FC2ブログ
■PROFILE

タテラッツィ

  • author: タテラッツィ
  • 観たもの触れたもの、マンドリン音楽活動などについて、書いていきます。

    【告知】
    マンドリンオーケストラ“未完成』第11回演奏会
    2011年2月27日(日)浜離宮朝日ホール音楽ホール
    13時30分開場、14時開演
    シューベルト「未完成」、クルト・ヴァイル「小さな三文音楽」ほか。
    入場無料です。

    リベルテマンドリンアンサンブル2枚目のCD発売中!
    マンドリンオーケストラ編曲の最高峰と、新たな世界を切り拓いた委嘱作品を収録。

    指揮:中川賢一(Ken'ichi Nakagawa)
    マンドリン独奏:望月豪(Go Mochizuki)
    演奏:リベルテ マンドリン アンサンブル
       リベルテ マンドリン オーケストラ

    ご購入・お問い合わせはduende-juergaあっとまーくezweb.ne.jpまで!
  • RSS
  • ■RECENT ENTRIES
    ■CATEGORY
    ■ARCHIVES
    ■RECENT COMMENTS
    ■RECENT TRACKBACKS
    ■LINKS
    退院しました
    退院しました。

    健康的なお話は再び「健康管理編」でお話していくことにしまして、今日は入院中読んだ本の感想でも。

    そうそう、昨日のブログ、画像の順番と文章の紹介が順番おかしかったですね。スミマセンm(_ _)m ←とかいいつつ、相変わらず間違いを訂正する気力が一向にないワタクシ・・・(「ブログは話し言葉と一緒だ!」が合言葉なので、言い間違いを言い直すくらいの頻度でしかワタクシ、文章も訂正いたしませんのであしからず~)

    【入院中に読んだ本一覧】

    1)回想のフォーレ~ピアノ曲をめぐって(マルグリット・ロン)音楽之友社
    2)ブラームスはお好き(サガン)新潮社
    3)リバーズ・エッジ(岡崎京子)宝島社
    4)「アルルの女」(ドーデー) 岩波文庫
    5)雑誌Number最新号(日本シリーズ特集)

    ※いま、読みかけなのは、

    「プロ・プレイヤーの演奏技法」フィリップ・ファーカス著(全音楽譜出版社)

    アメリカ3大オケで首席ホルン奏者を勤めた筆者の体験に基づく実践的な演奏論



    ----------------------------------------------------------------

    1)回想のフォーレ~ピアノ曲をめぐって(マルグリット・ロン)音楽之友社



    想い出から作品分析まで-。フォーレへの深い敬愛がにじみ出た、マルグリット・ロンの文章は、フォーレの音楽の魅力を生き生きと伝える。マルグリット・ロンのフォーレ回想録。

    筆者のマルグリット・ロンは、フォーレ・ドビュッシー・ラヴェルらと直接交流したピアニストで、曲の解釈も作曲者直伝です。フォーレの「舟歌」の一部やラヴェルの「クープランの墓」などを初演した人でもあります。もっとも彼女は途中でフォーレとは理解不能な理由で仲たがいしており、そのあたりの複雑な心境も覗かせるとても興味深い告白の書となっています。

    自分は今年12月と来年2月にフォーレの「組曲ドリー」を演奏することになっています。
    正直な所、作曲家の伝記とか読むのはそんなに好きじゃないんですが、フォーレについてはかなり惹かれる所もあったので、とりあえず図書館から借りてきた次第です。

    フォーレという作曲家の作風は、一応、時代別に初期・中期・後期と分類することができるようです。

    たしかに晩年の作品群の透明感・緊張感の高さは、ベートーヴェンやブルックナー、マーラーらのそれに匹敵するほどのものを感じます。フォーレも晩年、難聴に冒されたという事実もまたベートーヴェンの晩年に通じるものを感じさせます。難聴に冒された作曲家の作品というのは、使用音域や転調の多彩さなどに陰りが出る反面、音楽を内面的に捉えていく傾向が出てくるように思います。
    フォーレの「ピアノトリオ」やベートーヴェンの晩年のピアノソナタ・弦楽四重奏はまさにこうした作品群ですね。

