■PROFILE

タテラッツィ

  • author: タテラッツィ
  • 観たもの触れたもの、マンドリン音楽活動などについて、書いていきます。

    【告知】
    マンドリンオーケストラ“未完成』第11回演奏会
    2011年2月27日(日)浜離宮朝日ホール音楽ホール
    13時30分開場、14時開演
    シューベルト「未完成」、クルト・ヴァイル「小さな三文音楽」ほか。
    入場無料です。

    リベルテマンドリンアンサンブル2枚目のCD発売中!
    マンドリンオーケストラ編曲の最高峰と、新たな世界を切り拓いた委嘱作品を収録。

    指揮:中川賢一(Ken'ichi Nakagawa)
    マンドリン独奏:望月豪(Go Mochizuki)
    演奏:リベルテ マンドリン アンサンブル
       リベルテ マンドリン オーケストラ

    ご購入・お問い合わせはduende-juergaあっとまーくezweb.ne.jpまで!
  • RSS
  • ■RECENT ENTRIES
    ■CATEGORY
    ■ARCHIVES
    ■RECENT COMMENTS
    ■RECENT TRACKBACKS
    ■LINKS
    スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。


    スポンサー広告 | --:--:--| Trackback(-)| Comments(-)
    クァルテット・ウェンズデイ(バルトーク弦楽四重奏全曲演奏会)
    毎日更新がウリ?のこのブログですが、昨日更新しなかったのは、リベルテの演奏会告知のためという黒いウワサ(笑)がありますが、真偽の程はヒ・ミ・ツです。

    そのリベルテの演奏会が開かれる第一生命ホールでは、水曜日をクァルテット・ウェンズデイと称し、様々な弦楽四重奏団(クァルテット)の演奏会を自主事業として展開しています。

    我々のようなアマチュアに貸し出す「貸しホール事業」ばかりでは、ホールとしての一貫性が失われてしまう、という側面もあるのです。
    ホールの自主事業が素晴らしいのは、ここ第一生命ホールの他、武蔵野市民文化会館などがありますね。あーあと、三鷹市芸術文化センターやフィリアホールもなかなかでしょうか。

    さて、今日は仕事を何とか抜け出すことに成功したものの、開演すべり込みで入場。奏者の入場とワタクシの入場が同時という状態だったため、後ろの方の空いている席にとりあえず座らされました。この辺り、この第一生命ホールのレセプショニストの方は、いつも手際が良くて感心してしまいます。

    バルトークの弦楽四重奏曲というのは、鋭利な刃物で切り刻んでいるかのようなシャープな音楽というイメージがあります。それは実は特定の曲・楽章についてしか言い当てていない(端的には第4番の第1・5楽章あたりでしょうか)と思うのですが、それらの楽章はいわばバルトークという作曲家のある種のトレードマークになっていることもまた事実(オケコンや弦チェレではなく)。

    この第一生命ホールの残響豊かな音場は、正直、バルトーク向きではないように思いました。音が美しくハモり過ぎて、バルトークの先鋭性が薄められてしまうような気がしました。

    自分の乏しい経験から言えば、バルトーク向きだと思う都内の音楽ホールと言えば、

    室内楽・ソロリサイタル向け→トッパンホール・紀尾井ホール
    オケ向け→東京文化会館・東京オペラシティ


    逆にバルトークに不向きな気がする音楽ホールは、

    室内楽・ソロリサイタル向け→カザルスホール・第一生命ホール・川口リリア音楽ホール・武蔵野市民文化小ホール
    オケ向け→サントリーホール・NHKホール・オーチャードホール・所沢ミューズ

    ですかね。もっともNHKホール向けなクラシック音楽なんて、この世に1つたりともなさそうですが・・・。

    さて、バルトークの弦楽四重奏曲全6曲全曲演奏会の第2弾です。(9月28日の第一弾は仕事が忙しかった時で、聴きに行けず・・・)

    10月12日(水)19:15
    〈クァルテット・ウェンズデイ#42〉
    古典四重奏団 バルトーク全曲演奏会2

    出演: 古典四重奏団[川原千真/花崎淳生(Vn)、三輪真樹(Va)、田崎瑞博(Vc)]
    曲目:バルトーク/弦楽四重奏曲第4番Sz91、弦楽四重奏曲第5番Sz102、弦楽四重奏曲第6番Sz114


    これらは、バルトークの中で代表的な位置を占める作品群であるばかりでなく、かつて人類が築いたあらゆる音楽の中でも最高峰の1角を占めると言って過言ではないものです。

    バルトークの弦楽四重奏の、特に第3~6番に匹敵する音楽と言えば、ワタクシの独断と偏見によると、

    ・バッハの「フーガの技法」「音楽の捧げ物」「ミサ曲ロ短調」
    ・ベートーヴェンの弦楽四重奏12~16番とピアノソナタ28~32番の後期作品群
    ・ブルックナーの交響曲5・7・9番
    ・ブラームス後期のピアノ作品群(6つのピアノ小品とか)
    ・シューベルト「未完成」
    ・マーラーの交響曲第9番
    ・ジョン・レノンのいくつかの曲

    全音楽史で見ても、きっとこれくらいしかありません。

    (めちゃくちゃ異論反論ありそうですが^^;)

