■PROFILE

タテラッツィ

  • author: タテラッツィ
  • 観たもの触れたもの、マンドリン音楽活動などについて、書いていきます。

    【告知】
    マンドリンオーケストラ“未完成』第11回演奏会
    2011年2月27日(日)浜離宮朝日ホール音楽ホール
    13時30分開場、14時開演
    シューベルト「未完成」、クルト・ヴァイル「小さな三文音楽」ほか。
    入場無料です。

    リベルテマンドリンアンサンブル2枚目のCD発売中!
    マンドリンオーケストラ編曲の最高峰と、新たな世界を切り拓いた委嘱作品を収録。

    指揮:中川賢一(Ken'ichi Nakagawa)
    マンドリン独奏:望月豪(Go Mochizuki)
    演奏:リベルテ マンドリン アンサンブル
       リベルテ マンドリン オーケストラ

    ご購入・お問い合わせはduende-juergaあっとまーくezweb.ne.jpまで!
  • RSS
  • ■RECENT ENTRIES
    ■CATEGORY
    ■ARCHIVES
    ■RECENT COMMENTS
    ■RECENT TRACKBACKS
    ■LINKS
    スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。


    スポンサー広告 | --:--:--| Trackback(-)| Comments(-)
    「音楽が脇役」ということ
    今日は自分の所属するリベルテマンドリンアンサンブルのメンバーの結婚式で演奏をしてきました。

    新郎新婦ともに仲むつまじい感じが随所に伝わってきて、とてもいい感じの式でした。

    自分は今回、招待客という立場ではなく演奏者という立場でお呼ばれに預かった次第ですが、でも久々に出席した結婚式。

    やっぱり人生で輝いてる瞬間にいる人って、いい顔してるなー、って思いました。末永いお幸せをお祈りします。

    さて、今日の演奏ですが、これは非常に特殊なものでした。
    まあ、学生の頃から含めるとこれまで数回はいわゆる「出張演奏」をしたことがありまして、病院だとか学校だとか、そういう所に呼ばれて演奏してきました。でも、こういった式典の場ってのは、病院や学校での出張演奏とも決定的に違うものがあります。

    まず、自分たちが普段、コンサートホールで演奏している音楽というのは、基本的に

    「(例えお義理でも)お客さんが自らの足を運んできてくださったもの。静かに演奏に集中する、音楽が主役のもの」

    です。

    これが病院や学校への主張演奏になった場合は、最初の一文こそ抜けますが、それでも後半はそのまま。つまり音楽が主役なんですね。

    でも今回は、これが根本的に覆された体験ってことで、とても新鮮でした。

    「お客さんの目的(食事・談笑・式のムード醸成など)の邪魔にならぬよう、しかしムードを盛り上げるよう効果的に演奏する」

    言ってみれば、選手の応援歌を吹いて、その打席が終わると曲の途中でも演奏をやめる野球場のトランペッターの気持ちがわかったぜ!って感じですかね。

    こういう「機会音楽」はとても勉強になりました。

    【特に気付いた点】

    ・会場の音響がコンサートホールみたいには響かない。マンドリンサイズとは限らない(大きすぎて聴こえない、など)。相当強く弾かないと聴こえないが、強く弾き過ぎても間近で食事して談笑しているお客さんに邪魔になってしまう。

    ・参加者は我々の音楽を聴きに来ているわけじゃない(当たり前)。皆さんの会話の邪魔をしないように、それでも場の雰囲気がイイ感じになるように演奏しなくちゃいけない。

    ・奏者同士の距離が離れていて、アイコンタクトが難しかった(13人で指揮者ナシなので、アイコンタクトが重要)。

    ・お客さんは談笑などしていて聴いてないようですが、もしBGMがミスしまくりだったら、恐らくそういうことには気付くような気がします(特に音楽演奏経験者のお客さんは)。それはそれでお客さんもやっぱり腹立たしいでしょう?
    なので、なるべくミスはすべきでない(これは演奏会も同じですが)。

    ・披露宴の展開に注意し、「ご歓談」から何か違うイベントに移行した折には即座に演奏を中止しないといけない(コンマスがやってくれますが)。そういう点で、演奏だけに集中するのに、何かコツが要りそう


    いずれにしましても、今回はとても良い経験をさせていただきました!
    舞台度胸も(少しは)つきました!

    今日は久々でしたが、今後も機会があれば、こういう出張演奏はどんどんやりたいですねー。

    ---------------------------------------------------------------

    次にマンドリンオケ“未完成』の合奏練習に行ってきました。

    【練習曲目】
    「組曲ドリー」全曲(フォーレ)、劇音楽「アルルの女」より(ビゼー)

    「ドリー」はこれで3回目の合奏。
    そろそろ音取りレベルの話から、音楽の詰めに入る段階です。
    特に奏法の約束事は、演奏会まで4か月ある今のうちにある程度整理できておくと、ラクですね。

    「アルル」について今回特筆されるのは、よく演奏されている(というか99パーセント以上?)組曲版じゃなく、劇全体からの抜粋という形を取っている点です。

    こちらは今日が初合奏。とりあえず、全体を一度通しただけ。
    本当に最初の最初なので、通すだけでもいろいろ難儀ではありました。
    でも、10月前半のこの段階で一度でも通しておけたことで、今後のステップも優位に展開できそうです。

    【その他】
    ★基本的にここ数年、秋に演奏会が集中している自分としては、この時期は練習量が多くなり、奏者としてのコンディションも良好なのですが、そうじゃない人にとっては、正直この時期は楽器弾きとしてリハビリ中みたいな感じ。まだまだこれからですね。

    ★左手の人指し指を(生まれて初めて)釣りました!

    少しの間でしたが、手の指がマヒしたかのように完全に動かなくなりました。

    いったいどんな弾き方しとるんじゃー!!

    って怒られそうですが、自分もこんなの人生初ちょっと動揺しましたよ。

    何が原因だったんだろう・・・。

    スポンサーサイト


    マンドリン合奏 | 02:09:08| Trackback(0)| Comments(0)
    コメント
    コメントの投稿
    管理者にだけ表示を許可する

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。