    とは言え、彼女はフォーレの音楽には一貫してある特徴があるといいます。

    1つは、様式(スタイル)の統一性:「音楽語法が完璧に統一が取れているということ」としています
    2つめは、リズムの統一性:「作品に固有の生命の鼓動のようなもの」と評しています
    3つめは、調性の統一性:フォーレがこのうえなく繊細なニュアンスを発見した転調の多様性によって実現されている」としています

    それらが帰結する地点、それは「本物の古典主義」なのだそうです。

    たしかに自分はフォーレの中で唯一、音楽用語でない言葉を曲名にしている「ドリー」のような標題性のある音楽を聴いていてもなお、フォーレの中に「古典」を感じます。決してロマンに走ることのない人です。

    また他にも多くの啓示をこの本からもらいました。

    例えば一部を引用しますと、

    「フォーレの作品解釈は、ドビュッシーの場合とは違います。というのは、ドビュッシーにとって各音符は1つの「音」であり、それによって驚きのパレットは可能なかぎり変化に富んだものになるのですが、フォーレの場合は、大切なのはフレーズなのです。ドビュッシーにとっては一連の響きの感触が、フォーレにとっては音色の変化を伴った構想そのものが、大切なのです。」

    これはほんの一例ですが、フォーレの音楽の本質を表している言葉だと思いました。「ドリー」の冒頭曲を演奏する時に、1音1音のミクロな世界ばかり考えていたら、音楽になりませんもんね。あれは、基本的に4小節単位(8小節で3・3・2でカウントすべき所もある)のフレーズで捉えるべき音楽なのは、誰の目にも自明なことです。これはもちろん「1音1音のことは考えず、いい加減に弾く」という意味ではありませんが。

    ----------------------------------------------------------------

    2)ブラームスはお好き(サガン)新潮社



    この本を読み終えてわかったこと、それは・・・

    ブラームスとはほとんど関係のない小説だということ!(笑)

    むしろ正しくは、「ブラームスが好きであろうがなかろうが、んなこたぁ恋愛には関係ないんですよ~」っていう小説です。いえいえ、本当に。ウソじゃありません。

    しかしこの小説は男女の三角関係の超基本形に従った古典的名著とでもいうべきもので、最初のうちは正直、

    「あー、ヤバイもん取ってしまった。。。こんな耽美的な恋愛小説、病院なんかで読みたくないよーーー」

    って思ったんですが、でも話としては、かなり面白い。

    ま、「古典的名著」とされているものって、結局、なんとなく「難しそう」とか「ベタっぽい」とか思って避けちゃうけど、実際はここ10年間に書かれたどんな小説よりも面白かったりするんですよね。時代のフルイにかけられても残っているだけのことはありますねー。

    しかし気になるのは、このフランス人作家のお気楽なブルジョア中心主義。
    21世紀になってこれだけ「郊外」が荒れているのを見て、彼は何と思うか。しかし、サガンの時代にも既に移民1世はパリ郊外にいたはずなのです。

    自分はフランス文化って大好きではあるのですが、このへんの現実感覚の疎さはどうしても気になります。

    映画にしても、トリュフォー・ゴダール・カラックスの作品における移民の影の薄さ、「トリコロール3部作」とかもそうですね(作品としては大大大好きですが)。「アメリ」に至ってようやく移民が登場しますが、あの映画こそ「古き良きフランス文化に執着している映画」という側面も否めないですしね・・・。実際のパリはあんなにキレイじゃありませんから。

    ------------------------------------------------------------

    3)リバーズ・エッジ(岡崎京子)宝島社



    傑作ぞろいと言われる岡崎京子作品のなかでも、誰もが「代表作」と言い切る作品。90年代はじめの「都会」に生きる高校生たちの姿を描く。
    河口にほど近く、広く、ゆっくりと澱む河。セイタカアワダチソウが茂るその河原で、いじめられっこの山田は、腐りゆく死体を発見する。「自分が生きてるのか死んでるのかいつもわからないでいるけど/この死体をみると勇気が出るんだ」。過食しては吐く行為を繰り返すモデルのこずえもまた、この死体を愛していた。ふたりは、いつも率直で、「かわいい」ハルナにだけは心を許している。山田を執拗にいじめ抜くハルナの恋人、一方通行の好意を山田に寄せる少女、父親のわからない子どもを妊娠するハルナの友人。それぞれに重い状況を抱えた高校生たちがからみ合いながら物語は進行する。そして、新たな死体が、ひとつ生まれる。


