■PROFILE

タテラッツィ

  • author: タテラッツィ
  • 観たもの触れたもの、マンドリン音楽活動などについて、書いていきます。

    【告知】
    マンドリンオーケストラ“未完成』第11回演奏会
    2011年2月27日(日)浜離宮朝日ホール音楽ホール
    13時30分開場、14時開演
    シューベルト「未完成」、クルト・ヴァイル「小さな三文音楽」ほか。
    入場無料です。

    リベルテマンドリンアンサンブル2枚目のCD発売中!
    マンドリンオーケストラ編曲の最高峰と、新たな世界を切り拓いた委嘱作品を収録。

    指揮:中川賢一(Ken'ichi Nakagawa)
    マンドリン独奏:望月豪(Go Mochizuki)
    演奏:リベルテ マンドリン アンサンブル
       リベルテ マンドリン オーケストラ

    ご購入・お問い合わせはduende-juergaあっとまーくezweb.ne.jpまで!
  • RSS
  • ■RECENT ENTRIES
    ■CATEGORY
    ■ARCHIVES
    ■RECENT COMMENTS
    ■RECENT TRACKBACKS
    ■LINKS
    スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。


    スポンサー広告 | --:--:--| Trackback(-)| Comments(-)
    「のだめ」でクラシック
    「のだめカンタービレ13巻」、無事に読み終えました!



    大流行のこの漫画、今さら説明不要でしょう。

    数百万部の売り上げを誇る大人気クラシック音楽マンガ。

    と言っても、

    「パリに舞台が移ってから、もう一つテンション落ち気味かな?」

    なんて思ってましたが、今回はあっと驚くような展開もあって、なかなか良かったです!

    何と、最新号では、実在の名指揮者デプリーストも登場します。
    まー、彼の風格から○「ブ」リーストなんていう勘違いをした時期もありましたが・・・。
    いやー、そんなのは大失礼になってしまう、押しも押されぬ東京都交響楽団(都響)の音楽監督です。

    ちなみに、現在の在京オケの音楽監督は以下のとおり

    NHK交響楽団 ウラディーミル・アシュケナージ
    新日本フィル クリスティアン・アルミンク(桂冠名誉指揮者:小澤征爾)
    東京都交響楽団 ジェイムズ・デプリースト
    読売日本交響楽団 ゲルト・アルブレヒト(常任指揮者)
    日本フィル 小林研一郎
    東京フィル チョン・ミュンフン(スペシャル・アーティスティック・アドヴァイザー)
    東京シティフィル 飯守泰次郎(常任指揮者)


    この顔ぶれの中では割と地味な印象のデプリースト氏。でも、上記の中なら個人的にはチョン・ミュンフンと並んで一番聴いておきたい指揮者ですね。

    自分がデプリーストの指揮する演奏会に行ったのは、新日本フィルのバルトークのヴァイオリンコンチェルト2番+ショスタコの交響曲12番というエラくヘビーなプログラムの時でしたが、特にショスタコは大満足の演奏会でした。

    まーデプリースト氏については、ワタクシなんぞより素晴らしい(?)「あの」お方の表現をご紹介いたしましょう。

    いかなる種をも芽吹かせ
    健やかに育む豊饒なる大地。
    生命あることへの歓喜に満ちた
    彼の音楽とその人間性は
    多くの人に愛されてやまない。
                 By 佐久間学


    ちなみに「月刊都響2005年1月号」では、のだめの作者、二ノ宮知子氏とデプリースト氏との対談がありました。この「月刊都響2005年1月号」、たしかウチにあるハズなのですが、どっかに行ってしまいました・・。
    でも、内容はコチラから読めます!!

    ちなみに次のデプリーストが指揮する都響の公演は11月ですね。

    -----------------------------------------------------------------


    東京都交響楽団定期演奏会
    ≪デプリースト=ショスタコーヴィチ・シリーズ≫


    Aシリーズ 2005年11月14日(月)東京文化会館(上野)
    Bシリーズ 2005年11月15日(火)サントリーホール(赤坂)

    指揮/ジェイムズ・デプリースト
    ヴァイオリン/矢部達哉(都響ソロ・コンサートマスター)
    ヴィオラ/鈴木学(都響首席ヴィオラ奏者)

    武満徹:弦楽のためのレクイエム(1957)

    モーツァルト:協奏交響曲 変ホ長調 K.364

    ショスタコーヴィチ:交響曲第1番 ヘ短調 op.10


    自分も体験しましたが、デプリースト氏のショスタコはとても歯切れが良く、聴き易い演奏に仕上がると思いますので、個人的にもオススメの演奏会。さっそくチケットゲットしようか検討中です。

    ------------------------------------------------------------------

    もう少しメジャーなプログラムがいい!って方には下記の3点をば。



    プロムナードコンサート
    2005年11月19日(土)14時 サントリーホール(赤坂)
    指揮/ジェイムズ・デプリースト

    モーツァルト:交響曲第39番 変ホ長調 K.543

    ベートーヴェン:交響曲第3番 変ホ長調「英雄」op.55


    「英雄」ってのは、全てのクラシック音楽の中でも、最も指揮者の個性がわかりやすく現れる曲の1つだと思います(ワタクシがこの曲のCDを30種類近く持っていることも、たぶんこのことと関係があります。ちょっと気になる指揮者がいたら、すぐ「英雄」で試し聴きしてみたくなるのです)。

    ----------------------------------------------------------------

    ●11月23日(水・祝)14時 調布市グリーンホール(東京)
    調布シリーズ No.7
    指揮/ジェイムズ・デプリースト ピアノ/佐藤美香
    曲目/外山雄三:こもりうた(交響組曲「東京」より)
        ショパン:ピアノ協奏曲第1番
        ドヴォルジャーク:交響曲第9番「新世界より」


