■PROFILE

タテラッツィ

  • author: タテラッツィ
  • 観たもの触れたもの、マンドリン音楽活動などについて、書いていきます。

    【告知】
    マンドリンオーケストラ“未完成』第11回演奏会
    2011年2月27日(日)浜離宮朝日ホール音楽ホール
    13時30分開場、14時開演
    シューベルト「未完成」、クルト・ヴァイル「小さな三文音楽」ほか。
    入場無料です。

    リベルテマンドリンアンサンブル2枚目のCD発売中!
    マンドリンオーケストラ編曲の最高峰と、新たな世界を切り拓いた委嘱作品を収録。

    指揮:中川賢一(Ken'ichi Nakagawa)
    マンドリン独奏:望月豪(Go Mochizuki)
    演奏:リベルテ マンドリン アンサンブル
       リベルテ マンドリン オーケストラ

    ご購入・お問い合わせはduende-juergaあっとまーくezweb.ne.jpまで!
  • RSS
  • ■RECENT ENTRIES
    ■CATEGORY
    ■ARCHIVES
    ■RECENT COMMENTS
    ■RECENT TRACKBACKS
    ■LINKS
    スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。


    スポンサー広告 | --:--:--| Trackback(-)| Comments(-)
    イヤらしいブログ
    仕事に復帰しました。


    今日の仕事はキツかった~。。。

    前回・前々回の入院の時は、復帰前日に近所をたっぷり散歩したりしてリハビリした上で職場へ行ったものでしたが、昨日の自分と言えば、家から一歩も出ずにグータラ。しかも昼寝付き!という極楽浄土ぶり。
    ギャップがでかすぎる・・・。

    マジで途中で倒れるかと思いました。
    でも職場で弱音は吐けませんしねぇ。
    なにせこちとら仕事に穴あけて迷惑かけてた身。

    「あー、キツィ~!」

    とかこぼそうものなら、コトバや表面上の態度の上では同情してくれても、もっと深い部分では、相手の感情はどう転んでも自分にとって良い方向にはならない気がする。
    同僚しかり、上司しかり、後輩しかり。
    特に上司。ハッキリ言って(潜在的)マイナス査定でしょう。

    というわけで、ブログの上だけでこぼしますー。

    「王様の耳はロバ」

    あ、違った。

    「あー、キツィ~!」

    ふぅ。


    そういえば、最近ちょっと読んだ本の中で、

    「日記を付けてる人は健康を維持しやすい」

    ってのがありました。

    これ、いろんな意味がありそうです。

    例えば、

    ・読んだ人が書き手自身も気づいてないような異変に気づき、アドバイスをくれる(ごくたまにはそんなこともありました)

    ・日記を書くという行為を通して自己分析できること(これは後から自分で読み返すと、とてもよくわかる)

    とかです。

    でもやはり一番大きいのは、

    ・口語では吐き出せないことも文章では結構いっぱい吐き出せてしまうので、悩みを溜めずに済む(まさに王様の耳はロバ)

    ってことじゃないででしょうか?

    自分は特に腎臓病発症後は、なるべくここで自分を曝け出してしまうことを心がけています。
    映画とかのこと書く時は、ハッキリ言って多少(?)カッコ付けてますけど・・・。

    っていうかこれは完全なる自己満足・・・?

    いやしかし、効能もあります。

    それにより、周囲の人には自分の状況をお知らせできるので必要以上の無用の心配をかけずに済むし、会った時にワザワザ説明しなくても、状況を知ってもらえるってのもある。

    実際、人と食事したり飲み会行ったりすると、

    「タテラッツィ(とは言わないけど)は、これは食べられないでしょ?」

    とか聞かれたりします。

    ハイ、余計なお世話です!(コトバ悪くてスミマセンm(_ _)m)

    「オレが食べるものはオレ様(っていうか主治医だけど)が決める!」

    ってなわけなのです。

    でもムリヤリ食わされそうな雰囲気とか作られたら、それもイヤですが(←ワガママ)

    そういう行き違いを起こさぬためにも、ブログでワタクシの状況や心境を知っておいてもらうことは、何よりもこのワタクシにとって有益。

    というわけで、このブログは知人の皆様に対しては、

    (イヤらしい言い方をすれば)
    「タテラッツィのデモンストレーション」機能を果たしている

    と言えるでしょう。

    まー、ワタクシ、そんな周到な計算高い人間じゃないので、ご安心を?(そんな計算できてたら、その前に塩分・たんぱく質こそを計算して病気の発症自体防げてます)。


    それから(良い意味の)ブログを始めた副作用として、ブログを通じての人との出会い・得られる情報や考え方・人生観もある。これは予想以上に大きい。

    などと、今日は「健康管理編」ではなくこちらで書いてみました。
    (だって、「健康管理」の話じゃないもんね)

    【閑話休題】

    アメリカを襲った巨大ハリケーン、カトリーナ。

    どうしてあっちのは、「カトリーナ」なんて女性の名前が付いてるクセに、日本だと、

    「台風○△号は大型で強い勢力を保ったまま北上を続け・・・」

    といった具合なんだろう??

    さらに言えば、いまだかつて「小型で弱い勢力の台風」というのは聞いたことがない。

    台風って【中型~大型】と【並み~非常に強い】しかカテゴリーないんかね?・・・ってのは、さすがに揚げ足取りか。

    実は最近知ったのですが、ちゃんと台風にもアジア名なる名称が2000年以降付けられてるんですねー。

    台風11号 アジア名 MAWAR(マーワー)
    台風12号 アジア名 GUCHOL(グチョル)
    台風13号 アジア名 TALIM(タリム)
    そして今回の14号はnabi(ナービー)

    なのだそうで。

    ナービーは何となく女性名詞っぽいけど、他は意味不明。

    なんだよ、グチョルって!

    (アジア系の言語の語源に関して無知なのを晒してるだけなので、ここらへんで、この揚げ足取りも終了しときます)

    アメリカの「カトリーナ」は完全に女性ですね。
    そういえば、男性名詞・女性名詞のある国では台風・ハリケーンに当たる単語は、ほぼ女性名詞になってるっていうのを聞いたことがあります。

    世の男性諸氏ならば、きっと同意でしょうか?

    「グルグル(@_@)掻き回す恐るべき来襲者、そりゃー女性さ!」

    って。あーこれは揚げ足取りならぬ爆弾発言でした・・・。
    スポンサーサイト


    日記 | 00:18:13| Trackback(0)| Comments(0)
    コメント
    コメントの投稿
    管理者にだけ表示を許可する

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。