    自分は何故だかわからないけど、岡崎京子という人を、「女性ご用達の作家」という色眼鏡で捉えていました。いや、実際そういうもてはやされ方をされていた向きもあったんでしょう。そしてそれにまんまと従い、自分は30代になるまで読む機会を逸してきたということです。

    1990年代の日本は今から見てもずいぶん閉塞感あふれる世の中でした。そんな中で学生時代を過ごした我々や少し下あたりの世代(1973-82年生まれあたり?)は、当時、「大人たち」がメディアの上で若者に対してあれこれ論じていたことに対して、「なに言ってんの?このオッサン」くらいにしか思っていなかったわけで、つまりはこの「オッサン」たちも当時、岡崎京子のこの「リバーズ・エッジ」を読んでおくべきだったのだ、なんて思いました。

    それだけこの漫画には、閉塞感、終わりなき日常というものが溢れています。実際にこの漫画のような光景に出くわした人は少数だったにせよ、この先、大人になって一体だからなんなんだ?みたいに思って日常に絶望してた人っていうのはいっぱいいたんだと思います(自分も高校時代の一時期にそういう感情に支配されたことがあったかもしれない)。

    そういう点で30歳を過ぎた今、これを自分が読んでいるのは、知人から借りたからという直接の動機は抜きにしても、それなりに意味があったことかもしれません。

    実際、この岡崎京子と言う人、筆力がすごいんですよ。
    だから読んでいて飽きることもないです。
    メッセージにはいっぱい理不尽が詰まっていてもそれなりにスイスイ読めてしまうのは、作家としての純粋な力量がものすごく高いってことに尽きるのでしょうね。

    4)「アルルの女」(ドーデー)岩波文庫



    来年2月のマンドリンオケ“未完成』ではビゼー作曲「アルルの女」を通常演奏会で頻繁にやっている組曲ではなく、劇音楽の形式でお届けいたします(演出方法などは現在検討中)。

    その原作であるこの「アルルの女」はその勉強・予習・準備のために必ず読んでおく必要があったわけで、はっきり言ってちょっと遅すぎるんですが、今になって読んだ次第です。

    この本のご紹介は、amazon.jpのリンク先に秀逸なコメントがあるので、そちらを引用させていただきます(著作権違反?)

    戯曲版の『アルルの女』です。題名になっている「アルルの女」は、作中には一度も登場せず、名前すら出てきません。でも存在感は圧倒的ですらあります。
    『アルルの女』といえば、ビゼーの組曲の方がかえって有名かもしれません。戯曲の展開を知った上で聴けば、アダージェットやファランドールなど10倍は楽しめるはずです。

    プロヴァンスの美しい自然の中で繰り広げられる物語はかなり激しい内容ですが、その中で翻弄される人々の心の動きには胸を打たれます。息子を心配する母の気持ちはローヌ河よりも深遠で、村娘ヴィヴェットの純情は可憐で萌えます。老僕バルタザールとルノー婆さんの短い一幕は喩えようもなく美しく、謎めいた白痴の存在は作品全体に文学的奥行きを与えます。

    活字の戯曲として読めばあっという間です。


    というわけで、現在絶版ではありますが、図書館にはほぼありますし、こうして中古市場ではかなり出回ってますので、入手もそう困難ではありません。↑の評者が書いているように、こうした戯曲物としてはなかなか文学的奥行きのようなものも感じさせてくれる仕上がりなので、“未完成』関係者はもとより、そうでない方も、ぜひご一読していただくことをオススメします!

    5)雑誌Number最新号(日本シリーズ特集)

    これはまあいいでしょう・・・。
    阪神の日本シリーズ大敗を野球専門家がどう分析しているかを知りたかったのです。
    江夏や田淵は甘すぎ!
    とだけ申しておきましょうか・・・・
    スポンサーサイト





    読んだ本 | 22:43:39| Trackback(0)| Comments(0)
    コメント
    コメントの投稿
    管理者にだけ表示を許可する