■PROFILE

タテラッツィ

  • author: タテラッツィ
  • 観たもの触れたもの、マンドリン音楽活動などについて、書いていきます。

    【告知】
    マンドリンオーケストラ“未完成』第11回演奏会
    2011年2月27日(日)浜離宮朝日ホール音楽ホール
    13時30分開場、14時開演
    シューベルト「未完成」、クルト・ヴァイル「小さな三文音楽」ほか。
    入場無料です。

    リベルテマンドリンアンサンブル2枚目のCD発売中!
    マンドリンオーケストラ編曲の最高峰と、新たな世界を切り拓いた委嘱作品を収録。

    指揮:中川賢一(Ken'ichi Nakagawa)
    マンドリン独奏:望月豪(Go Mochizuki)
    演奏:リベルテ マンドリン アンサンブル
       リベルテ マンドリン オーケストラ

    ご購入・お問い合わせはduende-juergaあっとまーくezweb.ne.jpまで!
  • RSS
  • ■RECENT ENTRIES
    ■CATEGORY
    ■ARCHIVES
    ■RECENT COMMENTS
    ■RECENT TRACKBACKS
    ■LINKS
    スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。


    スポンサー広告 | --:--:--| Trackback(-)| Comments(-)
    チェコマニアまっしぐら
    自分はちょっとした時(何か大きなイベントがひと段落付いた時など)すぐ放浪に出たくなります。
    その結果がこれまで28か国への一人旅。

    間違いなく放浪癖の持ち主(笑)

    で、数ヶ月に1回は放浪したい~!の発作が発生するんですが、ここ数日というもの、またひどい発作に悩まされております。

    ネットサーフィンにしても読書にしても、ここ数日そんな関係のものばかりに目が・・・。
    本当は「仕事と音楽で精一杯!他に私の脳内を占めるものはナシ!!」
    とか言いたいんですが、残念ながらそれは真実ではないのです。。。

    で、

    「一番好きな国はどこ?」

    という質問をたまに人から受けることがあります(自慢気に「28か国行ったぜ~!」って吹聴しまくってるもんだから、お義理で聞いてくれているとも言う)。

    正直悩みます。

    一番好きな映画監督キェシロフスキの出身国、ポーランド

    も捨てがたいし、

    人なつこい人が多くて思い出が多い旅となったウズベキスタン

    もなかなか。

    あまりの「秘境」ぶりに驚かされたアルメニア共和国

    もインパクト強いし、

    普通に?フランスやイタリア

    だって、大好き!です。

    でも、やっぱり「一番!」って言うと、「あ・そ・こ」しかありません。

    海外に一度も行ったことがなかった時からの憧れの地

    そして

    事実上、初めて訪問した国

    チェコ共和国

    です!(って今日のブログタイトルになってるからバレバレですね)


    「チェコのいい所は何か?」

    って言われると、上手く言えないんですが、とにかく多彩な魅力があるんですよ。

    街並みも景色も食文化も政治も文化も歴史も芸術もスポーツも、何もかも興味が尽きない国です。

    そうそう、チェコは来年のドイツW杯にも出場を決めました!
    チェコサッカーは結構強いです。
    W杯こそ久々の出場ですが、実力的には「欧州の強豪の一角」として世界中のサッカーファンから十分に認知されています。

    自分は大スターのネドベドもいいんですが、FWのミラン・バロシュという選手が好きです。ミラクルなプレーをする人です。
    日本で言えば、スタイルは違うけど大黒みたいな存在か。

    さて、本当は初めて訪問した外国は、イギリス(ロンドン)なんですが、夕方に到着して翌朝飛び立ってチェコの首都プラハへ向かったっていうことで、事実上自分にとって、初海外はチェコだと思っております。

    プラハの空港に到着すると一面の雪景色。

    「ビロード革命」から10年も経ってないプラハの街並み・人々は素朴でした(その2年後に再訪した時、既に変化を感じました。今はさらに変わっちゃってるでしょうね・・・)。

    地下鉄のアナウンスの冷たくも風情のある声、めちゃくちゃ速いエスカレーター(旧共産圏はみんなそうですが)、雪のせいか街中の音が消音されて、シーンと静まり返ったプラハ旧市街、どれもこれも心に残るものでした。

    しかし、

    「初めての海外、それも一人旅なのに、ホテルも何も予約せずに40日間の欧州一周旅行」

    というむちゃくちゃを実はこの時やっておりまして、いきなり降り立ったプラハでは、まず言葉も通じない中でどうやって宿を探すかということで四苦八苦しました。

    そして、宿にたどり着くまで彷徨っていた間、この幻想的なプラハの街並みが逆に恐怖感を募らせることにもなったのです。

    まさに「素で」カフカの世界感とかがわかってしまったような、そんな気がしました。

    その後、気付けば28か国も行ってしまったわけですが、今でも一番大切な海外の思い出ですね、この時のプラハは。あの寂寥感はたまりません。

    で、そんな思い出はともかく、それ以外にチェコには、いったいどんな魅力があるのでしょう?

