■PROFILE

タテラッツィ

  • author: タテラッツィ
  • 観たもの触れたもの、マンドリン音楽活動などについて、書いていきます。

    【告知】
    マンドリンオーケストラ“未完成』第11回演奏会
    2011年2月27日(日)浜離宮朝日ホール音楽ホール
    13時30分開場、14時開演
    シューベルト「未完成」、クルト・ヴァイル「小さな三文音楽」ほか。
    入場無料です。

    リベルテマンドリンアンサンブル2枚目のCD発売中!
    マンドリンオーケストラ編曲の最高峰と、新たな世界を切り拓いた委嘱作品を収録。

    指揮:中川賢一(Ken'ichi Nakagawa)
    マンドリン独奏:望月豪(Go Mochizuki)
    演奏:リベルテ マンドリン アンサンブル
       リベルテ マンドリン オーケストラ

    ご購入・お問い合わせはduende-juergaあっとまーくezweb.ne.jpまで!
  • RSS
  • ■RECENT ENTRIES
    ■CATEGORY
    ■ARCHIVES
    ■RECENT COMMENTS
    ■RECENT TRACKBACKS
    ■LINKS
    スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。


    スポンサー広告 | --:--:--| Trackback(-)| Comments(-)
    タテの線?ヨコの線?
    自分が最近よく読ませていただいているブログ「一日の終わり」様でこんな話がありました。

    ここで論じられているのは、紛れもなく我々リベルテの先日の演奏会についてなんですねえ。
    ネタに使っていただきまして、どうもありがとうございますm(_ _)m

    で、不肖ワタクシも演奏におけるタテの線ってナンだろう?てなことを少々考えてみました。

    1)まず論点の整理(これまで見聞したことのある意見を中心に。「一日の終わり」様で挙げられていたポイントも含めさせていただきました)

    ・日本人のクラシック演奏家は一般にメロディの流れよりもタテの線を重視する傾向があると言われます。
    ですので、アンサンブルの精度という点では、日本のアマチュアのトップクラスは、欧州の中途半端なプロオケよりもずっと「揃った演奏」ができるといいます(日本と欧州両方振った経験をお持ちの某プロ指揮者の方がおっしゃっていた)。

    ・マンドリンあるいはギターにおいては、撥弦楽器という性格上、ヴァイオリン族よりはタテの線を意識せざるを得ないことは否めない。ただし、マンドリンは案外ドビュッシー・フォーレなどの「ヨコノリ」の曲と相性が良く、一概に言い切れない面もあるのではないか?

    ・ブラームスにおいては、「タテの線にこだわるより、フレーズや曲の流れがどこに向かっているかをより重視して、それが表現できるなら、タテの線が多少そろっていなくてもいい、ドイツのしかもブラームスの演奏は、そういう面が強い」のだそう(「一日の終わり」様ブログより)

    ・「タテの線を合わせるのがまずは基本、プラスアルファでヨコの旋律線の意識をしていくべき」
    という考え方の人と、
    「タテの線は少々ズレたとしても、曲目・場面によってはヨコの旋律線への意識をより重視した方がいいケースも多い」
    という考え方の人がいるようです(これはプロにおいてもアマにおいても)

    ・音楽を対位法的角度から捉えるか、和声法的角度から捉えるかの違いから発生しているのではないか?
    (どちらも音楽には必要不可欠の要素なので、0:100、100:0なんてのはあり得ないけれども)

    2)ワタクシの意見

    ・演奏において「タテの線が合っているかどうか」ってのは、
    小説で言えば「誤植がなく、文法的に適切に書かれているかどうか」
    ということとほぼ同義ではないかと思います。
    (とすれば、入退場・ホール受付などのマナーが良いかどうかは、本に落丁・汚れがないかどうかに例えられるでしょうね)

    で、貴方は小説を読んだ時に、優れた文章だったからと言って、それだけでその小説に感動しますか?

    それで感動できる人というのは、ある種「金田一先生」タイプの御仁であり、圧倒的多数の人にとってはやはり、「小説の筋書きが面白いか・感動できるか」そんな所が一番大事なはずです。
    まあもっともいわゆる「美文家」と言われる作家の文章なんかは、読んでいるだけでウットリしてしまうようなことはあるかもわかりませんが、それはあくまで本来は蛇足的なものでしょう。

    では確かに「作曲」という行為は作家による小説に例えられるかもしれませんが、果たして「演奏」はどうなのか?

    これは「演奏」という行為をどう捉えるかにかかってくると思います。

    つまり、

    その1
    「演奏家は作曲家(あるいは編曲家)のシモベ。勝手なことは許されないし、作曲家が想定した音楽をそのまま忠実に奏でることだけがタスクである」


    という考え方。

    この考えに立つと、「演奏」という行為そのものは「小説」におけるせいぜい「校閲」とか「タイプライター」とかの役割でしかなくなるかもしれません。

    とするならば、たしかに演奏という行為において「タテの線」がズレるというのは、致命的かもしれません(ここでは上で挙げたブラームスの特質とか撥弦楽器の特質だとかの他の条件をとりあえず排除して考察しています)。

    しかし、

    その2
    「演奏という行為はそれ自体が作曲(編曲)とは独立した創作活動である。作曲家の書いた譜面を尊重しつつ、奏者の個性を豊かに発露させていくべき。演奏において、演奏家の人生を語るのだ」