    今日はその音楽史の金字塔的作品群6つのうち特に密度の濃い後期3曲を古典四重奏団が演奏。

    古典四重奏団は日本の弦楽四重奏団で、その名のとおり、古典派音楽(バッハ等を含む)をレパートリーの中心に添えているアンサンブルです。しかし、ショスタコーヴィチやバルトーク、さらにはスティーヴ・ライヒやペルトなどに至る現代音楽も演奏しています。

    恐るべきことに、このクァルテット、なんと全ての演奏をオール暗譜で行います!
    これは圧巻で、初めて彼らの演奏を聴いた時(ベートーヴェンの15番作品132でした)には、途中で間違えやしないかと、身の程知らずな心配をしたものでしたが(^^;)、今ではこの「オール暗譜」が如何に高い緊張感を生み、楽譜に依存しないアンサンブルの呼吸を生み出すのかを、身をもって知ることとなりました。

    古典四重奏団はいい意味で「アマチュア的」だと思います。
    とにかくいろんなことにチャレンジする。

    先日、はむらぼさんのサイトで、アマチュアとは「本番にかける想い」が違うということが紹介されていましたが、そういう点だけを取れば、この古典四重奏団メンバー、中でもチェロの田崎氏は非常にアマチュア的です。
    彼は「音楽三昧」というアンサンブルもやっていまして、これがめっちゃ楽しい!
    ショスタコの交響曲第5番をたった5人で弾いてしまったり、オケものの編曲をこれでもか!ってくらい積極果敢に、しかも非常に高い完成度で演奏します。
    彼らの演奏を聴くことは、「編曲モノを演奏するとはどういうことか?」という命題を常に抱えるマンドリン業界の人には好適かもしれません。
    実に軽やかにこの問題をクリアしてくれています。

    【弦楽四重奏曲第4番 Sz91】
    5つの楽章から成るバルトーク弦楽四重奏曲群の中でも最高傑作の呼び声高い作品。
    有名なバルトークピチカート(弦を指でつまんで指板に向かってバチン!と打ち付ける奏法)や、スルポンティチェロ(駒の近くで弾いて擦れたような音を出す)など、特殊奏法の宝庫でもあるこの曲は、バルトークの特徴の1つでもある民俗舞踏的側面を大いに楽しめるもの。
    しかし同時に第3楽章では「夜の音楽」というバルトークのもう1つの特徴、静謐で緊張感の高い音楽も味わうことができます。

    今回の演奏では、ホールの響きのせいもあってか、やや鋭さに欠けた印象が・・・。第4楽章のピチカートは、なんだかJシュトラウスの「ピチカートポルカ」を聴いてるかのような甘ったるささえ、感じられました。バルトークをそこまで柔和に演奏できることも、ある意味ものすごいことだとは思いますが・・・。

    【弦楽四重奏曲第5番 Sz102】
    こちらも全5楽章。第3楽章のブルガリア風のリズム(4+2+3=9拍子)が印象的なこの曲は、第一楽章、騒々しい重音(オクターブ分の同じ音を弾いている)から始まります。
    第2楽章ではトリル、第4楽章ではピチカートが多用されています。
    この2つの緩徐楽章はバルトークの音楽の中でも最も凝縮度の高い緊張感あるものとなっています。

    この古典四重奏団の演奏としては、自分はこの第5楽章が一番楽しめました。しかしお客さんの5人に1人くらいが、この曲でぐっすりオヤスミになっていた・・・。第4楽章後半から始まる「嵐」の音楽(ベートーヴェンの「田園」交響曲みたいな)でさえ、起きないんです!今日の第一生命ホールはさぞかし満席近くまで行くだろうと思いきや、700以上ある座席のうち、おそらく300程度しか埋まっていないありさま。しかもお客さんのかなりが、舟漕いでるという・・・。バルトークの弦楽四重奏なんざ、もはや「古典」だと思うのですが、なかなかうまく受容されないのですね。自分は、バルトークはクラシック音楽ファンよりもむしろジャズやロックのファンにウケる要素があると思う(基本的にビートで構成されてるし、バルトークの音楽の発想自体がよく知られるように、民謡の収集から来ているので、西洋音楽どっぷりって人にはむしろわかりにくい面があるんだろうと思う。「黄金分割」や「フィボナッチの数列」の作曲への反映についても、彼は自然界への適応方法として利用したに過ぎないのに、ヘンに曲解されている側面があるし・・・。)

    【弦楽四重奏曲第6番 Sz114】
    バルトークがアメリカに亡命する直前の1941年に作曲された曲。第2次世界大戦開始直後という時代の空気がそうさせたのかもしれませんが、「メスト(悲しげに)」と呼ばれる耽美的で暗い旋律が各楽章の冒頭に配置されています。第一楽章では1stヴァイオリンのみ、第2楽章ではチェロ、第3楽章ではヴィオラが加わり、最後の第4楽章冒頭の「メスト」ではついに4人全員で悲しい旋律を歌うという構成です。
    そしてその悲しみのメストの中でこの曲はそのまま終結を迎えます。

    この楽章は、自分はややニガテで、掴みどころがない音楽だなーと思っていました。その印象はまだ払拭はされませんが、「メスト」の音楽の悲しさが今日、何となくわかったような気がしました。

    スポンサーサイト


    レビュー | 01:21:35| Trackback(0)| Comments(0)
    コメント
    コメントの投稿
    管理者にだけ表示を許可する

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。