    例えば↓こんなキーワードが「チェコ好きキーワード」ですかね

    ピルスナービール、ヤン・シュヴァンクマイエル、イジー・トルンカ、カレル・ゼマン、「存在の耐えられない重さ」、「クラバート」、フランツ・カフカ、ネドベド、ヤナーチェク、カレル・チャペック、プラハ旧市街、プラハの春、クルテク、人形劇、アルフォンソ・ミュシャ、チェコ雑貨、シュールレアリズム、アールヌーボー、コストニツェ、チェスキー・クルムロフ、プラハ城、テルチ、アイスホッケー、ザイフェルト、ヴァーツラフ・ハヴェル

    まだまだいっぱいありそうです。

    上記のキーワードのうち、3つ以上のものが好きか、7つ以上の言葉を知っている方、「チェコ好きの素養あり」かもしれないです!
    (自分の場合は、好きなものとして20コ該当)

    ちなみに一昔前まで、チェコと言えば普通は「共産圏・東欧の小国」「ボヘミアングラス」「プラハの春」「スメタナ」「ドヴォルザーク」くらいのイメージだったかもしれません。

    でもここ5年くらいですかね、「チェコ好き」という一大勢力?が日本において発生しています。特にチェコアニメの人気はすごい!
    各地の映画館で特集上映がここ2~3年でいくつかありましたし、DVDもずいぶん増えました。

    そしてついに、「日本語で読めるはじめてのチェコ総合情報誌」を謳った「CUKR(ツックル)」なんて雑誌まで誕生したようで、先日これを購入しました。

    この雑誌の編集に関わっている(らしい?)はくめさんという方のHP「チェコ人になりたい女の子のおはなし」、かれこれ5年くらいはここのサイトを覗かせていただいているのですが(昔はチェコ行くのに際して、サイト内の「チェコネタ掲示板」で質問したりもしてました)、最近久々に覗いたら、11月23日(祝)に京都で「チェコの日」なんてイベントがあるじゃないですか。これ、行くしかない・・・かも!?
    (以下はくめさんのHPより)

    ●京都でチェコの日!
    ・開催日時 2005年11月23日(展示・シークレットイベントは23~27日)
    ・開催場所 京都府 (トレードマーク京都 京都市中京区蛸薬師新町西入る)
    トレードマーク京都では、“国際交流の日”と題し、いろんな国の文化、習慣、衣食住などを知ろう、聞こう、体験しようと、さまざまな企画をたてて、みなさんと一緒に楽しみたいと思っています。そして第2回目は、“チェコの日”。
    今回は“チェコの日”記念イベントとして、23日にはチェコファンによる対談やアニメ上映会を行うほか、珍しいチェコ製の 仕掛絵本、チェコマニアによる買い付け品や、お宝バザールも行います。
    【EXHIBITION】
    ・70'Sに実現した日本とチェコの夢のコラボ!  チェコMADEの日本語仕掛け絵本展示
    ・チェコのアニメーション上映
    【SHOPPING】
    ・新書・古書問わず盛りだくさん!チェコの絵本
    ・チェドックZAKKA STOREさんからチェコの企業ロゴ入りブッシュピン
    ・アルファベット代表、郷田さんによるチェコの暮らしを垣間見れる買い付け雑貨
    ・ツックル編集長、梶原さんによるチェコのお宝バザール
    【EVENT】
    チェコ好きのためのディープな交流会。チェコに魅せられ、チェコに関する仕事に携わる2人のお話を聞いたり、チェコファン 同士が交流できるディープなイベントです。日本未公開のチェコアニメ上映会もあり。
    【SCHEDULE】
    ・チェコ好き対談   13時~14時30分
    アルファベット代表 郷田さん×ツックル編集長 梶原さん
    チェコが大好きな2人の対談。チェコが魅力的な理由、チェコの生活、雑貨などなど,,,  これからチェコに行かれる人も必聴です!
    ・チェコアニメ上映 15時~15時30分
    “アニメーションの故郷”と言われるチェコの独創的なアニメです。
     (場所) トレードマーク京都 京都市中京区蛸薬師新町西入る
     (時間) 2005年11月23日(水・祝)
     (料金) 1500円(お茶付き)
     (定員) 先着25名 メールでのご予約制となっております。 メールアドレス→nishino@armz.org
     (お問い合わせ) 075-213-5969, http://www.trade-mark.jp


    だそうで。

    まあ自分は「チェコマニア」というより、普通に「チェコに関するものの多くが好物」という程度なんですが、それでも行けば、それなりに得られるものがありそうで、いま、どうしようかなーと検討中・・・。

    先日ブログでも書いたように「土日」は当分の間予定ギッシリだ~と思っていたんですね。そしたら、この「祝日」だけは空いてることに気付きました(バンザ~イ!!)

    家で本読んだりしてゆっくり過ごすか、
    近場でブラブラ遊ぶのにも惹かれますが、

    冒頭に書いたように「放浪したい病」に取り憑かれてきたこのごろのワタクシ、
    日帰りはちょっともったいないですが、行ってしまうかも・・・
    (「ついでに」京都の紅葉も見て来れそうですしね!)。

    新幹線で行くとすると、往復で26000円くらい+飲食代+雑費(買い物など)ですか。
    結構な出費だな、こりゃ・・・。
    それで「欲しいモン」買うのと、どっちがリーズナブルだと思います?皆様>んなこたぁ自分で決めろって・・・
    スポンサーサイト


    外国ネタ | 23:24:54| Trackback(0)| Comments(2)
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。