■PROFILE

タテラッツィ

  • author: タテラッツィ
  • 観たもの触れたもの、マンドリン音楽活動などについて、書いていきます。

    【告知】
    マンドリンオーケストラ“未完成』第11回演奏会
    2011年2月27日(日)浜離宮朝日ホール音楽ホール
    13時30分開場、14時開演
    シューベルト「未完成」、クルト・ヴァイル「小さな三文音楽」ほか。
    入場無料です。

    リベルテマンドリンアンサンブル2枚目のCD発売中!
    マンドリンオーケストラ編曲の最高峰と、新たな世界を切り拓いた委嘱作品を収録。

    指揮:中川賢一(Ken'ichi Nakagawa)
    マンドリン独奏:望月豪(Go Mochizuki)
    演奏:リベルテ マンドリン アンサンブル
       リベルテ マンドリン オーケストラ

    ご購入・お問い合わせはduende-juergaあっとまーくezweb.ne.jpまで!
  • RSS
  • ■RECENT ENTRIES
    ■CATEGORY
    ■ARCHIVES
    ■RECENT COMMENTS
    ■RECENT TRACKBACKS
    ■LINKS
    スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。


    スポンサー広告 | --:--:--| Trackback(-)| Comments(-)
    「一日一便所の落書き」宣言
    昨日は夜出かけていて帰宅が遅くなったので、今朝になってから衆議院選挙の結果を知りました。

    ワタクシの予想、超ウルトラ大ハズレの巻~!(ニガ笑)

    まあ、

    「ド素人めが、勝手な憶測で当選予想なんて、すんなよ」

    っていうことかもしれません。

    でも、今後もやるかもしれないー!(ニヤリ)

    プロ野球の優勝チーム予想だったら、春先に評論家から街中のオッサンまでそこらじゅうでやってるわけで(もう最近は、あんまりやってないかもしれないけど)、まあそれと似たようなもんですよ。「今年は今岡打点王で金本HP王なら優勝やろ!」みたいな。政治だからって、なんら変わらない。

    日本人は政治のこととなると急に慎重になりますね。

    学校・職場などでも、政治の話なんて「空気を読んで」そうやすやすとはしないってのが一般的日本人の習慣。
    まあここ数日は例外だったかもしれませんけどねっ。

    ブログにしても、政治専門ブログは別として、それ以外で政治ネタ書いてるのは、ちょっと「血の気の多いサイト」という印象(失礼!)。

    ブログ発祥の地アメリカでは、ブログは一般人の政策論争の場となっているようですが、なにせ我々日本人は「徒然なるままに」の国民性ですから、おのずとブログも「いとをかし」のエッセイ風になっていく。

    「昨日食べた○△がめちゃウマだった!」

    みたいな(ってか、落選したけど、まさにそれホリエモンブログじゃん・・・)

    って自分も120パーセント、人のこと言えないけれど。

    で、政治のこととか書くとなると、自分の知識不足が露呈するのが怖ひ~!ってことで、怖気づいてしまう人、多くないですか?

    結局ブログ上で政治のことあれこれ書いてるのは、それなりに「お勉強」して理論武装しまくった方たちだらけだったりして。

    でもそんな人のブログ読むくらいなら、職業作家の本を金出して買うのと大差ないんだよね。。。なんて、まあタダで読めるから、自分もそういう人のは読みますけど(^^;)

    でも、自分としては、

    (政治だって何だって)言いたいことがあれば書けばいーじゃん。何を恐れてるの?

    って言っておきたい!

    インターネットってのは、どこかの匿名掲示板に限らず、しょせんは「便所の落書き」ですって。ただし、掃除のオジサン(オバサン)に迷惑をかけない品性のある落書きコーナー。それを目指せばいい。「読みたくないヤツは読まなければそれでいいだけのこと」ってわけです。

    で、特に秀でているワケでもない普通の民がそうして声を上げていくことでしか変わらないものも、この世の中、必ずあると思うんですよね。

    基本的にインターネットやってる人ってのは、テレビや新聞・雑誌で作られたムーヴメントに懐疑的になれるだけの情報や考え方を仕入れることがいくらでもできるわけで。

    だから、ネット隆盛の世の中じゃテレビはもはや巨大ブームを作り出せない、なんていう説も2000年頃には結構あった気がしますが、フタを開けてみれば、その後の「韓流」だって「小泉旋風」だって、ネット主導とは言いがたい。

    もちろん、ネットからメディアが輸入した「電車男」みたいな例もあるにはあるのですが、ネットによって「個」の力が「マス」に拮抗するっていうネット界の幻想は、未だ幻想のままという気がする。

    ブログ、「いとをかし(はぁと)」ってだけでなく、「いとオカシイ!」っていう声を出す場にも利用してみませんか?

