■PROFILE

タテラッツィ

  • author: タテラッツィ
  • 観たもの触れたもの、マンドリン音楽活動などについて、書いていきます。

    【告知】
    マンドリンオーケストラ“未完成』第11回演奏会
    2011年2月27日(日)浜離宮朝日ホール音楽ホール
    13時30分開場、14時開演
    シューベルト「未完成」、クルト・ヴァイル「小さな三文音楽」ほか。
    入場無料です。

    リベルテマンドリンアンサンブル2枚目のCD発売中!
    マンドリンオーケストラ編曲の最高峰と、新たな世界を切り拓いた委嘱作品を収録。

    指揮:中川賢一(Ken'ichi Nakagawa)
    マンドリン独奏:望月豪(Go Mochizuki)
    演奏:リベルテ マンドリン アンサンブル
       リベルテ マンドリン オーケストラ

    ご購入・お問い合わせはduende-juergaあっとまーくezweb.ne.jpまで!
  • RSS
  • ■RECENT ENTRIES
    ■CATEGORY
    ■ARCHIVES
    ■RECENT COMMENTS
    ■RECENT TRACKBACKS
    ■LINKS
    スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。


    スポンサー広告 | --:--:--| Trackback(-)| Comments(-)
    リズムはゆらぐ
    リベルテマンドリンアンサンブルの合奏練習
    東京都調布市にて

    「くるみ割り人形」(チャイコフスキー)

    練習の最後に一度通したのですが、もしこれが本番だったとしても、まあそこそこ?っていうくらいの出来にはなってきました。

    でも逆に言うと、「名演」と言われるためには、多くのことが足りていないような気がしています。

    音は取れているし、pとかfとかクレシェンドとかスタカートとかリタルダンドとか、そういうものは、まずほとんどできている(はず)。

    でも本当に良い演奏をしよう!って思ったら、そこから先の道のりってのは、果てしなく長いですね。

    パートの音量バランスの微調整だとか、
    ほんの少しだけどズレている所の修正(指揮者ナシでやるので、聴き合うしかない)だとか、
    もうちょっとクリアに弾けると、より美しい箇所とか
    メトロノーム的な等速を崩してルバートかける(テンポを揺らす)とより魅力的になるところだとか、

    MIDI演奏じゃあるまいし、生演奏の魅力ってのは、結局のところ、そういうのをどれだけやれるかなんだと思います。

    最近読んでいる本
    「リズムは揺らぐ-自然リズムの演奏法」(白水社)



    メトロノームではなぜ「歌えない」のか――すぐれた演奏家たちの経験が伝える「ゆらぐリズム」の快楽はついに「法則」となった。自然界の最も美しい比率=黄金分割を音楽に導入し、従来の機械的なリズム教育から人間本来の「歌」を取り戻そうとする本書によって、あなたの演奏は必ず変わります。

    まだ読み終えてないので、本そのものの感想は保留しときますが、テンポのゆらぎが演奏の面白さにつながるということには激しく同意します。
    アウフタクトは少し前に出してゆっくり演奏するといい感じになるってのも同意です。そうしないと次の小節で必ずと言っていいほど、(アタマが合わずに)遅れますしね(今日も練習でそういう箇所がありました)。

    ただし、自分はメトロノームは基礎トレーニングとしては必須ではないかとは思います。
    でも、演奏会一週間前にもなって、まだメトロノームで練習するとかは、論外でしょう(これはウマイ・ヘタの問題ではなく)。

    もっとも、上記にある「黄金分割」は、演奏者があれこれ考えてどうなるもんでもないような気がします。

    「黄金分割」ってのは、人間がもっとも美しく感じる比率のことで、
    1:1.61803...
    または
    1:0.61803...
    のことをいいます。

    例えば、名刺の縦横の比率は実際にこの黄金分割の比率になっています。これを作曲にも積極的に適用したのが、バルトークでした。そして、演奏家の中にも、この黄金比率を適用して演奏しようとする人たちがいます。

    例えば、4小節で1つのフレーズになっている場合、3小節目の途中(あるいは2小節目の途中)くらいに旋律の頂点が来るように弾くと一番心地良いはずだと考え、それを実践する。
    たしかにそうなる確率は統計的に高そうな気はしますけど、でもね、そんなんケースバイケースじゃないの?って感じがワタクシはしておりますです。
    スポンサーサイト


    マンドリン合奏 | 00:41:34| Trackback(0)| Comments(0)
    コメント
    コメントの投稿
    管理者にだけ表示を許可する

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。