    「新世界より」もデプリーストには合ってそうなので、楽しみです。
    ショパンみたいな繊細なタイプの曲はどうなんでしょうか?
    外山雄三氏には「管弦楽のためのラプソディ」という名曲もあるので、ちょっと聴いてみたい感じ。

    ----------------------------------------------------------------
    東京芸術劇場シリーズ
    ≪作曲家の肖像≫ラフマニノフ


    2005年11月27日(日)14時 東京芸術劇場(池袋)

    指揮/ジェイムズ・デプリースト
    ピアノ/横山幸雄

    ピアノ協奏曲第2番 ハ短調 op.18

    交響曲第2番 ホ短調 op.27


    これはショパンコンクール入賞でも知られる名ピアニスト横山幸雄のラフマニノフ・ピアコン2番を聴けるという素晴らしいメリットもあるし、日曜日の公演なので、当然オススメ!!

    最近では「CDブック」なんてのも発売されるくらい、この「のだめカンタービレ」で出てくる音楽にも読者は興味深々らしい(クラヲタなワタクシは、さすがにこのマンガに登場するくらいの曲はほぼ全部知っておりますけどね(^0^;)

    --------------------

    でもって、この最新13巻に登場する曲のオススメCDをご紹介しておきましょうか。

    ピアノ,オーボエとバスーンのための三重奏曲 FP43(プーランク作曲)

    のだめと黒木君たちのトリオで練習している曲です



    HMVで買うと大幅な割引がある模様

    プーランク室内楽全集(2枚組)ル・ルー(ob)、ル・サージュ(p)、パユ(fl)ほか

    1999年7&8月デジタル録音。フランス中心に腕の立つプレイヤーを揃えて取り組まれた非常にゴージャスなアルバム。プーランク作品の親しみやすく多面的な魅力をセンス良くあらわした秀演が揃っています。管楽器の音色の魅力を鮮やかに再現した優秀録音もポイント。151分50秒収録。

    これは1999年にレコードアカデミー大賞も受賞した超名盤。

    ピアノの弱音が壊れそうなくらい美しい。たぶん「のだめ」とはタイプが違うだろうけど・・・。

    オーボエもとてつもなく優しく繊細な音。黒木君の音はこんな感じかもしれない?

    バスーンでさえ?繊細な響きで、とにかく上品。
    優雅な時間を過ごせる音楽です。

    プーランク、自分的には鳥獣用じゃなかった超重要作曲家です。
    1920年代のフランスで花開いた「フランス六人組」の中心的作曲家。

    なにせ、我らがマンドリン五重奏団les Cinq(レサンク。「五人組」の意)は、不敵にもフランス六人組から名前を取っているのです。

    六人組、中でもプーランクが目指したムダな装飾や風習を排除したシンプルで古典に立ち返った新しくも古い姿勢の音楽は、私たちの音楽で理想としているものです。
    というわけで、この2枚組CDは、ココ数年来、ワタクシのバイブル的存在なのです。

    他の曲もみんなくつろげて美しくて楽しい曲ばかりですので、これは全ての人にオススメです!

    -----------------------------------------------------------------

    ボレロ(ラヴェル作曲)



    ラヴェル:管弦楽曲集第一巻
    クリュイタンス指揮パリ音楽院管弦楽団


    この今は亡き「パリ音楽院管弦楽団」。つまり「のだめ」も通っているコンセルヴァトワール(パリ音楽院)のオケなんですよ、これ!
    1950~60年代のフランスでは最強のオケだったようです。

    ラヴェルと言えばクリュイタンス、クリュイタンスと言えばラヴェルってくらい不可分な両者。いわゆる定番中の定番です。
    自分は初めて「ボレロ」を聴いたのはカラヤン/ベルリンフィルだったのですが、その演奏がどうしてもピンと来なくて、このクリュイタンス盤でビミョーにテンポ・ルバート(テンポを固めずに動かす)をかけた潤いのあるこの演奏を聴いた時から、一気に「ボレロ」は退屈な音楽ではなくなりました。

    ----------------------------------------------------------------

    魔法使いの弟子(デュカ作曲)



    デュトワ指揮モントリオール管弦楽団

    この「デュトワ・フレンチコンサート」というCD、何故か?マンドリン業界では持ってる人多数ですね。自分はこのCD持ってる人、フタ桁は知ってます。でも「ウン万枚売れた!」などという話も聞かないので、所持している人の数パーセントが知人みたいな状態なのかもしれません(笑)。

    N響の前音楽監督デュトワは、N響の音をフランス的にしただの何だの言われた人。賛否両論ありますが、一応彼のレパートリーの中心はフランス物ということになっています。

    で、このアルバムは選曲がキャッチー!!

    サティ「ジムノペディ」(管弦楽編曲版)とか、
    シャブリエ「狂詩曲スペイン」(通称「狂スペ」)とか、
    サン=サーンス「バッカナール」(サムソンとデリラより)とか。

    そしてそれ以外に超オススメなイベール「ディヴェルティメント」まで入っている!

    そしてこの「魔法使いの弟子」(通称「まほでし」?)

    まで。あー「まほでし」ってのは、ワタクシの通ってた学校の近くにあるスパゲティ屋の名前だったか。。。まだあるのかね・・・?






    スポンサーサイト


    音楽全般 | 00:02:05| Trackback(0)| Comments(0)
    コメント
    コメントの投稿
    管理者にだけ表示を許可する

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。