■PROFILE

タテラッツィ

  • author: タテラッツィ
  • 観たもの触れたもの、マンドリン音楽活動などについて、書いていきます。

    【告知】
    マンドリンオーケストラ“未完成』第11回演奏会
    2011年2月27日(日)浜離宮朝日ホール音楽ホール
    13時30分開場、14時開演
    シューベルト「未完成」、クルト・ヴァイル「小さな三文音楽」ほか。
    入場無料です。

    リベルテマンドリンアンサンブル2枚目のCD発売中!
    マンドリンオーケストラ編曲の最高峰と、新たな世界を切り拓いた委嘱作品を収録。

    指揮:中川賢一(Ken'ichi Nakagawa)
    マンドリン独奏:望月豪(Go Mochizuki)
    演奏:リベルテ マンドリン アンサンブル
       リベルテ マンドリン オーケストラ

    ご購入・お問い合わせはduende-juergaあっとまーくezweb.ne.jpまで!
  • RSS
  • ■RECENT ENTRIES
    ■CATEGORY
    ■ARCHIVES
    ■RECENT COMMENTS
    ■RECENT TRACKBACKS
    ■LINKS
    スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。


    スポンサー広告 | --:--:--| Trackback(-)| Comments(-)
    les Cinq11/26練習記録
    最初に宣言

    今日のブログは5分で書き終えて、あとは寝るまで練習する!

    さて、今日はツイてない上に、自分自身もなんだか抜けまくっており(それはいつも?)困った一日でした。

    ・まず、練習行くか!と思って出発したら途中で楽器を家に忘れたのに気付いて家に取りに帰った(そういえば自分、中学生の頃、上履きで帰宅しちゃったりよくやってました・・・)

    ・首都高がかつてないほどの大渋滞で片道2時間半もかかってしまい、練習に大遅刻(今日は本番と同じ小石川教会で3時間限定で練習できる!という超貴重な日だったにも関わらず!)

    ・練習は大遅刻だった上に内容もボロボロ。詳しくは書きませんが、「尻に火が付いた」とだけ申しておきましょう。

    ・ここん所、体調は割と良好でしたが、今日はなんだかダメ。肉体的にも精神的にも。何人かの人に向けてマンドリン関連を始めとして数通のメールを発信する必要があるのですが、こういう日はあまり気の利いたメールも打てなそう、というか、ヘンなテンションの?メールを送りそうなので、やめときます。。。

    ・帰り道、高速道路上でガソリンのメーターに警告が・・・。なくならないか心配で燃費に優しい60-80キロ運転(ってあんた、首都高速・京葉道路の制限速度は・・・?60キロ^^;普段は?・・・ナイショっ!)

    ・今日は明らかに練習し足りないので、帰宅したらすぐに練習だ!って思ったら、クルマの中に楽器忘れた(←アホすぎ。駐車場までは片道5~6分歩く。明日も練習だし正直取りに行くのメンドイ・・・。でもここは気合一発行くっきゃないかぁ。。。)

    ---------------------------------------------------------------

    てな具合で、いいことは何もない一日でしたが、今日これから楽器を取りに行き、練習します。

    それでなきゃ、ブログのタイトル「一日一善」が泣くってもんですわ。

    んでもって、これから12月17日のles Cinq演奏会までの間、一日30分以上は絶対に個人練習することにしますです。

    ワタクシ、「無言実行」はニガテです。

    だってサイアクの時は「無言不実行」(闇に葬っちまえ~!)が可能ですしね。
    心の弱い私めには、向いてないんすよ。

    なので、あくまで「有言実行」で。

    1日100人以上の方にご覧いただいてる(そのうち3~4割くらいは恐らく知り合いですし・・・)ここで「有限不実行」は相当カッコ悪いから、これはプレッシャーかかっていいです。

    les Cinqは楽団そのものがワタクシの言い出しっぺでできたものですから、自分の出演する演奏会に優先順位なんて付けられるものではないにしろ、今年出演してきたあらゆる演奏会の中で、個人的に一番プレッシャーがかかっているのは事実です。

    でも、本当の本当に一番気になるのは、実は、

    「人の評価」

    ではなく、

    「自分自身が納得できるか」

    です。

    これまでに自分は、主観的に

    「思い出に残った演奏会」

    とか

    「今回はまずまずうまくいったぜ、シメシメ」

    とかなら、まあなくはないですけど、

    自分を客観視して、

    「このタテラッツィという奏者、オレが客なら評価できるな」

    って思ったことなど、これまでたったの一度もないもので。
    (だからごくごく稀ですが人から褒められたりすると、正直狼狽します・・・何!?アンタの耳、節穴じゃないの?って)

    そんな風に思ってるクセして演奏会に人を呼ぶのは不遜だとか、いろいろ言われてしまいそうですが、まあアマチュアなんて多くはそんなもんすよ、ハッハッハ!
    (と、こういう所はあまり精緻に考え過ぎないのが、ワタクシの世間の渡り方)

    でも、いつかは自分自身を「オレが客でもこいつは評価する」、そういう風に思えるようになりたいものでして、というかそれこそが自分の楽器弾きとしての最大の目標です。

    もしそれが達成できたなら、たとえ100人・1000人の人から酷評されようとも、

    「ふん、お前らの耳は節穴なのだよ、フォッフォッフォッ」

    と、余裕かましてられるようになることでしょう。なんて。

    まあ、今回のles Cinqまでまだ1か月弱ありますから、今回初めてそれが達成される可能性がまだまだあります!

    ていうことなので、ぜひ皆様、les Cinq、聴きにお越しくださいませm(_ _)m

    と、何とかかんとか文章をまとめてるうちに5分ではとても書けなかった・・・。
    (フォーレ「ドリー」丸ごとの演奏時間分かかったってことは17分くらい?かかりすぎ!)



    スポンサーサイト


    マンドリン合奏 | 00:04:03| Trackback(0)| Comments(0)
    コメント
    コメントの投稿
    管理者にだけ表示を許可する

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。