    思うに、自民党が「地滑り的」と言われるほどの大勝利をして民主党が歴史的惨敗をした背景もそんな所にありそう。

    民主党ってどうしても、

    「アタマでっかちな腕白小僧たち」

    ってイメージあるじゃないですか(?)

    で、そんな彼らは今回、「ハッキリ言って中身はようわからんけど、何となく歯切れがいいから、応援しちゃいたくなる!」っていう小泉さんにやられちゃったわけですよね。

    中でも一番流行に弱い関東で一番顕著に民主党が惨敗して、阪神ファンや広島ファンなどの「判官びいき」が多い?近畿や中国、それから寒冷地(後述)では、比較的善戦したってのも、興味深い。

    でも、これ、アメリカも実は一緒。

    特に、前々回、ブッシュJrが初当選した時の大統領選挙。

    ライバルの民主党ゴアとの党首対談では、完膚なきまでに論破されていたブッシュ。
    なのにあの歴史に残る大接戦の末、勝利したのはブッシュ。

    どこかに書いてた分析では、

    「論破して勝ち誇っていたゴアが冷たく見えたからみんなブッシュに同情した」

    なんてありました。

    結局、民主主義ってのは、いずこの国でも「左脳系」じゃ勝てないんすかね?
    小難しい政策なんて、国民のほとんどはわかってないもの。
    それじゃ「ドイツ緑の党」みたいな「ニッチ系」の政党は作れても、政権奪取はムリですよね(そういう点では、ここに来て事実上二大政党制の現実を追認し、「ニッチ政党」狙いになり始めた共産党と社民党の勢力維持の流れも、次回以降注目ですね)。

    でもって今回、実は北海道だけが民主党善戦しました。

    これ、寒冷地では小泉のブッシュ系ノリノリよりも、岡田流プーチン系クールさが勝利したってことかもしれない?

    -------------------------------------

    自分は今回の民主党のマニフェスト、実は隅から隅まで熟読しました。
    ハッキリ言って、いいこといっぱい書いてるんです。

    一番いいのは「高速道路原則無料化」

    そんなことされたら・・・ドライブしまくっちゃいますよー!!(爆)

    なんてレベルの「飴玉的」政策もあれば、年金一元化だとかイラク年内撤退、セカンドオピニオンの充実(このへんの医療改革はワタクシ個人的に超重要!)など、身のある話も多い。

    でも、それを全文読んだところで思ったことが

    「で、だから何なの?」

    つまり、民主党のマニフェストってのは「重要な事柄は細部に宿る」というマニエリズムに冒されてるんです。その公約を全部やったとして、いったいどういう日本になるのか、ようわからんというか。

    単細胞に「郵政民営化」を連呼してただけの公約に大敗したってのを見ていて、昔、テレビゲームの格闘モノで、中途半端にワザを覚えていた自分があれこれ戦略を練って攻撃しようとしてたら、ド初心者のとにかく「パンチとキックボタン連打」攻撃になすすべなくボコボコにされて惨敗した時のことを思い出させられました。

    でも、上級者の友人は、さすがにそのド初心者の猪突猛進攻撃をヒラリとかわしてノーガードのボディへ悠々と攻撃してました。

    民主党って政党は、今、結党当時のヤンチャ期を過ぎ、中級者の悩める段階に入ったんでしょうね。

    そうそう、自分の住んでる選挙区、大接戦で最終的にわずか3ケタの得票差しかありませんでした。10数万レベルの得票で差が3ケタって、1パーセントも違わないってことです。このくらいの差だと一票の重みを感じますね。
    スポンサーサイト


    時事 | 23:02:49| Trackback(0)| Comments(0)
    コメント
    コメントの投稿
    管理者にだけ表示を許可する

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。