■PROFILE

タテラッツィ

  • author: タテラッツィ
  • 観たもの触れたもの、マンドリン音楽活動などについて、書いていきます。

    【告知】
    マンドリンオーケストラ“未完成』第11回演奏会
    2011年2月27日(日)浜離宮朝日ホール音楽ホール
    13時30分開場、14時開演
    シューベルト「未完成」、クルト・ヴァイル「小さな三文音楽」ほか。
    入場無料です。

    リベルテマンドリンアンサンブル2枚目のCD発売中!
    マンドリンオーケストラ編曲の最高峰と、新たな世界を切り拓いた委嘱作品を収録。

    指揮:中川賢一(Ken'ichi Nakagawa)
    マンドリン独奏:望月豪(Go Mochizuki)
    演奏:リベルテ マンドリン アンサンブル
       リベルテ マンドリン オーケストラ

    ご購入・お問い合わせはduende-juergaあっとまーくezweb.ne.jpまで!
  • RSS
  • ■RECENT ENTRIES
    ■CATEGORY
    ■ARCHIVES
    ■RECENT COMMENTS
    ■RECENT TRACKBACKS
    ■LINKS
    スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。


    スポンサー広告 | --:--:--| Trackback(-)| Comments(-)
    カタルシスについて語るしす
    オルフェウスの演奏会が終わりました。
    ご来場いただいた皆様、どうもありがとうございました。

    今日はリハーサルが素晴らしかったです(笑)
    自分も全体も。自分なんか練習でいつも怪しくなってしまってる部分が完璧
    に弾けたりして、なんだか神がかってました。
    指揮者の進藤さんが、「こりゃ本番がやばいかも」なんて冗談でおっしゃっ
    てたんですが、案の上というか、本番は結構ミスはありましたね。
    でも気合いが入ってたし、リハが練習の200%だとすると、本番も150
    %くらい行ってた気がします。「本番力のオルフェウス」、さすがです。

    打ち上げは京成青砥駅近くの飲み屋でやったのですが、そこでの挨拶の際に
    コンサートマスターのZ津さんと幹事を中心となって引っ張っていただいたM
    戸さんが泣いてました。

    社会人団体の演奏会で涙を流す人を見たのは、もしかしたらこれが初めてか
    もしれません。学生の時はしょっちゅう演奏会で泣いてる人を見てて、天の
    邪鬼の俺は、「へん!(大した苦労もしてないクセに)当日だけ調子良く
    感動してんじゃねーよ!」なんて思ったりもしてましたが(苦笑)、今は歳
    なのかどうなのかわかりませんが、泣く人が羨ましいです。
    ま、学生の時は自分は正直団員の誰よりも努力をしてる自信があったし、そ
    れで人に対して人間不信に陥ることもしょっちゅうだったので、そういう
    気持ちになってしまったのも仕方ないことなのですが、、、。

    でも今は演奏会で泣けるということは、必ずそこまでに相当な苦労があった
    んだと思います。
    コンマスのZ津さんに至っては、忙しくてなかなか練習に出てこれない早稲田
    の学生団員を教えるために、平日に有給取って大学の部室に教えに行った
    り、カラオケボックスで朝まで特訓したりしたそうです!すごい!!しかも
    Z津さんって早稲田出身でもないというのに。このエピソードにはかなり心を
    打たれました。
    やっぱりそこまでやったから泣けるんだって。すごいなあと思います。
    幹事のM戸さんが挨拶でおっしゃっていた言葉も印象的でした。
    「本番がいくら結果オーライでも、団体として、それまでの過程を大事にで
    きなかったら、そんなの意味ないと思う」
    そういうようなことをおっしゃってました。
    俺も日頃、他の団体に参加している時は同じことを思っているんですけど、
    ことオルフェウスに関しては、なにしろ参加表明から2か月も経たずに本番。
    スポンサーサイト


    未分類 | 23:30:00| Trackback(0)| Comments(0)
    コメント
    コメントの投稿
    管理者にだけ表示を許可する

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。