールではない」と言われたりする所以でもありますが、実際自分は演奏者なので、やるべきことはやって臨まなければ、結果は出せません。

    というわけでここで宣言

    これから8月27日(土)のマンドリンオケ“未完成』の団内発表会までの間は、1日も欠かさずに楽器を触ります!!

    こうして人前で宣言することで、自分にプレッシャーをかける手法は、腎臓病発病以来すっかりやめちゃってましたが、やはり自分を監視する仕組みがないと弱い人間、流されていく一方ですしね。

    とりあえず、目先の譜面の「音取り」が急務なワケですが、楽器の音自体があんまり良く出ない状態なので、基礎練習も毎日やることにします。
    ワタクシの楽器、マンドロンチェロには専用の教則本はほぼ皆無(ないことはないけど、あまり良くない)なので、普通のチェロ用の教則本、「ウェルナーチェロ教則本」を使用。



    1ページ1ページが濃厚で、カンタンなページでも、いろいろ使い勝手があります。

    1)まず一通り常識的なテンポでさらう(奏法にはこだわらない)
    2)運指を確定して表現・奏法に気をつけて弾く
    3)すべての音に符点音符をつけてみる
    3)すべての音をPP(ピアニシモ)で弾いてみる
    4)すべての音のダウンアップを逆にして弾いてみる
    5)すべて2倍のテンポで弾いてみる
    あとは
    6)8分音符以上はすべてトレモロにしてみる、
      すべての音をダブルノートで弾いてみる、など

    こんなことしてると、とてもカンタンな譜面でも一気に難しくなるし、自分が普段いかに誤魔化して弾いているかを思い知らされます。

    //////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

    ところでこんなCDが出るようです・・・。

    ブラームス:交響曲第1番~のだめカンタービレ
    千秋真一(指揮)R☆Sオーケストラ




    講談社コミック「のだめカンタービレ」のメイン・キャラクター、千秋真一とその仲間達、R☆S(ライジングスター)オーケストラによるブラームスの1番を収録したアルバム。
    オリジナル、スプラフォン版の演奏も楽しめる1枚。
    ライナーノーツ: 佐久間学


    オイオイ・・・ていうか、これ架空の指揮者・オケなんですけど??

    何はともあれ、漫画「のだめカンタービレ」は、数百万部も売れてるそうなので今更言うまでもないですが、とっても面白いのでまだ読んでない方は読んでみてください~。

    で、漫画の中でいろんなクラシック曲が出てくるので、それをCDなどでチェックしてみてはいかが?

    スポンサーサイト


    マンドリン合奏 | 01:22:51| Trackback(1)| Comments(0)
    コメント
    コメントの投稿
    管理者にだけ表示を許可する

    R☆S
    R☆Sオケ情報有難うございます。 2005-08-14 Sun 22:01:51 | ひよこ鑑定士日記
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。