■PROFILE

タテラッツィ

  • author: タテラッツィ
  • 観たもの触れたもの、マンドリン音楽活動などについて、書いていきます。

    【告知】
    マンドリンオーケストラ“未完成』第11回演奏会
    2011年2月27日(日)浜離宮朝日ホール音楽ホール
    13時30分開場、14時開演
    シューベルト「未完成」、クルト・ヴァイル「小さな三文音楽」ほか。
    入場無料です。

    リベルテマンドリンアンサンブル2枚目のCD発売中!
    マンドリンオーケストラ編曲の最高峰と、新たな世界を切り拓いた委嘱作品を収録。

    指揮:中川賢一(Ken'ichi Nakagawa)
    マンドリン独奏:望月豪(Go Mochizuki)
    演奏:リベルテ マンドリン アンサンブル
       リベルテ マンドリン オーケストラ

    ご購入・お問い合わせはduende-juergaあっとまーくezweb.ne.jpまで!
  • RSS
  • ■RECENT ENTRIES
    ■CATEGORY
    ■ARCHIVES
    ■RECENT COMMENTS
    ■RECENT TRACKBACKS
    ■LINKS
    スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。


    スポンサー広告 | --:--:--| Trackback(-)| Comments(-)
    ジョイントコンサート
    今日は演奏会を聴いてきました。

    第4回早慶ジョイントマンドリンコンサート

    まー何というか、ワタクシの後輩たちが出ている演奏会なのですが、第4回にして初めて聴いたのでした(ごめんなさいー)。

    自分が大学を出てからの年数は、とうに4年以上経っておりまして、つまりはワタクシの時には、まだこのようなジョイントはまーったく存在しませんでした。

    今日も直前(というか前日)まで、このコンサートの存在をすっかり失念しておりまして(重ねてゴメンナサイーー)、他の用事を入れてしまおうか、などと思ったりしておりました(3度目のゴメンナサイーーー)。

    いやー、だってね、卒業して6年も7年も経って、今だに「万障繰り合わせて」これに出かける方がよっぽど怪しいでしょう?

    まあOB会関係者の方とか指導者の方は別にしまして。
    というわけで、ご理解ください。

    で、演奏の感想をカンタンに。

    まず第一部より、

    【慶応ステージ】
    「マノン・レスコー第三幕への間奏曲」(プッチーニ)
    が良かったです。
    冒頭の細かいトレモロが緊張感ありました。
    一方、トゥッティになってからのトレモロは中低音もたっぷりと聴こえて来たので、全体にボリュームが出て、厚化粧とも言えるプッチーニの音楽によく合ってました。アーティキュレーションもよく合っていました。

    【早稲田ステージ】
    歌劇「劇場支配人」(モーツァルト)
    が良かったです。
    16分音符の箇所では残念ながら多少ばらけていましたが、それ以外の箇所については、ゆっくり目のテンポで柔らかい音質で弾いていました。
    あまり縦の線のピッタリ感を強調しすぎたような硬質な演奏はモーツァルトには向かないと思うので、こういう女性的な?感じの演奏スタイルはモーツァルト向きだと思いました。

    第2部【合同ステージ】

    歌劇「皇帝の花嫁」序曲(リムスキー・コルサコフ)

    この曲は“未完成』で一昨年前にやっているのですが、我々がやっと時よりもいくぶん速いテンポでやっていました。編曲は“未完成』の指揮者KMT氏ですが、編成にあわせて少しいじったみたいですね。
    この序曲は歌劇全体の内容を圧縮したものなので、演奏する上では歌劇全体がどういうものなのか、知識として持っていると、かなり演奏にも出てきます。
    例えば、この曲における3連符は歌劇の中で決定的に重要な意味を持つ動機なので、思いっきり強調して弾く必要があるのですが、他の旋律に埋もれていたりしたのが少々残念。
    ワーグナー以降の歌劇関連の音楽を演奏する際には、動機に関する理解は不可欠だと思います。

    特に良かったのは、アンコールの「眠りの森の美女」のワルツ。
    自分はチャイコの3大バレエの中で、マンドリンオケで一番やってみたいものって言ったら、絶対「眠りの森の美女」です。
    「くるみ割り人形」はリベルテでやっているような小編成でやる方が面白いし。
    「眠りの森の美女」はシンフォニックで大振りな音楽なので、小編成ではちょっとキツイ。この100名を超えるジョイントでとても映えた選曲だと思いました。

    もっとも、最近、自分はマンドリンオケで魅力的だと思う人数って、15~40名くらいの編成。
    MAXで50名くらいではないかと思うのです。
    それ以上だと、なんだかトレモロの音が潰れて聴こえるので、あまり心地良さがなくなるような。まあこれはワタクシの主観ですけど。

    もっともやる音楽によっては潰れたようなトレモロが要求されることもあるだろうし(某マンドリンオケに参加した時、時には汚く・キツク・かすれた音で・うるさく、などの音が要求されることもスコア上あるのに、全部キレイキレイに弾こうとするのはおかしい!ってことを教えられました)、これはケースバイケースかもしれませんね。

    終演後、昨日の飲み会2次会とかぶるメンツで、蒲田の和蘭豆というオイシイ喫茶店に長居してきました(^^;)

    ここのマタリ・アイスというアイスコーヒーは豆の味が濃厚でクリーミー。なかなかいい味です。

    あとケーキもおいしいです。

    銀座にもあります。

    スポンサーサイト


    マンドリン合奏 | 01:52:09| Trackback(0)| Comments(4)
    コメント
    怪しい人
    感想、興味深いです。確かにかっちんこっちんのモーツァルトも嫌かも。先週末はこの演奏会だけを楽しみに、仕事もしていたのですが予定が破綻して聞きにいけなくてがっかりです。万障繰り合わせていくつもりだったんですがね。
    2005-08-30 火 23:07:58 | URL | いとふ@岐阜 [編集]
    怪しい人?へ
    いとふさま

    ぜーんぜん、怪しくないっすよ。
    そもそも、いとふ様はOB会関係者ではありませんでしたか?
    にしてもいとふ様がいらっしゃらないのは、たしかに少々意外ではありました(^_^;)

    自分は、モーツァルトは縦の線よりもヨコの線、つまり各パートが、自分の受け持ちの旋律線を魅力的に歌わせることの方がより重要だと思うのですが、どうですかね?
    2005-08-31 水 01:00:21 | URL | タテラッツィ [編集]
    違うー
    あれあれ、自分はただの万年平卒業生でございますよぉー。

    モーツァルトに限りませんが、自分が楽譜に向かうと、まずは縦の線、次に横の流れ、というアプローチをしてます。Cbだからでしょうか(違う?)。なんだかひどく幼い考え方とも思いますが、これがなかなか自分には高い壁で、旋律を歌う(または歌えるように伴奏する)ことができないでいまねぇ。
    2005-08-31 水 23:37:02 | URL | いとふ@岐阜 [編集]
    え??そうなんですか?
    いとふさま

    あれ?OB会の役員されてんのかと思ってました(実質的には幹部待遇では?Y^_^Y)

    縦と横、これは永遠のテーマですよね。
    基本的にどちらかに偏った演奏多いですしね(これは必ずしも悪いことではなく、個性だと思いますが)。
    2005-09-01 木 02:30:22 | URL | タテラッツィ [編集]
    コメントの投稿
    管理者にだけ表示を許可する

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。