    という考え方もあります。

    こちらに立ちますと、「タテの線」を合わせるなんていうのは、せいぜい「作家にとっての誤字脱字の有無」程度の意味合いでしかなくなり、どうでもいいとまでは言いませんが、少なくとも最重要ポイントではなくなります。

    「面白い小説を読ませる」ための表現力や楽曲理解力、こっちの方が遥かに重要になるわけです。

    もっとも、この1)と2)を完全に割り切っている演奏家なんてのは、まずこの世に1人たりともいません。
    1)寄りの考えの人、2)寄りの考えの人がいるだけで、特にプロのハイレベルな方たちになればなるほど、1)と2)のバランスのサジ加減を考慮できるようになるのでしょう。

    例えば、たしかにブラームスにおいては、タテの線よりも旋律を頂点に持っていくためのヨコの流れの方がより重要というケースは多いかもしれません(「ピアノ四重奏曲第一番」では第2楽章、第3楽章なんてのは、恐らくそういう傾向の音楽でしょうかね)。

    しかし、その同じ「ピアノ四重奏曲第一番」でも例えば、第2楽章のトリオの部分、第4楽章、第1楽章の展開部などは、タテの線がグチャグチャでは聴けたものではないでしょう。

    恐らく、「一日の終わりに」様のお知り合いで、「タテの線が揃ってなくてダメだった」と仰っていた方は、こうしたタテの線が合わないとマズイ箇所でのズレが許せなかったのではないかと推察します。ていうか、演奏の録音聴いたんですが、これらの部分で実際ズレてますがな、ハッハッハ(^^;)

    整理しますと、

    ・必要なのは、「何よりもタテの線ありき」ではなく、「使用楽器・演奏曲目・楽章・場面・自分のパート・指揮者の解釈・和声と旋律線の兼ね合い等々」を総合的に判断する判断力であろうこと

    ・ただし、「タテの線が合わなければ話にならない」場面と判断したならば、その箇所については死に物狂いで合わせに行かなければならない。それができなければ、それこそが致命傷になりうる

    だいたいこんなんが、取り急ぎ、ワタクシめの拙い結論です。

    で、余談ですが、

    ヘルマン・シェルヘンという指揮者がかつていました。
    シェーンベルクなんかとも面識があったという往年の大指揮者なんですが、この人が振ったベートーヴェンの交響曲、タテの線がズレまくりでして、半拍どころか1拍は優にズレてる箇所が散見されるあり様なんです。
    ブラームスはまだしも、ベートーヴェンの交響曲、それも第8番あたりは、タテの線が非常に重要だと思うのですが、その8番が一番ヒドイ!(笑)ほとんど空中分解している箇所もある・・・。
    でも、それにも関わらずこの人のベートーヴェン演奏は、もはや伝説というくらい崇め奉られています(そのライブ録音も現代においてもなお、マニアには大人気←いわゆる「ネタCD」扱いという向きもなくはないが、ちゃんと尊敬もされている模様)。

    かの有名なフルトヴァングラーの「運命」の1楽章冒頭「ジャジャジャジャーン」
    これなんか数種類のライブ録音を聴きましたが、頭っからちゃんと入れてなくてズレてるものが複数ありました。
    フルヴェン先生のベートーヴェンは好みの程はともかく、今でもなお尊敬を集めているのは確かでしょう。

    そんな往年の古きよき時代の人だけでなく、現代でもヘレヴェッヘなんて人の演奏は、どう聴いてもタテの線への配慮は少なく、旋律の流れ方しか考えてなさそうな振り方をしている。もちろんプロオケなので、我々アマチュアの次元とは全然違うのですが、ベクトルと言う点で違いはないわけで、参考にはなります。

    で、そういうことを考えると、やっぱり「タテの線って一体ナンだろう??」って考えてしまいます。

    あーあと、1つ肝に銘じるべきなのは、タテの線が合わなくても問題にならない場合があるということを、

    「弾けてないことの言い訳に使う」

    のは、やめませんとね・・・。
    あくまで「主体的に」「捨てる」のです、タテの線を。



    スポンサーサイト


    マンドリン合奏 | 01:40:19| Trackback(1)| Comments(2)
    コメント
    縦の線?
    東京ZupfのPLumと申します。
    縦の線・・・意識したことないですね。。
    メンバーに共通した音楽(音)のイメージがあれば自然に揃いますよ!
    又、ベストな状態でずらす事もできます。
    それから、音楽に限らず作品というのは出来上がった時点で作者の元を離れ、一人歩きするものです。その後様々な時代の感性に合った表現がされ・・・それが可能なポテンシャルを持った作品のみが生き残っていくのではないでしょうか?
    2005-11-25 金 08:36:39 | URL | PLum [編集]
    Plum様
    始めまして(でしたでしょうか?)

    なるほど、たしかに奏者の呼吸や感じ方が合っていれば、自然と揃うイメージはありますね、自分にも。
    私的には東京Zupfの方のコメントということだけでも、それが実証されているなあと感じますので、説得力十分です(^^)
    2005-11-26 土 00:25:04 | URL | タテラッツィ [編集]
    コメントの投稿
    管理者にだけ表示を許可する

    タテの線をあわせて!
    合奏で指揮者が発する言葉として1番多いのは「タテの線をあわせて」かもしれないなぁと最近よく思います。タテの線をあわせるというのは、各パートが拍をあわせることですが、ことさら良く合奏で注意されるポイントのようです。今日は一日一善さんの「タテの線?ヨコの線? 2005-11-26 Sat 12:24:41 | ブログ - mandolinさんのブログ - 福岡教育大学ギター・マンドリンクラブOB会
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。