■PROFILE

タテラッツィ

  • author: タテラッツィ
  • 観たもの触れたもの、マンドリン音楽活動などについて、書いていきます。

    【告知】
    マンドリンオーケストラ“未完成』第11回演奏会
    2011年2月27日(日)浜離宮朝日ホール音楽ホール
    13時30分開場、14時開演
    シューベルト「未完成」、クルト・ヴァイル「小さな三文音楽」ほか。
    入場無料です。

    リベルテマンドリンアンサンブル2枚目のCD発売中!
    マンドリンオーケストラ編曲の最高峰と、新たな世界を切り拓いた委嘱作品を収録。

    指揮:中川賢一(Ken'ichi Nakagawa)
    マンドリン独奏:望月豪(Go Mochizuki)
    演奏:リベルテ マンドリン アンサンブル
       リベルテ マンドリン オーケストラ

    ご購入・お問い合わせはduende-juergaあっとまーくezweb.ne.jpまで!
  • RSS
  • ■RECENT ENTRIES
    ■CATEGORY
    ■ARCHIVES
    ■RECENT COMMENTS
    ■RECENT TRACKBACKS
    ■LINKS
    スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。


    スポンサー広告 | --:--:--| Trackback(-)| Comments(-)
    メイキング・オブ・レサンク
    10月2日(日)練習記録

    マンドリン五重奏団les Cinq(レサンク)in 東京都葛飾区
    10時-17時
    (その後19時半まで運営に関する打ち合わせ)

    ≪午前中≫

    ヴァイオリン協奏曲「調和の幻想」作品3-6(ヴィヴァルディ)

    ヴァイオリン(ここではマンドリン)ソロが見せ所の曲。
    トゥッティは上手くそれを支えるためにバランスを考える必要があります。

    3楽章の練習量が足りてないことに気づく。伴奏パートはヴァイオリンソロ部分を全てピチカートで弾くことに決定。
    1分程度しかない2楽章(緩徐楽章)はウチの編成としては、やりにくいので、本番でも演奏するかどうか迷ったが、今日初めてまともに練習して(汗)何とかなりそう!ってことで演奏することに。
    1楽章は確認程度。全体に強拍・弱拍をもっと意識する必要アリ。

    「目覚めよと叫ぶ物見らの声」(J.Sバッハ)
    曲名だけでは知らない人がいても、聴いたらほとんどの人は聴き馴染みがあるのでは?というタイプの曲。
    この曲のメロディは、バッハの数ある名曲の中でも最も美しいものの1つでしょう。

    事実上、今日が練習始動日。
    まずテンポ設定であれこれ試行錯誤するも、「各自、曲をもっと研究してから決める」ことに。
    まーバロックは概してみんなそうだが、特にこの曲なんかは、オルガン版・ピアノ版・弦楽合奏版・合唱付きオケ版など、各種あり、それぞれの特性によってテンポも曲の雰囲気もまちまち。決定的な解釈は存在しないと言って良いでしょう。

    マンドリン合奏でありがちな「トレモロか単打か」議論もいっぱい出る。

    「アウフタクトの8分と16分は単打、あとはトレモロ」
    「16分以外はトレモロ」
    「16分も含む全てトレモロ」
    「8分も全部単打」

    全てのパターンで試しました。
    で、これもテンポ設定次第という所もあるので、宿題に。

    「組曲ドリー」第1・2・6曲目(フォーレ)
    フォーレが知り合いのお嬢さんのために書いた愛らしいピアノ連弾曲。
    その後、ピアノソロ版・数種類のオケ版が出ました。
    ほとんどの曲がそれほど音数が多くないシンプルなもので、構成も単純な3部形式を取るものが多いです。

    これは正真正銘の初合奏。まだ編曲されて数時間!という生まれたてのホヤホヤのものを音にするありがたい機会。
    今年はマンドリンオケ“未完成』でもこの曲をやりますが(どちらの楽団とも選曲作業にワタクシは関与してたりするのですが)、編曲の違いがなかなか楽しいです。
    2曲目「Mi-a-ou」や6曲目「Le pas Espagnole」は、2~3回通した後、本番を想定したインテンポに挑戦。結果は・・・要個人練。

    ≪午後≫

    「セントポール組曲」(ホルスト)
    イギリスの学生弦楽合奏団のためにホルストが書いた音楽。
    元々がアマチュア向けということもあり、演奏の難易度はそこそこのレベルに収まる上に、演奏効果バツグン(4楽章では、あの「グリーンスリーヴス」まで登場!)なので、なかなか人気もある曲です。

    1楽章は、このまま本番でも一応は問題ないレベルまで来た感じ。あとは演奏のノリを良くするために、細かい所でテンポ操作をしてみたり、そんなことを今日はやってました。残る課題はffなどが少々やかましすぎるので、mfやfの部分から全体の音量を少し下げる必要があるかもしれませんねー。

    2楽章と4楽章は結構問題山積み。
    とりあえず、各自が家でメトロノーム使って練習する所から再確認ってところかも。4楽章は演奏のノリは良いのだが細部が荒い感じ。2楽章は何度か合わせると成功したり失敗したりで、非常に危うい。
    3楽章は、もっと他パートをよく聴いて呼吸で合わせていかないと。あちこちで縦の線がずれてました。

    「チェチェリアーナ」(マンドニコ)
    「マックス・ローチの主題に依る10の変奏曲」という副題の付いたこの変奏曲は、途中でジャズのリズムに変化したりして、弾く方としても、なかなかノリノリになれる曲です。

    もっとも練習量がまだまだ足りてないことを今日は痛感。
    こういう曲は譜面ヅラを睨めっこしてるうちは、どうしても生きのいい演奏にならないので、覚えこんでその先の部分で遊んでやろうという感じにもっていければいいのですが。結局、「弾きこみが足りない」って所に尽きますでしょうか。

    ≪練習後、打ち合わせ≫
    ・チラシの記載内容
    →ワタクシが作成したチラシへの「ダメ出し大会+自分のイイワケ大会」の様相が・・・。このブログ送信しちゃったら手直し作業開始です!(笑)
    ・当日の進行(受付、照明、進行、録音などなど)
    ・プログラムの部数と紙質・サイズ・ページ数決定
    ・チラシ印刷数と配布先、その他宣伝方法について
    ホームページのこと
    ・当日の服装(さーて、どうなったでしょうか!?)
    ・使用する弦の種類(今はメンバーが所属する他の楽団のことや使用楽器との相性も考え、弦のメーカーは各自自由にしているが、それを今後どうするかという話)
    ・お客様用のお茶菓子の手配方法(お楽しみに!今度の練習で団員で「試食会」を催すことに^^)、などなど。

    今回は、ちょっとデモンストレーションも兼ねて、新アンサンブルles Cinqの活動を等身大レベルで記録してみました。
    スポンサーサイト


    マンドリン合奏 | 00:18:56| Trackback(0)| Comments(2)
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。