■PROFILE

タテラッツィ

  • author: タテラッツィ
  • 観たもの触れたもの、マンドリン音楽活動などについて、書いていきます。

    【告知】
    マンドリンオーケストラ“未完成』第11回演奏会
    2011年2月27日(日)浜離宮朝日ホール音楽ホール
    13時30分開場、14時開演
    シューベルト「未完成」、クルト・ヴァイル「小さな三文音楽」ほか。
    入場無料です。

    リベルテマンドリンアンサンブル2枚目のCD発売中!
    マンドリンオーケストラ編曲の最高峰と、新たな世界を切り拓いた委嘱作品を収録。

    指揮:中川賢一(Ken'ichi Nakagawa)
    マンドリン独奏:望月豪(Go Mochizuki)
    演奏:リベルテ マンドリン アンサンブル
       リベルテ マンドリン オーケストラ

    ご購入・お問い合わせはduende-juergaあっとまーくezweb.ne.jpまで!
  • RSS
  • ■RECENT ENTRIES
    ■CATEGORY
    ■ARCHIVES
    ■RECENT COMMENTS
    ■RECENT TRACKBACKS
    ■LINKS
    スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。


    スポンサー広告 | --:--:--| Trackback(-)| Comments(-)
    霧のマリンスタジアム
    おかげさまで、こんなしがないブログではありますが、アクセスカウンターがあと少しで30000になります。

    というわけで、もしカウンター30000ゲットされた方いらっしゃいましたら、(できればで結構ですが、証拠となる画像を写メールしていただいて)***tatecchoあっとまーくyahoo.co.jp(例によって最初3つの*は迷惑メール対策なので外してください)までメールください!

    お礼に下記のCDをプレゼントいたします!

    モーツァルト/ブラームスのクラリネット五重奏曲のCD

    ウラッハという往年の名奏者がクラリネット吹いてます。
    ウィーンコンツェルトハウスの四重奏団の演奏で、長らくこの両曲における「決定盤」とされてきた由緒正しい演奏です。
    間違って2点保有してしまったため、お譲りします。
    賭け値なしに素晴らしい演奏、そしてもちろん曲もモーツァルト・ブラームスの室内楽の中でも最高水準!

    ------------------------------------------------------------
    日本シリーズ第一戦を千葉マリンスタジアムで観てきました!!
    (ちなみに千葉の人は、このスタジアムのことを「千葉マリン」とは呼ばず、「マリンスタジアム」と呼ぶ)

    と言っても、皆様ご存知の通りの結果で・・・。

    1-10(7回コールド)

    記録だけ見ると、弱小高校が甲子園常連校とやった時の高校野球地方予選みたいな感じ(爆)で、ここまでヒドイと逆にすがすがしいものがありました。

    濃霧で30分くらい中断してた間も、我々阪神ファンはヤケクソ気味で元気に応援してました(笑)

    阪神ファンって、基本的に負け癖が付いてるから、負けゲームなら負けゲームなりの自虐的な楽しみ方を知ってるような所がありまして、2か月くらい前にも甲子園でヤクルトに13点差くらいで負けた試合で、最後の方は甲子園が一体となって「東京音頭」歌ってました(笑)。
    まーこれには公然たるウラ話があって、阪神ファンが甲子園や神宮球場で歌ってる東京音頭は、「巨人を揶揄する替え歌」なんですけどね!(笑)。

    まーしかし、あんな濃霧でコールドなんて試合、あり得ないっす。チケット代、高かったのに、なんだかもったいない・・・。

    と言っても、実はワタクシ、千葉マリンスタジアムのある幕張からわずか7~8キロしか離れていない所に住んでいるもので(徒歩で帰宅することも一応可能)、千葉はしょっちゅう霧に見舞われるっていう気候条件はもちろん知っておりました。

    きっと、ロッテは三国志の諸葛孔明バリに、気候条件を優位に生かしたバッティングをして、タイガースを打ち負かしたのでしょう・・・。と論理的でない負け惜しみを。

    ホンキの負け惜しみで言うと、井川はロッテには向かない!ってのが1つ。
    井川はセリーグでは中日をニガテとしてるんですが、中日で言う荒木と井端、今日のロッテで言えば西岡と今江、ああいうタイプにかき回されるのがダメなんです。

    逆に松中だろうがカブレラだろうがラミレスだろうが、そういうタイプは、ドンと来い!みたいな所があるピッチャー。

    っていうか、つまりフィールディングを始めとする守備がヘタクソっていうことに尽きるわけですが・・・。
    今日の試合を決めたのは、西岡のプッシュバントでしたね。

    橋本はピンポン玉みたいにポンポン打たれて、味方とは言え、観ていて腹立たしかったです・・・。
    でも、帰宅してからHDDに保存しておいたテレビ録画を観た感じだと、彼は今日は直球が走ってなかったのと、失投があっただけ(それで、十分ダメダメだけど)で、このシリーズ通して使えないほどだったかと言うと、そんなことはない気がしました。甲子園の3~5戦目のどこかで一度投げて感覚を取り戻せば、まだまだ十分戦力になるでしょう。
    スポンサーサイト


    阪神タイガース | 01:21:21| Trackback(0)| Comments(0)
    コメント
    コメントの投稿
    管理者にだけ表示を許可する

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。